fc2ブログ

ライファー2種

昨日、正ちゃんが撮ったシギがシベリアオオハシシギということが分かった。
シギチ類が少ない対馬で2例目、しかも今回は綺麗な夏羽だ。
詳しい場所が会のラインを通じて分かっていたので
朝一で現場を目指した。
・・・が、お目当てのシベリアオオハシシギが見当たらない。

ほどなく第一発見者の正ちゃんご夫妻とコロナ過で3年振りの来島となった
香川県のFさんも到着された。
そのFさんから近くにギンムクドリの雌雄が、ムクドリの群れにいるよとの
情報をいただき、先にそちらに向かった。

ギンムクドリのオスとメス
1P2777082-2.jpg

ギンムクドリを撮っているとFさんからの電話で
「シベリアオオハシシギを見つけた!」とのこと。
昨日いた場所より少し上流側の県道横の田圃の畦にいた。

シベリアオオハシシギ
2P2777117-2.jpg

3P2777411-2.jpg

4P2777462-2.jpg


シベリアオオハシシギの撮影が一段落したとき
チフチャフ情報が入ったので一旦自宅へ戻り豆酘埼を目指した。

数人で探したチフチャフは見つけることは出来なかったが
カラフトムシクイをゲットできた。

カラフトムシクイ
5P2777488-2.jpg

6P2777532-2.jpg

7P2777630-2.jpg

高音域の鳴き声が聴こえないボクにとってムシクイ類は苦手な野鳥だが
今回はベテランの方々がいたので心強い。


豆酘埼はボクの縄張りだぞ!とホオジロが声を張り上げていた。
(ボクには聴こえないが・・・)
8P2777595-2.jpg


皆さんのおかげでシベリアオオハシシギとカラフトムシクイをゲットできた。

シマアオジやシマノジコも入って来たと聞く。
明日からのフィールドが益々楽しくなってきた。

今日はボクとしては珍しく午後5時過ぎまでフィールドにいたので
投稿時間が遅くなってしまった。

スポンサーサイト



シマアジ

午前中は所用があり鳥観はお預け、午後から加志まで行った。
相変わらず風が強い。
案の定、湿地にも他のホオジロのポイントには何もいない。
(いるのだろうが、風が強いので出てこないだけかもしれないが)

双眼鏡で門扉を確認すると今日は開いていた。
早速、カルガモの群れが飛び立ったので
ゆっくり車を進めていくとシマアジがいた。

先日は加志と瀬に現れたシマアジを外していたので嬉しい。
2021年4月17日以来の出会いだった。

1P2766426-2.jpg

2P2766502-2.jpg

3P2766525-2.jpg

4P2766607-2.jpg

5P2766610-2.jpg

6P2766614-2.jpg

レンズを向けられるのが嫌だったのか、最初はメスが飛び立ち
続いてオス、すぐ近くの湿地に降りたようだ。

豆酘埼は空振り

一昨日の強風、昨日の雨と二日連続で悪天候が続いた。
今日は風もなく穏やかな朝、さぞかし豆酘埼は賑やかなことだろう!
と、勝手に期待したが
まったく鳥たちの気配がなかった。
早々と豆酘埼に見切りをつけた正ちゃんご夫妻は別のポイントに移動した。

ボクは未練がましく豆酘埼に残ったが何も出てはくれない。

豆酘埼を諦めて内院へ向かった。

内院で観たノジコ
1P2755056-2.jpg

2P2755070-2.jpg

3P2755134-2.jpg

内院にはヤツガシラがまだいると正ちゃんから聞いていた。

ところで、ヤツガシラを鳥友の皆さんたちはあちこちで観察されていたが
何故かボクには縁がなかった。
そのヤツガシラはすぐに見つかったが
害獣除けの柵の向こう側にいた。

鳥弁を食べた後、再び豆酘埼に向かう途中の「水場」の路上にヤツガシラがいた。
近い!
ズームレンズを調節しながらの撮影となった。(リサイズのみ)
4P2755470-2.jpg

5P2755534-2.jpg

6P2755570-2.jpg

7P2755431-2.jpg

8P2755441-2.jpg

9P2755629-2.jpg

11P2755657-2.jpg

12P2755688-2.jpg

13P2755727-2.jpg

ヤツガシラは元々フレンドリーな野鳥だが
一番近づいたときはボクの車の真下で、さすがにピントが合わなかった。
今季初のヤツガシラを2箇所で観ることが出来た。

雨の日の湿地は面白い

目覚めたときは霧雨が降っていたが

「止まない雨はない!」と

あるお方の言葉を思い出し、出かけることにした。

雨の中、豆酘埼は歩いての探鳥になるのでチト厳しい。
車中から観察・撮影できるのでキガシラセキレイの確認も兼ねて
加志の湿地に決定した。

農道に入るとキガシラセキレイはすぐに確認できたが遠いので
車を先に進めた。

今季初のコホオアカは2羽いた
1P2733867-1.jpg

撮っている時は気づかなかったが、蜘蛛の巣に雨粒がくっつき綺麗だ。


今季初のノジコ
2P2744463-1.jpg

湿地の中の鳥たちを撮っていた時に、ふと後方を見たときに気が付いた。
2羽が同じ木に止まっていたが、もう一羽はもろに枝被りだった。


昨日もいたソリハシシギ
3P2733913.jpg


昨日は6羽いたコチドリは1羽しか確認できなかった
4-1P2744578-1.jpg


夏羽になったタヒバリは2羽がやって来た
6P2744648-1.jpg

7P2744817-1.jpg

観察していて気が付いたが、皆仲良く餌を探してニアミスして知らんぷり、
しかしキガシラセキレイはタヒバリに関しては追いかけまわしていた。

カワラヒワも
8P2744794-1.jpg


多分タシギと思うけど?
9P2744060.jpg

仲良く並んで
10P2744937.jpg

今日のオオトリは、やはりこの子でしょう!
エサ取りに夢中だった
11P2744722-1.jpg

ちょっと一休みして
12P2744833-1.jpg

時々近くの電線に止まったりして遠くを見ていたので
旅立ちは早いのかな・・・(根拠はない)


撮影データで確認すると撮り始めが9時25分
最後の一枚が11時07分だった。
湿地横の農道に車を停めてほとんど動かさずに撮影した。
画像は無いが他にシベリアアオジ、カモ類、コサギ、チュウサギそして多くの
ツバメが飛び交っていた。

晴れた日だったらあちらこちらへ移動したと思う。

雨が少し激しくなってきたのを機に撤収した。


キガシラセキレイを二日がかりで

少し前語りが長くなるけど・・・

昨日、キガシラセキレイの情報が通信使さんから入った。
場所は加志の湿地という。
自宅から20分の距離だ。
・・・が、生憎、月に一度の検診で福岡の病院にいた。

2015年のキガシラシトドの時も福岡にいたことを思い出した。

検診が終わり空港へ、飛行機は20分遅れで離陸した。
自宅に着いたのは午後5時を過ぎていたが、カミさんに同行してもらい
加志を目指した。
キガシラセキレイがいたという湿地を
二人で探したが見つけることは出来なかった。

今朝、再び加志へ向かう。
今季初のソリハシシギがいたが、キガシラセキレイは目につかない。
コチドリやシベリアアオジなどを観ながら彼を探した。

過去に何度かキガシラセキレイを撮ったが
樹上にいるのは初めてだった。
1P2733211-2.jpg

2P2733238-2.jpg

3P2733246-2.jpg

トリミングしてみた
4P2733237-2.jpg

湿地にいたキガシラセキレイをトリミングしてみた
5P2733145-2.jpg

今季初のシベリアアオジ、距離は4mくらいだった。
あっち向いてホイ、こっち向いてホイ
8P2722387-2.jpg

6P2722388-2.jpg

7P2722373-2.jpg

ソリハシシギも今季初、マッタリしていた
9P2722545-2.jpg

コチドリも今季初
10P2722622-2.jpg


キガシラセキレイを観れたので一旦帰宅、朝食をとり豆酘埼へ。


途中の内山には情報があったタカブシギとセイタカシギ
11P2733359-2.jpg

12P2733438-2.jpg


豆酘崎は南風が強く吹いて、鳥影は全くなかった。
唯一観たのは強風を避けるように潜んでいたイソヒヨドリだけだ。
13P2733459-2.jpg

水場では多分、エゾムシクイか?
14P2733504-2.jpg


内院では今季初のキマユホオジロ、4羽はいた。
15P2733588-2.jpg



南へ

久しぶりに豆酘埼を目指した。
昨日の鳥友のブログにはキビタキ、オオルリとサンショウクイがあった。
現地ではその正ちゃんご夫妻と探鳥を開始した。
早速キビタキが出迎えてくれる。
近くに寄ってくれるフレンドリーな個体、レタッチ・リサイズのみ
1P2711159-2.jpg

2P2711255-2.jpg

3P2711288-2.jpg


周回路を離れ燈台へ行く坂道の途中にホオジロ
4P2711310-2.jpg


燈台付近には鳥影はなく、再び周回路に戻ると
正ちゃんとミセスがカメラを構えていた。
サンショウクイが2羽いるとのことで仲間に加わった。
5P2711705-2.jpg

6P2711905-2.jpg

7P2711919-2.jpg

生憎のどん曇りだったけど、近かったので堪能した(レタッチ・リサイズのみ)


昼には豆酘埼を離れ、浅藻~内院へ


八丁郭へ行く途中の農道にいたノビタキ
8P2722008-2.jpg


内院のノビタキ
9P2722198-2.jpg


カラアカモズ?のメス
10P2722064-2.jpg

11P2722091-2.jpg

12P2722292-2.jpg

内院にはカラムクドリ2羽情報があり、探したが見つからず帰路についた。




ノゴマのポイントで

昨夜来の雨が上がったのでいつものコースで探鳥、
しかしダム腺から洲藻川の河口までカメラを構えることはなかった。
鳥弁を洲藻川上流で食べ、再びダムへ向かった。

ソフトバンクホークス対楽天イーグルスの試合をラジオで応援しようと
ダムのノゴマのポイントに車を止めた。
生憎、仙台地方も雨で試合は中止、
ノゴマはいないがアオジがチョロチョロしているので
相手になってもらおうと腰を据えたのが大正解だった。

ここのアオジは地上で採餌することが多いので地面を眺めていたら
樹上で鳥の気配がしたので、見ると桜の木にいた
1P2700280-2.jpg

次は横の植え込みの上に現れた
2P2700438-2.jpg
パソコンに落としてみると口を開けて囀っているようだが
ボクの耳には届かない・・・

いつもはこのツツジの植え込みの中から地上に出てくるのだが
今日はサービスが良い
3P2700578-2.jpg


アオジと遊んでいると、植え込みに飛び込む鳥影があった。
暫くすると、ナントナント!出てきたのはクロツグミのオス。
この子は少し離れた第2広場にいるはずなのに・・・ここは近いので大歓迎だ。
4P2700614-2.jpg

暫く固まってくれた
5P2700685-2.jpg

ダム堰堤に行く道の水たまりにも
6P2700923-2.jpg

トリミングしてみた
7P2711061-2.jpg


そして2番目のハプニングは目の前に飛んできたコサメビタキ
今季初認、いつ見てもも可愛い子だ
8P2700857-2.jpg

9P2700878-2.jpg


3番目のハプニングは、植え込み横の桜の木に飛び込んできたオオルリだ
渡ってきたばかりのようで、しばらくの間ジッとしていた
10P2700999-2.jpg

11P2711010-2.jpg


後はこの広場の常連さんたちが次から次へやってきた
12P2700035-2.jpg

13P2700647-2.jpg

14P2700802-2.jpg

結局ノゴマはいなかったが
2時間余り停めた車の中にいたけど退屈することはなかった。
そして、こんなこともあるんだなぁ~と・・・


夏鳥たちがやって来た

オオルリやキビタキなどの常連客がやっと渡ってきた。
この子たちを時系列で紹介

キビタキは11日の午前に撮影することが出来たが
サービスが悪く、このシーンだけだった。
1P2699873-2.jpg

昨日12日はキビタキをチラッと見ただけだった。

今日13日の午前、ダムの広場の下にある第2広場?にツグミ類が5羽いた。
その中にクロツグミが1羽だけいた。
2P2699980-2.jpg

3P2700025-2.jpg
2枚ともかなりトリミングしている

情報があったオオルリ、この子もサービスが悪く
やはりこのシーンだけの撮影となった。
4P2700045-2.jpg

5P2700048-2.jpg

6P2700061-2.jpg

留鳥のツシマコゲラは早くも新居の中
7P2700164-2.jpg

8P2700193-2.jpg


フデリンドウが咲く場所はイノシシに荒らされていたが
この場所に数株が咲いていた。
9P2699884-2.jpg

午後からもダム線だったが、夏鳥たちを見ることはなかった。
南の方には旅鳥たちが入ってきているようだが
当分の間、地元をパトロールする予定。
でも、心は少し南方面に傾いている(^-^)


夏鳥たちがまだ来ない

オオルリやキビタキなど常連の夏鳥たちを探しに
今日もダム線~洲藻を3度ほど往復した。
ところが夏鳥どころか留鳥たちも観ることがない。

昨日見逃したヒメコウテンシを探しに小茂田へ向かう途中に
正ちゃんからの情報で、「ムクドリの群れの中にギンムクとコムクの
オスが混じっている。ヒメコウ、ムネアカはいない」とのこと。
現地に到着してギンムクとコムクを探したが見つけることが出来ず
ホシムクドリを見つけた。
2P2699303-2.jpg

ムクドリは50+いたかも
1P2699316-2.jpg


午後はどこに行こうかと思案していると
Fさんから今季2度目のタカサゴモズ情報が入った。
現地に到着してタカサゴモズを探すとすぐに分かった。
3P2699325-2.jpg

4P2699454-2.jpg

5P2699482-2.jpg

2度ともFさんが発見した。Fさんの眼力に感謝・感謝

帰路の加志では今季初のノビタキ、オスが3羽飛び交っていた。
順光側に回り「ダルマさんが転んだ」方式で近づいての撮影(車で)
3枚の画像はリサイズのみ
6P2699637-2.jpg

7P2699704-2.jpg

これ以上は無理、すぐに飛ばれた
8P2699750-2.jpg

ススキノビ!
9P2699838-2.jpg

ダム経由で帰宅したが、洲藻~ダム線は午前中と変わりはなかった。

かなり動いている

午前中は近場のいつものコースを周った。
オオルリやキビタキなどの夏鳥たちにはまだ早い。
ダムのノゴマは確認できなかった。
洲藻の田圃にカシラダカの群れ、多分十数羽はいた。

カシラダカ♂
1P2688764-2.jpg

カシラダカ♀
2P2688800-2.jpg

帰路にもノゴマは確認できなかった。
早々と抜けたのだろう。
鳥弁を持って家を出たのだが、自宅で食べることにし
午後からはソフトバンクホークス対西武ライオンズ戦を観ることにした。

負け試合を観ているとらっこさんからヒメコウテンシと
ムネアカタヒバリ情報が入った。
現地まで車で25分の距離、先着の鳥友によると
ヒメコウテンシは飛んでいないとのことだった。

ムネアカタヒバリ
3P2699086-2.jpg

4P2699118-2.jpg

タヒバリも夏化粧?
5P2699137-2.jpg

6P2699140-2.jpg

タイワンハクセキレイ
7P2699201-2.jpg

8P2699208-2.jpg

9P2699227-2.jpg

ムネアカタヒバリやタヒバリを撮っていると割り込んできた・・・

とにかくフレンドリーな個体で、ボクの車にどんどん近づいてきた。
いずれもノートリで、リサイズのみの画像

ヒメコウテンシは残念だったが、毎年どこかで観れるので良しとしよう。
らっこさんに感謝・感謝!
明日以降もよろしくお願いします^^;


動き始めた

午前中は何かと所用があったので、昼食を済ませて近場を周った。
近場のいつものコースはダム~洲藻~ダムと、代り映えはしない。

ダムも田圃に水が入った洲藻にも鳥影がない。
洲藻川にはカルガモがいただけだった。
帰路のダム線も往路と同じで鳥影無し。
諦めて帰宅しようと駐車場横を通過したとき、何気に見た植え込みに
鳥影をみた。

車を止めて暫く様子を見ているとノゴマのオスがいた。
ボクがノゴマを観た記録を調べてみると、
2006年4月4日が一番早い。
次いで早いのが2018年4月7日で、今日も7日・・・だ。

渡ってきてすぐなのか、またはダムの工事関係の車が頻繁に
行き交うためなのか、非常に警戒心が強い。

喉の赤みが薄いように感じられる個体だ
1P2688692-2.jpg

2P2688713-2.jpg

3P2688730-2.jpg

同じ植え込みにいたアオジは2羽いた。
4P2688603-2.jpg

5P2688639-2.jpg

先日のタカサゴモズに続いてノゴマ、アオジが渡ってきた。
後はお馴染みの夏鳥たちや旅鳥たちに交じって
迷鳥や珍鳥にお目にかかれば良いのだが。。。。。


タカサゴモズⅡ

タカサゴモズは今日もいた。
この手の大物は大概、1日で抜けることが多いが
今日も北風が強く吹くので旅立つのをためらっているのだろうか?
明日の予報は南南東の風が2~3mと、海峡を渡り大陸に向かうには
都合が良いので、明日には抜けるだろう・・・

今日のタカサゴモズ

1P2677966-2.jpg

2P2688037-2.jpg

アカメガシワの木に止まったが、手前の小枝が・・・
3P2688121-2.jpg

移動してみたが、やはりダメだった
4P2688143-2.jpg

枯れた葛の蔓が面白い絵になった
5P2688347-2.jpg

昨日の画像、トリミングしてみた
6P2677899-2.jpg

タカサゴモズ

ダムの周回道路で探鳥しているとラインが入った。
Fさんから「タカサゴモズ゙では?」と写真が送られてきた。
久しぶりの大物、場所は洲藻と近い。

ボクがタカサゴモズを観たのは2019年5月3日以来になる。
現地に到着するとFさんの車から指さす方向に
タカサゴモズが見える。
・・・が、車を止めた途端に飛ばれた。

飛んだ先はやや遠い。全身は見えたけど、モロに逆光。
1-1P2655498-2.jpg


1P2666575-2.jpg

近くに飛んできた
2P2666671-2.jpg

昼食のため撤収した。
自宅で昼食をとったあと再び現地へ行くと
良い塩梅に順光側に移動していた。
3P2666866-2.jpg

偶然に撮れていた^^;
4P2666879-2.jpg


5P2666970-2.jpg


6P2677021-2.jpg

鳴いているようだがボクには聴こえない
7P2677491-2.jpg

午前中、ボクが到着したときに止まっていた野バラに止まってくれた
8P2677795-2.jpg

順光側で、しかも今日一近い
9P2677894-2.jpg

今年の春の渡りは大物で始まった。
発見者のFさんに感謝・感謝!

ピークのGW頃に期待が膨らむ・・・・が

プロフィール

テマドハルベ

Author:テマドハルベ
団塊世代、後期高齢者3年目です。
花鳥風月、なんでもありのブログです。

ようこそおいでなさいました
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR