fc2ブログ

アカマシコのペア

昨日の雨で新しい鳥たちがやって来ているかもと
南を目指した。
いつも豆酘埼からスタートするのだが、今朝は久和~内院~浅藻、そして豆酘埼の
コースをとった。
久和も内院も鳥影がなかった。
浅藻に向かっている時に豆酘の駐在所横の田圃にマミジロツメナガセキレイ、
シベリアツメナガセキレイ、タイワンハクセキレイの情報が入る。
スタンバイしている方から豆酘埼にムギマキ情報をゲットした。

豆酘埼ではムシクイ類が飛び交っていたが、ムギマキはキビタキに
追われて姿が見えなくなったと聞いた。

豆酘埼から浅藻~内院へ。
内院で4人の方がスタンバイしていた。
尋ねるとアカマシコがチラッ!と出たという。。。。
仲間に入れてもらった。

今日は時系列を無視して、初見・初撮りのアカマシコから

アカマシコ
1P1064987.jpg


2P1064999.jpg


3P1065004.jpg


4P1075011.jpg


5P1075007.jpg

暫くこの草に止まっていたので同じような画像ばかりになった。


飛んだあとを追うと枯れた草に止まっていた。
6P1075047.jpg

拡大してみると、なんと雌のアカマシコもいた!


豆酘の駐在所横の田圃には今季初のマミジロツメナガセキレイ
7P1064055.jpg


シベリアツメナガセキレイ
8P1064432.jpg


豆酘埼では今季初のエゾビタキ
9P1064304.jpg


この子がムギマキを追い払ったラシイ?
10P1064326.jpg


コルリのメス?
11P1064827.jpg


アカマシコの出番を待っている時にシベリアアオジ
12P1075074.jpg


豆酘埼ではムギマキとマミジロキビタキを同じ所で撮影された方もいた。
ムシクイ類が飛び交う木の下にマミジロもいた。

雨や大風が吹いた翌日は鳥影が多いというが、今日は本当にそう思った。


ボクはアカマシコを撮影した後、しばらくして撤収したが
自宅に着いて暫くすると鳥友から電話があった。
アカマシコはまたしてもペアで姿を見せて、残っていた11人全員が撮影したという。

めでたしめでたし!


明日も朝から内院を目指したいが、病院に行かなければならない。
来年は5月の予約をしないようにせねば^^;


スポンサーサイト



探鳥会終了

今日は対馬野鳥の会の春の探鳥会が開催された。
午前中は内院地区で、昼食と午後の探鳥は豆酘埼。
ここ数日は好天気が続き鳥の出が悪い。

今朝は早めに家を出て豆酘埼へ行く途中でHさんに会った。
豆酘埼は予想通り閑古鳥状態とのことだった。

浅藻~内院と移動しても閑古鳥、カワラヒワを観ただけだった。

そして集合時間の9時、事務局の説明、会長あいさつの後
恒例の参加者の自己紹介
東京から、埼玉から、大阪から、神戸から、岡山から、姫路から、福岡から・・・
地元参加者をいれて40名の方々が参加した。

探鳥風景
1 1000001980

2 1000001981

3 1000001982


ボクら対馬の鳥観は、車内からするのが普通だが探鳥会の時は皆さん、
歩きながらの探鳥スタイルとなる。

相変わらず鳥影はなかったが、ある場所で人が集まっていた。
ムジセッカが鳴いているとのことだった。
カメラに収めた方は一人だけ、手強い相手だった。


豆酘埼に移動して鳥弁タイム。
4 P1005588


男たちは早々と済ませ、カメラ談義!
5 P1005590

6 P1005592

7 P1005594


話は尽きない


鳥合わせの時に席を外していたので、鳥名は分からないが
38種を確認したという。
目玉になる野鳥もいなかった。

参加者が40名だから、わずかに及ばなかった。

日付が変わった夜中ごろから雨の予報が出ている。
明後日以降に期待したい・・・


野鳥の写真、ボクは一枚もない^^;






豆酘埼は寂しかったが・・・

午後2時から所用があるので、今日の鳥観は午前中だけ。
昨日の豆酘埼はムシクイ類が入っていたというので
豆酘埼を目指した。
途中の内山と瀬の田圃周りには鳥たちの姿はなかった。
ただ瀬の田圃にはセキレイ類がいたが、確認する前に飛ばれてしまった。

そして・・・豆酘埼に至る道にも鳥たちの気配がない。

豆酘埼も静かだった。

レンズを向けたのは渡って来たばかり(と思われる)ノビタキと
1P1063199.jpg


対州(対馬)名物のトンビ
2-1P1063209.jpg


豆酘埼を諦めて豆酘の集落へ。

先着のFさんの車が水路脇に停まっていた。

道路わきの空き地に車を停め、ドアを開けると
今季2度目のツバメチドリがいた
2-2P1063610.jpg


2-3P1063589.jpg


2-4P1063616.jpg


Fさんは水路側からツバメチドリを狙っていたのだ。
車に気をとられツバメチドリには全く気が付かなかった^^;
ボクとツバチまでの距離は6~7mくらい、ノートリ、リサイズのみ。


贅沢なハナシだが、同じような画像がつづくので
水路を覗くとタイワンハクセキレイ
3P1063371.jpg


今季はタイワンハクセキレイが多いような気がする。


昨日、トッキーさん情報のツメナガセキレイがいた。
4P1063390.jpg


5P1063446.jpg


6P1063453.jpg


大きくしてみると、うっすらと白い眉班があるので
シベリアツメナガセキレイと思う。
7P1063392.jpg


同じ水路にはシベリアアオジもいた
8P1063526.jpg


浅藻の八丁郭ではカワセミ
12P1063628.jpg


内院のアカガシラサギはFさん情報、こちらも近かった!
13P1063670.jpg


14P1063694.jpg


キマユホオジロは数が増えてよく見かける
15P1063730.jpg


コホオアカが車のすぐ下の田圃に姿を見せた
16P1063737.jpg


17P1063741.jpg

ノートリ、リサイズのみ。近すぎて味がない。


この後、久和に行くと先着のFさんからシロハラホオジロ情報。
採餌しているのが見えたが、姿が半分草に隠れていた。
シロハラホオジロ次の機会にまわして、11時50分に鳥観終了




今季2度目のオウチュウ

朝一の予約で整形外科へ左膝のメンテナンス、もう丸2年になる。
半月板損傷の手術を3回ほどしているが、今回は手術をしないで
ヒアルロン酸を月一回、左膝に注射してもらっている。

病院から戻り、まず洲藻から探鳥開始したが鳥影無し。
オオバンは2羽になっていた。
2P1062729.jpg


加志も寂しかった。
確認したのはノジコ、コホオアカ、シベリアアオジ、ホオジロとカワラヒワ。


ノジコ
3P1062787.jpg


4P1062826.jpg


カワラヒワとコホオアカ
5P1062828.jpg


6P1062835.jpg


今里~阿連を経由して小茂田へ行った。


漁協近くの空き地には情報があったツメナガセキレイが1羽
7P1062920.jpg


8P1062935.jpg


タイワンハクセキレイは画像無し


椎根も鳥影はない


豆酘方面を諦めて再度小茂田へ戻ったのが正解だった。
先日ラインがあった場所にオウチュウの姿があった。
今季二度目のオウチュウは、フライイングキャッチを繰り返しながら
止まり木を移動していた。
9P1062945.jpg


10P1063031.jpg


11-1P1063056.jpg


11-2P1063060.jpg


12P1063110.jpg


洲藻川のシロフジが咲いていた
13P1062741.jpg


週末から来週にかけて天気は下り坂のようだ。
日曜日の探鳥会が無事に開催できれば良いが・・・

ほぼ下島一周

昨日、小茂田浜神社とその周辺でツリスガラやツメナガセキレイたちに
相手になってもらい帰宅した後でラインがあった。
アカガシラサギ、ヤツガシラそしてオウチュウ・・・
ヤツガシラとオウチュウは今季すでに観ていたが
アカガシラサギはまだ観ていない。

朝一でアカガシラサギがいた田圃を目指した。
田圃の端の方にいた今季初のアカガシラサギ
1P1062120.jpg


よほど目覚めが悪かったのか、すぐに飛んで田圃の奥に降りた。
2P1062171.jpg


オウチュウとヤツガシラは既に抜けていたが
キマユホオジロは情報どおりの境内に3羽いた。
3P1062208.jpg


4P1062233.jpg


距離は8mくらい、一時固まって動かなかった。



一年ぶりに西海岸を走り豆酘埼へ。
美女塚周辺にあれほどいたツグミ類を見ることなく豆酘埼へ到着した。
(時間が遅かったかもしれないが・・・)

豆酘埼はまったくの閑古鳥だった。

オガワコマドリポイントの浅藻のいちご畑は農作業中・・・

八丁郭で鳥弁の準備をしていたら、らっこさんからツバメチドリ情報があった。
5P1062283.jpg


6P1062298.jpg

情報通り2羽いたが、もう一羽は草の中から出てこない


再度、オガワコマドリのポイントへ行ったが確認できなかった。


内院ではノジコ、コホオアカ、アオジに相手をしてもらい今日の鳥観は終了。


ノジコ
7P1062530.jpg


8P1062714.jpg


コホオアカ
9P1062500.jpg


10P1062650.jpg


アオジ
11P1062636.jpg


小茂田浜神社 宗助國公銅像とヒトツバタゴの花
12P1062260.jpg


小茂田沖を通過する大きなコンテナ船
13P1062264.jpg


今日は厳原町をほぼ一周した。


今季初見の鳥はアカガシラサギ、ツバメチドリ、ノジコ、コホオアカ、アオジの5種





探鳥会のお知らせ

対馬野鳥の会探鳥会のお知らせ

日時:4月28日(日) 09:00~
集合場所:対馬市厳原町内院 内院分校跡地
探鳥会場:内院~豆酘埼

申し込み不要、途中までの参加、途中からの参加OK
弁当・飲み物持参
午前中内院地区を探鳥、豆酘埼に移動し昼食、探鳥後に
鳥合わせをして解散


16~18日まで3日間、南に通い少々疲れが出て鳥観を
休んでいた。
やはりまだ体力が回復していないのをつくづく感じた。

今日は天候がイマイチだったが、午後からは雨も上がりそうだったので
鳥観に出かけようと早めの昼ご飯を済ませた。

朝から野鳥情報が入ってきたが、南が多い。
その時、正ちゃんからのラインは小茂田浜神社・・・
20分で行ける。

ツリスガラ、アオアシシギ、タカブシギ、タイワンハクセキレイに
ツメナガセキレイ。
ツリスガラは2021年4月27日加志で観たのが最後だ。
今回は20羽くらいの群れだった。

1P1061612.jpg

2P1061614.jpg

3P1061620.jpg

4P1061626.jpg

5P1061480.jpg

6P1061540.jpg

7P1061850.jpg


今季初のツメナガセキレイは1羽だった
8P1061923.jpg

9P1062072.jpg


タイワンハクセキレイは6~7羽の群れ
10P1061795.jpg


今季初のタカブシギは2羽いた
11P1061783.jpg


今季初のアオアシシギも2羽
12P1061716.jpg


コチドリが1羽、畦でマッタリ
13P1061919.jpg


正ちゃん情報に「おんぶにだっこ」で帰宅した途端、
今までいた神社にヤツガシラ、すぐ近くにオウチュウ
そして今季初のアカガシラサギと・・・ラインが入る。

南方面は豆酘埼にオオミズナギドリが数万の群れ!
他にツリスガラ、コイカル、コムクドリ、シロハラホオジロ、シマノジコ雌
シロハラクイナ、サシバ、そして滞在中のオガワコマドリ・・・

体調を整えておかねば^^;


林道を走るとあちこちでキエビネが満開
14P1061355.jpg

今日もオガワコマドリ

昨日は8年ぶりにオガワコマドリとの出会いだった。
ボクが鳥観を出来るうちにもう会うこともないかも?
ということで、3日続けて南通いとなった。

いちご畑の中を双眼鏡で覗き込むが、姿が見えない。
隣の田圃周りはキマユホオジロ、シベリアアオジ、コホオアカ、アトリの群れが
採餌中だったので彼らに相手をしてもらった。

30分ほど経って、いちご畑に眼をやると採餌中のオガワコマドリがいた。

早速、会のラインでコマドリ健在!と流す。

撮影していると葛飾ナンバーのバーダーさんが通りかかった。
何が出ているか?と尋ねられ、オガワコマドリとこたえると
驚いた様子だった。
一緒に撮影した。

今日のオガワコマドリは畑の中ばかりで、防護柵に止まらなかった。
(ボクがいる間は)

1P1060955.jpg


2P1060974.jpg


3P1060993.jpg


4P1061198.jpg


5P1061212.jpg


6P1061216.jpg


7P1061259.jpg


8P1061267.jpg


今季初撮りのキマユホオジロ、昨日豆酘埼で観ていたが画像がなかった。
9P1061143.jpg


シベリアアオジも今季初
10P1061121.jpg


アトリも今季初・・・
11P1061064.jpg


いちご畑を後にして豆酘埼に向かう。

今日の豆酘埼はまったくの閑古鳥、一羽も見ることなく撤収した。

鳥弁を食べオガワコマドリがいるいちご畑へ行く。
やはり防護柵に止まらなかった。

所用のため午後1時に撤収した。

以下は、昨日撮影したコサメビタキ、サギ(遠くて確認できなかった)の渡り風景
そしてクロウタドリを待つ間に出て来たアカハラ。
オガワコマドリとオウチュウというビッグネームのため、お蔵入りしていた・・・


今季初のコサメビタキは豆酘埼で
12P1060084.jpg


朝鮮海峡を渡っていくサギの群れ
13P1060130.jpg


今季初のアカハラは枝被りだった
14P1060918.jpg


今日は佐護の仁田の内でキガシラセキレイが出たそうだ。
今年の渡りは確実に始まっている。

オガワコマドリとオウチュウと

今日も豆酘埼へ行ったが、状況は昨日より悪く鳥の気配がなかった。
周回路の途中で会った先着のトッキーさんと情報交換。
結論・・・鳥がいない!
と言っても、キビタキ・ルリビタキ・コサメビタキの写真は確保したが・・・

トッキーさん「久和や内院、浅藻に行ってきます」
ボク「よろしくお願いします。何かいたらお願い!」と他力本願。

ボクも豆酘埼を諦め浅藻の公園に着いたとたん、
「オガワコマドリ?浅藻いちご畑」とトッキーさんからライン。
ラインを見ているとトッキーさんから電話「オガワコマドリで良いですか?」
「すぐ行きます」と3分後にポイントへ到着した。

いちご畑から道路に出てきてボクらの方に近づいてくるが、
生憎のモロ逆光でなかなかピントが合わなかった。
1P1060409.jpg


下手な文を並べるより画像を
2P1060526.jpg


3P1060528.jpg


4P1060640.jpg


5P1060655.jpg


6P1060677.jpg


7P1060683.jpg


8P1060688.jpg

9P1060706.jpg


オガワコマドリは対馬でも珍しく、過去6回ほど観察されている。
ボクは2016年4月26日、内院以来の出会いとなった。


先に現地を離れたトッキーさんから今度はオウチュウ情報が入った。
場所は内院、浅藻から10分?の距離だ。
10P1060747.jpg


11P1060786.jpg

トラクターで田圃を耕している方によると、朝からいたそうだ。


帰路の途中に会ったピューパさんからクロウタドリの情報をいただく。
美女塚の近くとのことで、帰り道のコースを少し離れるが
行くことにした。

ポイントは結構、車の往来があり、道路わきに出たのはクロツグミのオス。
果樹園側にはアカハラとクロツグミのメスが姿を見せた。
30分以上待機したが撤収することにした。

今日はトッキーさんに感謝・感謝!




豆酘埼へ

昨日は終日、雨の一日だった。
夕方前に上がったのだが、心は晩酌に向いていたので鳥観は無し。
そして今日は張り切って朝から豆酘埼へ向かった。

「鳥が多くて前に進めない・・・」と、日曜日の朝にラインがあっていたのを
今朝、ボクも体験したが、ボクは構わず先へ進んだ。

ところが、豆酘埼は期待に反して鳥影は薄かった。
車を降りてすぐにキビタキがやってきたがスルー。

ルリビタキのオスが何度も姿を見せつけて来たので
1P1059383.jpg

ついこの間までキビタキもルリビタキも恋焦がれていたのを忘れてしまっている。


いない、いないと言いながら岬へ
ミサゴは相変わらず抱卵中
2P1059386.jpg


一周して駐車場まで戻り、暫し休憩タイム。

重い腰を上げて2度目の周回路へ向かった。


キビタキに敬意を
3P1059527.jpg


一年ぶりに燈台まで登ってみたが、やはりまだ体力的にきつい。


ノビタキが一羽
4P1059505.jpg


後はお馴染みのシジュウカラ
5P1059691.jpg


周回路に戻ると正ちゃんご夫妻が探鳥中だ。
キレンジャクがナワシログミの実を食べていたと情報をいただく。

道路わきのナワシログミの中に動く鳥がいるが、なかなか出てはこない。
ガードレールにもたれてじっと待っていると、出て来たのはクロツグミだった。
6P1059549.jpg

7P1059554.jpg

目と鼻の先、近かったぁ~!


キレンジャクも出て来た。
8P1059560.jpg


一羽が飛んで海沿いの木に止まった
9P1059659.jpg


周回路を諦めて水場でおにぎりを食べながら待っていると
ヤブサメが出て来た
10P1059807.jpg

11P1059900.jpg


水場にはクロツグミのメスもやって来た
12P1059905.jpg

13P1059923.jpg


キビタキのオスは水浴びに忙しくしていたが観察しただけ。
メスがやって来た
14P1060025.jpg


ムシクイ類が次々にやって来る、多分メボソムシクイ?
15P1059837.jpg


こちらはセンダイムシクイかな?
16P1059986.jpg


雰囲気はキマユムシクイだが?
17P1059936.jpg


ムシクイ類としておいた方が無難かも^^;


鳥弁が終わり、ふとガソリンの計器を見ると。。。ない、無い、ない。

浅藻~内院方面を諦めて帰って来た。

オオルリ三昧

オオルリ狙いで今朝もダムへ行く途中にラインがあった。
野鳥の会事務局のanyanさんからで
「美女塚~豆酘埼間は鳥が多くて先に進めません。
コルリ、アカハラ、クロツグミ、ヤブサメ、キビタキなどです」

一瞬、心が揺れ動いたが「消化不良解消」を優先した。
今季、オオルリがまともに(ボクなりの)撮れていない。
今日こそは!と家を出て来たのだ!

ところがオオルリは、ボクをあざ笑うように高い木の梢を、
しかも逆光になるような枝に止まって・・・。

撮ることは撮った。が、やはり消化不良の画像ばかりだった。
午前中の成果写真?は
近くに出てくれたキビタキと今季初撮りのコジュケイ
1P1058688.jpg


2P1058821.jpg

ブログにあげたのは2枚だが、撮った枚数は?


昨夕、ノゴマはどうしているのかな?とポイントへ。
あのフレンドリーなノゴマが出てこない。
鳥の気配はする、これまた消化不良のまま帰宅していた。


早めの昼食を自宅で済ませ再度ダムへ。
昼一は、ノゴマのポイントから少し離れた場所で待機していると
植え込みから少しだけ姿を見せたのはノゴマのお嬢さんだった。
3P1058886.jpg


ここのノゴマは入れ替わりはあるものの、結構滞在期間が長かった。
今季初のノゴマは、気の強い、警戒心がとても強いお嬢によって追い出されていた!
     (あくまでボク個人の感想)


先ほどまで巣材を咥えていたホオジロがポーズをとっていたので
4P1058905.jpg


鳥影の正体が判明したので、斜面側の広場を覗いてみた。
見下ろした斜面の桜の木の間をオオルリが6,7羽飛んでいた。
朝の内はいなかったので午前中に渡ってきたのだろう。
5P1058985.jpg


6P1059011.jpg


7P1059023.jpg


8P1059110.jpg


9P1059117.jpg


10P1059128.jpg


オオルリのメスは2羽を確認した。
11P1059160.jpg


この斜面のキビタキのオスは2羽を数えた。
12P1059184.jpg


メスは1羽を確認した。
13P1058957.jpg


ツシマコゲラもやって来た。
14P1059272.jpg


南の新しい鳥たちも気になったが、オオルリ消化不良症候群が
やっと解消した\(^o^)/



今日もダムで

昨日のオオルリが消化不良?、今日もダムを目指した。
目指したと言っても自宅から5分の距離なので、少し大げさかな。
結論から・・・今日はまったくオオルリを見なかった。

車を走らせていると道路の片隅でちょろちょろする小鳥がいた。
ヤブサメと直感、車を広い所に停めてヤブサメが出てくるのを待った。

キビタキが飛んで来て目の前の枝に止まった。
1P1058079.jpg


沢を覗き込んでいると、またしても目の前に。レタッチのみ。
2P1058086.jpg

今日の狙いは青い子、オオルリなのになどと横着なことを。


目的のヤブサメは足元に出てくれた
3P1058117.jpg

相手もビックリ、ぼくもビックリした。


草被りだが
4P1058184.jpg


道路を横断して反対側に移動
5P1058323.jpg

暗い場所でシャッタースピードが上がらず。また草被りの画像続出だった。


相変わらずサービスが良いルリビタキ
6P1058042.jpg

この画像をみると尾は青いし、脇のオレンジ色も濃いような気がするが?


キクイタダキの水浴び
7P1056886.jpg


カケスはモロ逆光だったが、今季初なので
8P1057500.jpg


まだいたのかジョビ子、それとも新たに渡って来たのだろうか。
9P1058437.jpg


地上に降りて獲物をゲット!
10P1058442.jpg


チョウセンエナガは顔が可笑しかったので

11.jpg


豆酘埼にはコルリが入ったとラインがあった。
こちらにもやって来てくれるかな・・・


やっと活気づいてきた

昨日はオオルリとキビタキに振り回された一日だった。
動きが速いうえに葉っぱが茂った枝周りばかりを移動した。
昨日のカリを返そうとダムへ向かう。

ノゴマがそろそろ入ってきても良いころだなぁ・・・と
毎年ノゴマがやって来る駐車場横の、ツツジの植え込みの前に陣取った。

今年もやって来たノゴマ
1P1056969.jpg

最初はツツジの植え込みの前でこちらを観察するように警戒していた。


2P1057233.jpg


3P1057366.jpg


ツツジの中から現れたが、もっとスッキリした場所に出て頂戴ヨ!
4P1057408.jpg


5P1057414.jpg


6P1057453.jpg


7-1P1057478.jpg


7-2P1057482.jpg


7-3P1057487.jpg

慣れてくると、かなり近くまで寄ってくるフレンドリーなノゴマだ。
会のラインで流すと、まもなく正ちゃんご夫妻が登場したのでバトンタッチ。

ここにやって来るノゴマは1週間くらい滞在するので楽しみだ。


所用を済ませ再びダムへ。


今度は昨日のリベンジ!とばかりオオルリとキビタキのポイントへ。
現地へ着くと正ちゃんご夫妻がカメラを構えて撮影中だ。
その100mほど手前にオオルリがいた。
8P1057551.jpg



最後までこちらを向いてはくれなかった。
9P1057619.jpg


キビタキは手強く、サクラの梢を行ったり来たり。
ボクはカメラを持って右往左往するばかりで、昼食のため一旦撤収した。


午後一は、ルリビタキが出迎えてくれた。
10P1057827.jpg


小さな谷を挟んだ反対側だが、午前中に観ていた子と同じ個体だろう。
オスの若かメスなのかは分からない。
11P1057841.jpg

13P1057950.jpg


午後からは散発的だがキビタキが姿をみせた。
しかしなかなかお腹側を見せてはくれなかった。
やはりお腹側の、あの色を観たい!と思っていたら
12P1057871.jpg


この色を見ると何故か落ち着く・・・
14P1057963.jpg


午後からはオオルリを見なかったが、複数羽はいたと思う。


他にセンダイムシクイと思われるムシクイ類が2羽いた。
白いお腹しか見えないので撮影はしなかった。


余談
午前中にオオルリやキビタキを観ていた時、
福岡ナンバーの軽バンが通り過ぎて行った。
暫くして戻って来て、車から男性が降りてきて話しかけてきた。
動画を撮っているとのことだったので、ノゴマの場所をピンポイントで教えてあげる。

ボクが昼食のため撤収途中に、そのポイントに立ち寄ると三脚で撮影されていた。
福岡だったらノゴマ一羽に50人以上のカメラマンが集まって来るとのこと。
感謝された(^-^)


久しぶりの南だったが

昨日は午後から厳原市内~上島の佐須奈まで行った。
ボクは運転しないでプリウスの後部座席だったが、やはり少々疲れた。

夜は恒例の慰労会?
10日前から予約していた。

刺身の盛り合わせ4人前、美味しゅうございました。
1P1005577.jpg


鶏肉(料理の名前は失念)、こちらもお願いしていた。
2P1005578.jpg


タケノコとフキとサザエと
3P1005579.jpg


生ビールで乾杯、あとはそれぞれ好みで注文、ボクは出羽錦の吟醸。
午後6時から始まり8時半過ぎまで、男4人、よく飲みよく食べた。
後から頼んだ料理は、写真無し。飲んだり食べたり話したりに夢中!

年度末から続いた所用も一段落した・・・


そして今日は3月2日以来の南へ行った。
狙いはキマユホオジロ・・・
シーズン初めは撮りたい鳥だが、途中で見向きもしなくなる不思議な鳥だ。

内山~瀬と一応田圃周りをチェックしたが鳥がいない。


美女塚から豆酘埼へ向かう途中も同じだった。


豆酘埼も鳥の気配がない。
周回路を探鳥しながら岬へ
4P1005580.jpg


最初は保安部の巡視艇かと思った
5P1056546.jpg

6P1056569.jpg


船名が「つしま」と見えた。
多分、警察のパトロール船?
7P1056561.jpg


ジェット機の音がした。
この辺は航路ではない、探すとはるか遠くを飛んでいたのは多分自衛隊機?
8-1P1056581.jpg

国境の島は海も空も多忙だ!


ミサゴは抱卵中
8-2P1056577.jpg


ここまでが豆酘埼で撮った写真の全部^^;


多久頭魂神社も全くの閑古鳥だった。


最近豆酘小学校前の水路が話題になっている。

今日いたのはハクセキレイとタイワンハクセキレイ
ホオジロハクセキレイは気の強いハクセキレイに追われて飛んで行った。

9P1056616.jpg

10P1056665.jpg


タイワンハクセキレイは今季初だった。
11P1056704.jpg

シベリアハクセキレイは抜けていた、残念。


浅藻も昨日いたというムネアカタヒバリは抜けていた。


内院ではノビタキとカワラヒワがいたぐらい・・・
12P1056745.jpg

13P1056805.jpg


潮が引いた海岸では地元の方が潮干狩り中だった
14P1056715.jpg


明日は近場を周ろう、ボクには近場が合っている。



バージンロード?

昨夜降っていた雨が起きた時には上がっていた。
今日は午後から夜まで所用がある。
夜は・・・飲み会だが

午前中の2時間、近場のダムに行ってみた。

毎年オオルリがいち早くやって来るポイントに着いて振り返ると
1P1056414.jpg


ソメイヨシノの花びらで出来た絨毯に轍が出来ていた。


オオルリを探していると
2P1056421.jpg

彼は雨の日以外はここを走っている。
朝の挨拶をいつものように交わした。


メジロがやって来た
3P1056428.jpg


ヒヨドリも
P1056462.jpg


折り返し地点まで行った彼が戻って来た。
P1056497.jpg

疲れたのだろうか?
歩いて通り過ぎた。


先日チラッとだけオオルリをみたのだが
結局、オオルリを観ることはなかった。
これからまだ多くの鳥たちがやって来る。

明日以降に期待しよう・・・
とダムから撤収した。



田植えが始まった

昨日今日と会のラインから情報が入って来た。
今季はヤツガシラの情報が多いような気がする。
今日も2箇所で観察されている。

後はアマサギ・シロガシラ・シベリアアオジ・キマユホオジロ・オオルリが2箇所
そしてルリビタキの雌雄・・・
鳥友たちは皆さん、南方面を中心に探鳥しているが、
ボクは近場の洲藻~ダム、昼食後に加志~洲藻~ダム~太田海水浴場とまわった。
結果は・・・惨敗!だった。


洲藻では田植えが始まっていた。
1P1056122.jpg

この地区は対馬で一番早く田植えが行われる。


3月30日に作業をして方の田圃だ。
2P1054913-1.jpg


洲藻からダムに至るまで野鳥の姿がなかった。


フデリンドウ
3P1056117.jpg

この花が咲き出すとオオルリがやって来るのだが・・・


スミレの仲間!(名前がワカリマセン)  アオイスミレかな?
4-1P1056280.jpg


ミツバツツジ
4-2P1056393.jpg

ゲンカイツツジが終わるとこのミツバツツジが咲き始め、
続いてチョウセンヤマツツジが咲く。
ただチョウセンヤマツツジは場所が限定されている。


ダムに向かう山の林相
5P1056112.jpg


3月29日の林相
6P1053717.jpg


昼食を自宅で済ませて加志へ向かう


アオサの収穫があっていた
7P1056272.jpg


南で観察されたシベリアアオジやキマユホオジロが入ってないか、
ポイントを入念に探鳥したが姿を確認できなかった。


いたのはノビタキが一羽だったが、綺麗な個体だった。
9P1056197.jpg

10P1056212.jpg


帰路も洲藻~ダムを経由したが鳥の姿を見なかった。


今日は大潮だということで久しぶりに太田海水浴場に行くと
ウミアイサのペアが砂浜で日向ぼっこ中だ
11P1056317.jpg

P1056327.jpg


ただ光線の具合がよくない


今日も疲れた~~~


何かと多忙な日々

4月になって、なんだかんだと所用が続いている。
会のラインでは春の渡りの始まりを告げる鳥たちも
少しずつ入って来ているようだ。
ボクも2日の朝の一時間くらいダムの周回路で探鳥をし、オオルリ1羽を確認した。

新ネタ?でブログの更新が出来ないままになっている。
今年になってキバラガラに4度遭遇しているので、今までブログにアップしていない
画像を上げることにした。


1枚目から5枚目まで1月8日の多久頭魂神社
地面に落ちた樟の実を食べるシーンが多く、割と近くで撮影できた。
1P1016708.jpg


2P1016962.jpg


3P1016674.jpg


4P1016723.jpg


5P1016974.jpg


6枚目から8枚目は1月12日、多久頭魂神社本殿前の手水鉢で
6P1018985.jpg


7P1019003.jpg


8P1019133.jpg


最後の一枚は1月16日、久和に向かう途中の県道で撮影
9P1021007.jpg


4度目は、ハゼの実にやって来たキバラガラ(3月26日ブログ)は省略


ここに行けば必ず会える!ということではないが、
留鳥化?しつつあるのだろうか???

キバラガラは2018年2月12日に対馬初観察(正ちゃん)されて以来、
20年8月、同年10月、同じく11月に観察された。
2024年3月末現在、島内で観察されていないのは6月、7月と9月で
観察場所は厳原町、美津島町、上県町そして上県町から上対馬町に至る林道と
島内に広がっているようだ。


明日と明後日は天気も良いようなので、新しく渡ってくる子たちに会いに行こう。

今日は豆酘埼でコサメビタキが観察されたようだ。



オオチドリと再会できた

今日から新年度が始まった。
初日に相応しい再会となったオオチドリ。
そのオオチドリの初見は2010年3月29日、大船越に住む友人から
「庭に見慣れない鳥が来ていて、とても人懐こい」と電話があった。
その時のオオチドリがこちら
1-1P1055545.jpg


今回のオオチドリは3月26日に通信使さんによって観察されて以来、
鳥友たちがすでにブログに紹介している。
実は昨日、カミさんに助っ人を頼み、片道1時間30分の佐護まで行った。
二人で2時間近く探したが観ることが叶わず帰路へ。

今日も午後から時間を見つけ、カミさんと佐護まで行った。
電話で詳細な場所を訊いていたが、またしてもいない。

カメラと双眼鏡を首にぶら下げ、久しぶりに持ち出したスコープを手に持ち
農道を少しずつ移動しながら二人して探した。

まさか、まさか。
農道の左側の畦を中心に見ていたら、なんと右側の田圃の畦の上に鎮座しているのをカミさんが見つけた。
1-2P1055545.jpg


距離は8mほど、驚いて飛ぶ!
と思ったが、立ち上がっただけだった。


オオチドリはほとんど動かず、時折顔を少し動かすだけだった。
相手が動かないので、ボクが畦を中心に農道を左右に移動して撮影した。


画像は全てノートリ、レタッチとリサイズのみ
2P1055593.jpg


3p1055626.jpg


4P1055737.jpg


5P1055809.jpg


6P1055833.jpg


7P1055905.jpg


8P1055962.jpg


9.jpg


10P1056020.jpg


11P1056064.jpg


観ていると、どこか怪我をしているみたいで、具合が悪そうだった・・・

無事に繁殖地へ行けると良いが。

プロフィール

テマドハルベ

Author:テマドハルベ
団塊世代、後期高齢者3年目です。
花鳥風月、なんでもありのブログです。

ようこそおいでなさいました
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR