fc2ブログ

ヤマモモ(山桃)

ダムの駐車場にヤマモモの木が植えてある。
ダムの完成年度が昭和48年だからその時植樹されたとしたら
樹齢48年?・・・・
1P6260005-1.jpg


ヤマモモの実を食べにヤマガラ、シジュウカラ、メジロやヒヨドリがやってくる。
彼らに負けずと木の下に潜り込みボクもいただいた。
2P6260007-1.jpg


ボクだけの楽しみにしてはモッタイナイ。
相方の土産に少しだけいただいてきた。
3P6260001-1.jpg


今そのヤマモモを口にしながらこのブログを書いている。
甘酸っぱい味と香りを届けられるものなら届けたい。


ヤマモモは浅茅湾岸に自生していて、子供のころ熟した実を採るのに苦労したが
今は公園や街路樹に普通に植栽されている。
その実を採るのはいささか気が引けるが、今日はいただいてきた。

道端にはヤブカンゾウの花が咲いていた。
4P6260003-1.jpg


今日の鳥観は空振三振、ソフトバンクも楽天に2連敗。
どちらも明日に期待しよう!
スポンサーサイト



尾羽が長い

午前中、今週初の鳥観に行った。
場所は近場のダムへ。
フィールドで「楽ちん・・・」を初めて試してみた。

現地について左耳に装着した。
音量は4段階ある内の2に設定している。
徐行しながら車を進めると「ホイホイ」と鳴く声が聴こえた。
元々この周波数の音は聴き取れていたが、
より大きく聴こえるが、何だかいつもと調子が違う。

前方の枝に止まるサンコウチョウが見えた。
運転席の窓からカメラを向けるもピントが合わない。
このところ尾羽が短いオスとメスしかみてなかったので、
久しぶりにまともな尾羽のオスを見ることができた。
1P2222702 (640x419)


少し近くの枝に止まった
2P2222714 (640x457)

3P2222715 (640x427)

4P2222716 (640x431)

5P2222717 (640x439)

6P2222719 (640x450)

8P2222726 (640x393)

似たような画像ばかりだが、久々の尾羽が長いオスということでご容赦を。

午後からはオスとメスが出てくれたが
動きが早く撮らせてもらえなかった。

ヤマガラの幼鳥が相手をしてくれた。
10P2222789 (640x448)

11P2222800 (640x419)

12P2222812 (640x417)



他の場所を走行中にいろんな野鳥の鳴き声が聴こえてくる。
ここで問題が一つ発生した。
「鳴き声で識別できない」というボクの資質の問題だ。
パソコンの画面で特定の野鳥を見ながら聴くときはワカル。
だがフィールドでは識別できないもどかしさがあった。

さて、「楽ちん・・・」だが
ボクの場合は普通の生活時には必要ないので
というより装着していると周囲の雑音まで拾うので大変だ。
現地での野鳥観察の時だけの着用になると思う・・・・
明日からの野鳥観察が楽しみと、自身の識別能力の無力に嘆く日々になるだろう。



いろいろと

昨日は日帰りで福岡の病院へ行った。
新型コロナ感染症の脅威はあるが2ヶ月に一度の検診なので
行かないわけにいかない。
採血と採尿と終え待合室で待つあいだ、皆さんも心得ていて
3蜜を避けておられる。
2時間半待って名前(番号)が呼ばれ診察室に入り結果を聞き終了。
その間、約5分。
検査結果は上々で薬が1錠減った。
帰りの空港では生ビールで検査結果に乾杯をする
1P6210023-1.jpg


いつもこのブログに書くが40代後半から耳鳴りがして
難聴気味になった。
普通の会話に支障はないが(少しはある)
オオルリやキビタキたちの鳴き声が聴こえない。

そこで試しに「楽ちん・・・・」を注文していたのが午前中に届いた。
1P6220001-1-2.png

2P6220002-1-2.png


耳に装着するときにハウリングがあるが、きちんと装着すると
消えることは説明書にも書いてあり、実際にハウリングはなくなった。
テレビの音量で試すと11~12で聴こえる。
ボクは普段は15~16なので相方と同じ大きさでテレビを見ることができた。

パソコンで野鳥たちの鳴き声を聴いてみた。
今まではパソコンのボリュームをマックスにしても聴き取れにくかった
オオルリやキビタキどころかシマゴマの鳴き声が聴き取れた。

しかし良いことばかりではない。
いわゆる「集音器」で「補聴器」ではない。

ボクが話す音も大きく拾うので違和感があるし、いろんな雑音も拾う。
ボクの使い方としては「フィールドで野鳥観察」専用器具としてしばらく
使ってみようと思う。

今日は他に宅急便が届いた
島原に住む甥っ子が作っている「うりぼう」というスイカ
3P6220003-1-2.png


千葉に住む高校時代の友人から毎年届く山形産のサクランボ
4P6220005-1-2.png


ありがたいことだ。




天気晴朗なれども・・・

朝から上等天気、久しぶりに鳥弁を持って意気揚々と出かけたが
見事に返り討ちにあった。

贅沢は言えない。
山道で出会った野鳥に相手をしてもらう。

メジロ
1P2222492-1 (640x427)


ツシマコゲラ
2P2222500-1 (640x426)


ヒヨドリ
3P2222585-1 (640x427)


距離は2mほど、睨み返された
4P2222564-1 (640x427)


車の中で久しぶりの鳥弁を食べて1時間ほど探鳥したが
鳥の動きがなかったので撤収した。

変形性頚椎症で野鳥観察中も右肘の上腕部と肩に痛みがある。
痛いのを我慢してカメラと双眼鏡を首からぶら下げている。
いいことはない。

ネットで検索すると、変形性頚椎症は「整体」には向かないとある。
以前、右肩が上がらなくなり病院では「肋間神経痛」と診断され、
今回と同じように鎮痛剤と筋肉をヤワラゲル薬が処方された。

その時に知人の紹介で「整体院」に行った。
背骨や他の骨が曲がっていると。
30分の施術で痛みが取れ、3日間の施術で完全に痛みが取れた。

そのことを思い出し電話すると3時半の予約が取れた。

整形外科の診断結果を話しとあと、施術をうける。
明日の午前中の予約をして帰路に就く。
帰りの車で痛みがない、ことを確認しながら帰路についた。

今、パソコンで画像処理や原稿を打つ作業をしているが
さほど痛みを感じない。

天気は晴れたが右肘と肩の痛みが酷いので、波高し!・・・か。









新型コロナ感染症

雨の合間をぬって近場を周ったが相変わらずの閑古鳥。
近場がだめなら遠出も考えたが、鳥友のブログを見ても閑古鳥ばかり。
昼食を食べて午前中と同じコースを巡回したが・・・

毎日午後3時20分に市の防災無線で新型コロナ感染症情報が放送される。
鳥観を終わり家に帰りつくと「新型コロナ感染症が出たよ~」と相方が言う。

早速、市のホームページで確認すると
佐世保市在住の会社員が15日に対馬に出張し、16日に陽性が確認されたという。
その会社員がどれだけ対馬で行動したのか?
新たな感染者が出なければよいが。

我が家の玄関横に咲くベルガモット
P6170001-1-1 (577x432)


ハクウンキスゲ、これは種から育てた
P6170003-1-1 (577x433)


まだ蕾のオウゴンオニユリ、農協ストアで購入した苗を植えた
P6170006-1-1 (577x433)



明日は久しぶりに鳥弁を持って鳥観に行こうと思う。
山道は3蜜もないし・・・・



区長の仕事

毎月15日は市の広報紙が届く。
ボクの地区は81世帯を5班に分けているので、各班毎の部数に分けて広報誌を紐でくくる。

ここまではいつもの作業だが、今日は生憎の雨が降っている。
1P6150002-2.jpg

留守宅用に、ビニール袋で広報誌を包み雨に濡れないように備えた。
2P6150003-1-1.jpg

昼食後、小雨になったので各班長さん宅へ配布した。

午前中は所用があったので久しぶりに早朝鳥観に行った。
昨夜のうちに相方に早朝鳥観の話をしていたら、
これまた久しぶりに相方も行くという。

近場だから6時半に出発した。
所々で車を止めて探鳥、相方には聴こえるオオルリ、キビタキ、サンショウクイの鳴き声が
ボクには聴こえない。

相方は「いい声で鳴いているねぇ」とご満悦。
時間になったところで撤収、撮れたのはツシマコゲラのワンシーンのみだった。
3IMG_2442-1.jpg

4IMG_2453-1-1.jpg

久しぶりの

天気予報をネットで見ると晴れマークが並んでいる。
外に出ると久しぶりに青空がみえた。

最近は近場を周るので鳥弁は無し、水だけ持って出発。
途中で正ちゃんの愛車が道路脇に止まっていた。
状況を尋ねるといつもの返事が返ってきた。

しばらく正ちゃんとミセスと3人で周辺を探鳥したが
相変わらずの閑古鳥状態なので撤収することに。

自宅へ戻るダムの周回道路で鳥影を見た。

なんとオオルリが目の前の枝に止まった。
1P2211824 (640x393)

ファインダーから見えるオオルリは、口を大きく開けて囀っているが
その美しい歌声はボクの耳には届かない。
2P2211850 (640x425)

3P2211912 (640x427)

4P2222063 (640x425)


聴こえないならと近くの枝に移ってくれたが・・・
5P2222069 (640x431)

6P2222121 (640x429)

聴こえないなら行くよ!と視界から消えた。
データを見ると5分間は相手をしてくれたことになる。

オオルリが飛び去ったすぐ後にサンコウチョウが姿を見せた。
7P2222136 (640x427)

8P2222148 (640x396)

9P2222157 (640x421)


メスタイプだったがこの周回道路でサンコウチョウが確認できた。
明日も晴れマークが出ている。

それにしてもソフトバンクは勝てない、ヤクルトに3連敗とは^^;



降ったり止んだり

なんとなく梅雨らしい一日だった。
朝食を済ませた後、近場を周回してみたが相変わらずの閑古鳥。
ダムの周回道路、昨年まで楽しませてくれた常連さんたちの姿が見えない。

ツシマコゲラが相手をしてくれた
P2211637-1.png

P2211646-1.png

カワラヒワが路上で採餌中
P2211671-1.png

P2211741-1.png


閑古鳥ばかり、鳥観は辛抱しなさいということだろう・・・

2年ぶりの

朝から雨だったので自宅でアレコレして時間を過ごす。
昼食をとった頃、少し小降りに・・・
タイミングよく正ちゃんから「加志の田圃にクロハラアジサシがいるよ~~!」

クロハラアジサシは2年ぶり、現場に到着すると正ちゃんとミセスが撮影中だったので
すぐに仲間に入れてもらった。
1P2211518-1.jpg

2P2211621-1.jpg

3P2200790-1.jpg

4P2211612-1.jpg

5P2200893-1.jpg

撮影中は雨が上がってくれた。
かなり近くを飛んでくれたが、ほとんどがボケボケ画像を連発した。

雨が上がるなら一眼レフを持ってくればよかつた・・・と反省。
防湿、防滴のミラーレスでは「飛びもの」に追いつかない(ボクの技術的な問題だが)

2年ぶりのクロハラアジサシはサービスがよく、楽しく観察できた。
正ちゃんに感謝・感謝

変形性頚椎症

先週の金曜日の午後、右肘と右肩に激痛が、市販の鎮痛剤を飲んで土日を
何とか過ごした。
月曜に整形外科を受診し、首のレントゲン写真を10枚ほど。

「頸椎が変形して軟骨がトゲのように出て神経を圧迫しています」
「鎮痛剤と湿布薬を処方します。2週間後にまた来てください」

「何か予防方法とかありますか?」

「ありません。前かがみの姿勢を長くとらないこと、パソコン作業は休みながら・・・」

鎮痛剤は朝と夕の食後に服用。
夜は右肘が痛く眠れなかった^^;

昨日になり痛みを感じなくなった。
それまでは左手でマウスを操作し左指でキーボード入力、
右利きのボクには大変な作業だった。


今日の午前中、久しぶりに近場で鳥観、相変わらずの閑古鳥。
辛うじてサンコウチョウが相手をしてくれたが
遠くて高い木の枝を飛び回り落ち着かない子だった。

1P2200446-1.jpg

2P2200463-1.jpg

3P2200467-1.jpg

4P2200476-1.jpg

5P2200493-1.jpg

クリーン作戦

今日は年一回の地区内清掃の日、区長として初仕事・・・
地区の皆さんのお蔭で事故もなく無事に終了、綺麗になった。
初仕事といっても、何もしていないが。

清掃前
1P5310002 (640x429)

清掃後
2P6060005 (640x411)

清掃前
3P5310003 (640x445)

清掃後
4P6060006 (640x466)

清掃前
5P5310005 (640x425)

清掃後
6P6060007 (640x425)

清掃作業の様子
7P6060002 (640x404)

明日も晴マーク、。。。。

コウコモ

集落の畑にコウコモが植えてあった。
植えるというより「差し芽?」、親芋から伸びたツルを適当に切り
地中に埋め込み根を張らせ、秋には立派なコウコモなる。
1P6040002 (640x439)

対馬では薩摩芋のことを「コウコモ」、「コウコイモ」と呼ぶ。
漢字を当てると「孝行芋」、親孝行の芋。
「こうこういも」が「コウコモ」、「コウコイモ」になった(らしい)

新対馬島史(昭和38年)によると
享保17年(1732)に西日本一帯をおそった飢饉は惨禍が大きかったが
対馬では餓死者が出なかったという。

正徳5年(1715)、久原村の原田三郎右衛門が薩摩からその種を
求め帰ったのが「対州孝行芋」の起源であると。

高1の時のクラスメイトに久原出身で下の「右衛門」がない名前の友がいた。
彼に再会したのは姫路城の夜桜を観ながらの古稀同窓会の席で
実に54年振りであった。
今は関東に住んでいる・・・元気にしているだろうか?

2015年11月に開催された「こうこも祭り」の一コマ。
2IMG_1 (640x432)


因みにお隣の国、韓国では薩摩芋のことを「コグマ」と呼ぶ。
対馬の「こうこも」、「こうこいも」転じて「コグマ」になった。
このことは韓国人も認めている。


今日の鳥観は、雨上がりの豆酘埼を目指したが・・・

ミサゴ
3P2199844 (640x427)


ホオジロ
4P2199974 (640x427)


浅藻でピューパさんと情報交換、内院のセイタカシギ
5P2199985 (640x426)


シジュウカラは今頃巣材?補修用か
6P2200040 (640x427)


コシアカツバメが羽繕い中
7P2200137 (640x425)


睨まれた
8P2200140 (640x426)


ツバメ
9P2200197 (640x427)


一昨年の5月1日、この木にヒメカッコウが止まった
ボクでゴメンネと
10P2200227 (640x422)


同じ木の川側にスズメの子
11P2200331 (640x407)

カラスが木を揺らすので「揺らさないで~~」と言ってるみたいだ。

6月1日

今日から六月、月並みな言葉だがツキヒが経つのが早い。
当たり前だが24時間が一日という単位なのに、だ。
我が家のカレンダーに「水無月」とある。
1P6010009 (640x416)

「水無月」の語源は諸説あるようだ。

明日は終日、所用があり鳥観が出来ないので
今日は8時前に家を出て近場を中心に探鳥した。
結果は、野球の打席に例えると4打数4三振、しかも全て三球三振?だった。

料理に例えると「高級なフレンチレストラン」を探しているわけではない。
「ラーメンかうどん定食」で上等。なのに。

春夏秋冬、ここにくると何故か写真を撮りたくなる
2P6010007 (640x428)

こちらの民家の屋根には昔ながらの「そらまど」があった。
3P6010012 (640x452)


ボクの生家にもあった。
鎖かチェーンみたいなもので開閉できた、と思う。
今、ボクが住む家にも居間とダイニングキッチンに取り入れた。
今は「天窓」と言うらしい。雨の日でも明るくてよい。

居間の天窓
4P6010001 (640x448)

ダイニングキッチンの天窓
5P6010002 (640x466)


野鳥観察の最初と最後の場所はダムになることが多い。
少し前から芝生広場で工事が始まった。
6P6010013 (640x476)

7P6010015 (640x438)

今日は勇気を出して工事関係者に内容を尋ねてみたら
「建物」みたいなものが出来るらしい。
発生土(掘削した時にでる土のこと)の仮置き場は
毎年ノゴマが入るツツジの植え込みの前、土は片づけるとはいえ
建物?がどう影響するか、来春にはわかるかも。

相方は裏山に営巣しているトンビと仲良しで今日は雛を確認した(相方の画像)。
8IMG_9197 (640x458)

裏山のトンビに「チング」と名付けている。
チングは韓国語で友人のことだが、対馬では親友のことをチングと呼ぶ。

画像のオシマイは昨日、ドラモリの抽選でゲットした数々。
9P5310007 (640x448)

5回の抽選で2回の当り、5打数2安打(*^_^*)
ハズレでもポケットティシュがついてくるのでハズレ無しがありがたい。


プロフィール

テマドハルベ

Author:テマドハルベ
団塊世代、後期高齢者3年目です。
花鳥風月、なんでもありのブログです。

ようこそおいでなさいました
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR