fc2ブログ

野鳥が好きな木の実!

2月最後の日、午後から天気が良くなったのでベイパークまで
ゲンカイツツジの咲き具合を見に行った。
コンパクトカメラをポケットに入れ、一応?!野鳥撮影用のカメラを肩に担いだが
双眼鏡は持たなかった。

陽当たりの良い場所のゲンカイツツジが咲いている。
11P2280006 (640x365)

このベイパーク,ゲンカイツツジの満開時は多くの花見客が訪れる名所。

附近を散策していると近くで木を叩く音がした。
どんぐり系の雑木が多くあるので「コゲラ」だろう!
と、決めつけてしまういつもの悪い癖が出そうになった。
逆光線の上、双眼鏡は車に置いてきている^^;

野鳥撮影用のカメラで確認すると、なんと!
アカゲラが木を突いていた。
シャッターを押し続けた・・・
1IMG_9358 (640x458)

2IMG_9359 (640x413)

3IMG_9405 (640x427)

少しでも順光側へと、欲を出した途端に飛ばれてしまった。

時間をかけて周辺を探したが見つからず、諦めて駐車場へ戻る途中に
先ほどアカゲラがいた近くのハゼの木に鳥影がある。
またしても逆光のアカゲラを連写、連写・・・・
4IMG_9622 (640x457)
5IMG_9580 (640x447)
6IMG_9661 (640x427)

すぐにシロハラが飛んできて、アカゲラは退散した。

順光側の斜面を登り、切り株に腰を下して待つことにした。

断続的だが、アカゲラを待つ間にハゼの実を食べに
コゲラ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキにヤマガラがやってきた。
野鳥たちにとって「はぜの実」は栄養価が高い貴重な餌なんだろう。
7-1IMG_9802 (640x442)
7IMG_9713 (640x427)
8IMG_9769 (640x427)
9IMG_9778 (640x428)
10IMG_9798 (640x427)

かなり辛抱強くアカゲラを待ったが、三度目の正直はなかった。
ボクとしては珍しく午後3時半まで現場にいたのに^^;

1月に豆酘の神社で見たアカゲラも♀で今回も♀だった。

今日は大潮、地元の方が磯で「牡蠣うち」をしていた。
12IMG_9455 (640x416)

浅茅湾の牡蠣は小粒だがとても美味しい。
最近は市場に出回らないので、食べることは叶わないが
ず~~~と昔に食べた味が頭の隅にこびりついている。


スポンサーサイト



イソヒヨドリには磯が似合う

暴風警報が出てフェリー、高速船は欠航、飛行機は朝一だけ就航し後は欠航。
朝の内に雨はやみ昼から薄日が射してきたが、相変わらず風は強い。
明日が満月、大潮の干潮時間に洲藻川の干潟に向かった。

干潟に行く前にホオジロ類のポイントに行くと
カシラダカがホオジロの夫婦?と一緒にいた。
8IMG_8405 (640x427)

9IMG_8431 (640x427)
先日もいたので同じ個体だろう。


干潟へ向かう
ここは数少ない干潟でカラシラサギやヘラサギ、クロツラヘラサギの実績がある。
何故かシギチ類は見たことがない(ボクは)

カルガモが数羽、アオサを食べているのを眺めていたら
イソヒヨドリの♂が遠くの護岸の上にいるのが見えた。
1-1IMG_8485 (640x427)

車を前に進める前に彼の方からボクの方へ遊びに来てくれた!
1IMG_8752 (640x427)

2IMG_9068 (640x405)

3IMG_9106 (640x427)

4IMG_9162 (640x427)

5IMG_9177 (640x427)

6IMG_9253 (640x427)

7IMG_9297 (640x427)

イソヒヨドリ(磯鵯)は、やはり磯にいるのが良く似合う。

コノツクコ2種

午前中から午後にかけて所用があり、近場の洲藻へ様子を見に行く。
今にも降り出しそうなドン曇り、遠くの電柱にチョウゲンボウがいた。

いつものコガモ夫婦がいたので相手になってもらう。
車を停めると♂の方は「またうるせ~のが来た!」とスタコラと川の中へ
1P1877587 (640x414)
2-1P1877594 (640x427)

♀・・・「あ~~た、大丈夫。この人、ワルモンじゃないヨ!」
2-2P1877638 (640x427)

お出かけ前の毛繕いを始めた
2P1877647 (640x426)
3P1877628 (640x427)
4P1877720 (640x427)

身だしなみを整え、いざ出発。女性はツヨイ!
5P1877625 (640x406)


河口には一昨日もいたコサギが漁の真っ最中だった
片足で器用に使い小魚を追い出し、すかさず捕獲していた!
6IMG_8181 (640x427)
7IMG_8287 (640x427)
8IMG_8182 (640x427)

今夜遅くから明日の午前中は雨の予報だが、もう降り始めた。
さて、尾崎のオオワシとオジロワシは?

鳥見は休み

今日は所用で鳥見は無し。
その所用は午前中で終了し、若手の二人と昼食タイム。
このところ鳥弁が続いていたので久し振りの外食となった。

「うどん茶屋」は店休日の札?が風に揺れていた。
そこで空港近くの「肴や えん」へ

先月は「カキフライ定食」を食べたので今日は「天ぷら定食」を注文した。
若手の二人は、迷った挙句「あなご天ぷら定食」を頼んだ。
二人が言う・・・「何日かここへ通い、あれもコレモ食べたい」と。

天ぷら定食
1P2240003 (640x473)

ご飯の量がボクには多い。
いつも半分しか食べないので「ご飯は半分でお願いします!」
と言うのを今回も言わず、残すことに。
お店の方に悪い、次回は必ず伝えよう!


21日の豆酘埼の様子
この日は風が強く、神社も豆酘埼も鳥たちの姿はなく
コンデジで風景や植物などを撮ってみた。
2P2210001 (640x381)

3P2210005 (640x480)

4P1877400 (640x427)

5-1P2210010 (640x480)


この後、再度神社に行き「オオノスリ」と出会うことができた。
風景や植物などと遊んだ時間が「出会い」のタイミングと合ったのかも?

くどい様だけど21日のオオノスリを
6IMG_6038 (640x427)

7IMG_6085 (640x427)


オオノスリを激写した後、興奮を鎮めながら遅めの鳥弁タイムは
板形海水浴場で、駐車場にはヤブツバキ「玉の浦」が咲いていた。
8P2210023 (640x416)


今日のモデルたち

鳥友のブログを見ると昨年、オジロワシが最後に確認されたのが
2月22日だった。

その22日の昨日は、オジロワシとオオワシが大サービスをしてくれたので
今日も期待半分、諦め半分で尾崎へ向かった。
餌やりのローテなのか祝日で休みなのか分らないが
作業をする船の数が少ない。
結局、今日は現れなかった。
渡去した?かも。。。ということで皆さん、撤収。お疲れ様でした!


今日のモデルになってくれた子たちを撮影順に
3枚目まで尾崎で撮影した

海水に潜水して結膜炎にかかった?ハジロカイツブリ
1IMG_7626 (640x427)

クロサギ
2IMG_7653 (640x427)

ウミアイサ♀
3IMG_7672 (640x417)


洲藻川でオオバンの採餌
4IMG_7726 (640x427)
5IMG_7735 (640x427)
6IMG_7746 (640x427)

洲藻川のカイツブリ
7IMG_7771 (640x427)

洲藻川のキンクロハジロ
8IMG_7805 (640x427)


洲藻川 コサギの漁はハデ!
結構な確率で小魚をゲットしていた
9IMG_7916 (640x390)

アラッヨ!と飛んで
10IMG_7931 (640x427)

頭を突っ込み
11IMG_7933 (640x414)


明日は所用で鳥見はなし、明後日から天気は下り坂とか
雨の日は未整理の画像処理でもしよう・・・と思う。

オジロワシにオオワシに鶴の舞まで!

北部の佐須奈に所用があり、ツルが降りているかもしれない佐護は途中なので
早めに家を出ることにした。
久し振りに相方も一緒の長旅?

塩田の田圃には親子と思われるマナヅルが3羽いただけだった。
ビニールハウスがある農道に車を入れて撮影を始めた。
1IMG_6636 (640x427)

親鳥から少し離れた所にいた幼鳥らしき子が、
いきなりパフォーマンス!(準備OKと親に伝えているのかも?)
2IMG_6644 (640x450)

そして「お粗末様でした!」と、ご丁寧に挨拶までしてくれた。
3IMG_6653 (640x427)

親子の旅立ちを見送る時間はない。

佐須奈で所用を済ませ一旦、自宅へ戻り尾崎を目指した。

尾崎の駐車場には正ちゃんご夫妻が・・・
「先ほどオジロワシが飛んだけど。オオワシはいないヨ」とのこと。


本命登場までミサゴやアオサギ、カモメなどに遊んでもらった。

本命は・・・まずオジロワシが登場した。
4IMG_7022-2 (640x427)

5IMG_7024-2 (640x456)

6IMG_6909-2 (640x444)


そしてオオトリは、やはりこの子だった
7IMG_7318 (640x427)


8IMG_7407 (640x427)

9IMG_7451 (640x427)

10IMG_7458 (640x427)

11IMG_7438 (640x449)


今日の走行距離は所用で135Km、鳥観(見)で30Kmと
久し振りの長距離運転だったが疲れは感じない。

明日もまた尾崎詣で・・・

今日は南へ

ここ暫く南方面を覗いていないので
久し振りに豆酘~浅藻~内院のコースを周ってみた。

途中、anyanさんに会い情報を聞くと「なぁ~~にもイマセンデシタ!」

めげずに神社から探鳥を始めたが、情報どおり・・・・

豆酘埼も・・・

再度、神社へ向かう・・・カメラが肩に食い込む。

神社を後にしてすぐ、上空を舞うノスリがいた。
カラスに追われ見失った。

ここで諦めるのが今までのボクだが、赤米神田の道路横に停車し
周囲を見渡すと遥か遠い杉の木に止まっていた。

デジタルズームで約1600mmの画像
1-1-1P1877499 (640x427)

今までのボクだったら証拠写真で満足!するのだが
しかし毎朝、鳥弁を準備してくれる「相方」に土産を持って帰りたい^^;

順光側の農道に周り、止まっていた杉を見たがイナイ。
ここで諦め、今までのボクに戻り、Uターンした途端に
フロントガラスにノスリのアップ姿が写ったので
慌てて下車し、飛翔姿を追いかけた
1-1IMG_6084 (640x427)

1IMG_6072 (640x427)

2IMG_6071 (640x427)

3IMG_6108 (640x427)

4IMG_6164 (640x427)

5IMG_6085 (640x427)

6IMG_6165 (640x427)

7IMG_6208 (640x445)

多分、オオノスリだと思う。オオノスリであってほしい。

オオノスリとは違っていたとしても、ノスリの飛翔姿を間近で見て満足した。


豆酘を後にして浅藻へ

八丁郭の耕作放棄地の水田跡にタシギが2羽いて、
近いのに警戒することもなく、パフォーマンスも見せてくれた。
8IMG_6555 (640x427) (2)

9IMG_6580 (640x427)

10IMG_6497 (640x427)

浅藻の次の内院も寂しい。


そして久和はスルーして帰路へ。


今日は2012年に94歳で亡くなった母の命日
夕方、近くに住む弟が来て二人で酒飲み。。。
珍しく遅めの更新となった


「出かけないことには、出会いはないとヨ!」
と、言う相方の言葉が身に染みた一日だった(✿◡‿◡)




マナヅルを見送る

昨夜、ツルが降りたと情報をいただき佐護へ。
自宅から佐護まで約60Km、ガソリンを補充しなければならない。
GSの営業は7時から、開店を待って7時10分に出発した。

大船越を過ぎた辺りで朝陽が山影から顔を出しているのに気づき
平瀬原に寄り道して元旦以来の「朝陽」を拝んだ。
1-1P2200003 (640x480)

ここ平瀬原は初日の出の名所?でもある。
なんでも今年は近くのペンションで無料のコーヒーサービスがあったと聞いた。

現地には既にスタンバイの鳥友、まだ飛び立つ気配はないらしい。
こちらは尾崎のオオワシで「待つ」のには慣れている。

塩田の田圃にはマナヅルだけではなくナベヅルもいた。
ナベヅルの方が数は圧倒的に多い。マナヅル14羽?、ナベヅルは50+・・・・
1IMG_4829 (640x427)

上の写真を撮ったのが8時28分、のんびり餌を啄んいる。

まだ飛びださない!だろうと、車の中で待機していたら
マナヅルに動きがあり、飛び出しは突然始まった。
2IMG_5459 (640x427)

3IMG_5604 (640x431)

4IMG_5655 (640x427)

5IMG_5689 (640x427)

青空に出るまでの画像は全て背景にピントをとられていた(反省!)


田の浜を経由して帰ることにした。
中山の集落に入る途中の杉林にマヒワの群れがいた。

田の浜の池にはホシハジロ
6IMG_5967 (640x421)

7IMG_6003 (640x471)

ホシハジロは2005年4月、湯ったりランドの池で見てから
実に16年振りの再会となった。

ウメジロウ

梅の花が咲くこの時期に野鳥がらみで撮りたい鳥がメジロ。
「ウメジロウ」と呼ぶ、ラシイ。

今季はなかなかその機会がなかったが、やっと今日、ウメジロウに出会った。
1IMG_3977 (640x427)

2IMG_3999 (640x425)

3IMG_4000 (640x399)

4IMG_4035 (640x472)

ウメジロウの他にシジュウカラもいたが撮らせてくれなかった。
シジュウカラの梅がらみは何と呼ぶのだろうか?

順光側のモズは洲藻で
5IMG_4063 (640x426)

逆光側のモズは加志にいた
6IMG_4102 (640x409)

尾崎のオオワシはまだいた。
今日の現地は南西の風3Mという予報だったが、
風の質は冷たく身体は3M以上に感じた。

今日も数回、飛んでくれた。
太陽を背にして近づいてくるので、どうしようもない。
太陽から離れ、近くを飛ぶときは「ケツウチ」になってしまう。
7IMG_4495 (640x427)

昨日と同じ様な画像になった

明日の天気予報を見ると「西南西の風6M」になっている。
止まり木のある場所は風裏に当たるが、
さて、どうしよう?

オオノスリにオオワシも!

午前中に所用を済ませ、かなり遠回りになるが椎根経由の帰路を選択した。
昨日のオオノスリは逆光の上、強風が吹き確認だけみたいな画像になった。

午前中の光線は順光、風は治まってはいないが昨日よりはマシ。
案の定、昨日にいた付近の木の枝に止まっていた。
1IMG_2502 (640x427)

数枚撮り、設定を確認して再び目を向けるとイナイ!
アワテマクッタ(*^_^*)

見つけた時は旋回しながら高度を上げていたが、高度を下げて木の枝に止まった。
先ほどより距離は遠くなったが、背景がすっきりしている場所に止まってくれた。
2IMG_2569-2 (640x427)

3IMG_2635-2 (640x429)
図鑑によると「虹彩が淡黄色は幼鳥」とあった。
1枚目と2枚目に「淡黄色の虹彩」であることが分る。


今日は久し振りに自宅で昼食をとる。
相方特製のチャンポン、美味しかった!

気温は相変わらず低いが風の勢いは少し治まったように感じる。

ならば!
ならば尾崎を目指すしかない!

現地到着時間12:55、先着の正ちゃんご夫妻とIさんによると、
1回目のお披露目が終わったばかりだという^^;

ところが今日のオオワシはサービスが良く、
撤収する14:30頃まで、数回にわたり優雅な舞姿を見せてくれた。
4IMG_2806 (640x451)

マグロの餌を「ワシヅカミ」にしている
5IMG_2873 (640x440)

すかさずトビが後を追うが
8IMG_2961 (640x453)

ニアミス寸前まで、いわゆる「寸止め!」、獲物を奪う気は無いミタイ
9IMG_3094 (640x427)

真上を通過した
10IMG_3224 (640x427)

時々、僕たちがいる護岸の真上を飛んで行ってくれるが正直、迷惑だ!

撮影者は、ほとんど後期高齢者?(ボクはまだあと1年ある!)
背筋が持たない^^;

護岸の波返しに背中を預けるので「真上からある程度の逆エビ?」までは
かろうじてなんとかなる。

そして何より、オオワシの魅力の一つでもある背中の白が見えない。

願わくば、60度仰角くらいで近くを飛んでもらいたい!

オオノスリ

朝起きて外に出ると粉雪が舞っていた。
予報では☀マークだが西北西の風が8Mと出ている。
天候を見ながら雪が止んだので、いつもより遅い時間に出発し、いつものように
洲藻からチェック。

昨日のカシラダカはいなかったがノスリが近い場所に止まっていた。
公衆トイレの陰に隠れてレンズを向けると、やはり気づかれてすぐに飛ばれた。
1IMG_2270 (640x444)

途中のポイントをチェックしながら尾崎へ。
途中から雪が降り始めた。
対馬では降雪は珍しいが積もることはあまりない。

駐車場には正ちゃんの車
「止まっているよ~~!」とのことだが、風があまりにも強く
外に出ると立ってはおれない!

今日は観察場所に行くことなく車中で鳥弁タイム。

・・・トイレから戻ると正ちゃんが手招きしながら「ヤツガシラがいるよ」
強風のグランドで採餌中のヤツガシラ、今年になって2度目だ
2IMG_2338 (640x453)

3IMG_2330 (640x442)

12時半を過ぎて雪がひどくなってきたので撤収することにし
椎根のオオノスリを見に行くことにした。

オオノスリはいたが逆光線のうえ海から吹きつける風が強い。
車の窓からレンズを向けるが、強風で煽られ的が絞れなかった。
やはり洲藻のノスリに比べ大きい!
4IMG_2411 (640x427)

5IMG_2414 (640x427)

明日まで天気は悪いという。
さて、どうしようか・・・・?

カシラダカ

絶滅危惧種のカシラダカ、先週の土曜日に洲藻のポイントにいた
カシラダカ(♀)は、今朝もホオジロと一緒に行動していた。
1IMG_1884 (640x427)

2IMG_1887 (640x427)

3IMG_1890 (640x427)

シマアオジを始め、ナンデンカンデン「健康に良い!?」
と、思い込んだ「あの国」の人々が乱獲し食している、と。
コウモリを食べたのが始まり?
と、される新型コロナウィルスも。。。。

本命のオオワシは定位置の止まり木にいる。
9IMG_2240 (640x415)

飛びそうにないので、今日も鳥弁の早飯し。

今日は食べるスタイルを変えてみた。
なんてことはない、普段は車中で食べるのを
観察場所の「浪返し」の上をカウンター代わりに、海を眺めながら食べただけのこと。

「イルカが」と、正ちゃんの声がした。
海の方向を見ると5、6頭のイルカが湾の中に入ってきた。
オニギリを持つ右手をカメラに持ち換えて・・・
4IMG_1893 (640x427)

5IMG_1912 (640x427)

肝心のオオワシだが、相変わらずの愛想無しで飛ぶ気配がない。
午後から通信使さんご夫妻が観察者に加わった。

鳥弁の後、マッタリしているとオオワシに動きがあった。
「あちら! アチラを飛んでいる!」という正ちゃんの声で
マッタリから覚醒した。

順光側の大空を悠々と飛翔するオオワシ
IMG_2036 (640x427)

6IMG_2037 (640x428)

7IMG_2040 (640x443)

この日、いちばん近くを飛んでくれたが腕が未熟で対応できなかった^^;
いわゆる「ケツウチ」のうえ、ピンアマ^^;
8IMG_2148 (640x427)


パソコンに画像を落としていつも思うことだが
「撮れたけど何か物足りない!」ということ。

その気持ちが「ヨシ、明日もまた」という気持ちにさせるのだろうか・・・

良い「絵」は撮れなくてもよい
(ホントは撮りたい!のにネ)
「明日もまた来よう!」
と、思わせてしまうのが「オオワシやオジロワシ」の魅力なのかも。

もうすぐなのか、いつになるのか分からないが
彼らが北国へ渡去するまで尾崎詣でが続く。

明日の予報は西北西の風8M、気温は上がらないそうだが。

正ちゃんによると
「月・水・金」はマグロの餌やりが多いという。
明日はその「水曜日」だ、期待してしまう(*^_^*)




久し振りのマガン

ここんところ雨さえ降らなければ鳥観に行くのが日課になった。
「な~~んにもオラン」と分ってはいるが、出かけなければ
出会いはないと、自分に言い聞かせて自宅を出る。

洲藻の集落の奥の木の枝に止まっている白っぽい鳥がいた。
1IMG_1797 (640x427)

「オオノスリ!」かもと、まずは証拠写真を数枚撮ったところで
後続車が来て先に進み飛んでしまった。
暫く探したが見つけることが出来ず、オオノスリかどうか分らない。
多分、普通のノスリの白っぽい個体だろう・・・?と思う。


今里の田圃の電柱にチョウゲンボウが
2IMG_1833 (640x427)

県道からは逆光なので集落の細い道に回り込み
順光側から撮ってみた。
3IMG_1874 (640x427)


オオワシはいつもの止まり木にいたが飛ぶことはなかった。


南方面を探鳥してきたanyanさんから「久田にマガン」情報をいただき
尾崎から久田へ向かう。
情報どおり久田川河口にカルガモの群れと一緒にいた。
4P1866982 (640x446)
まるで自分がリーダー!みたいな行動をとっていた

5P1877018 (640x460)

6P1877035 (640x427)

7P1877114 (640x491)


マガンは2018年3月以来となる。
情報をいただいたanyanさんに感謝!



いつもの行動パターン

朝起きて空を見る。
晴れてはいるがPM2.5のせいだろうか?
なんとなく霞んだ一日の始まりだった。
このような天候ではファイトが湧かない!

まずは洲藻からチェック、洲藻川にキンクロハジロが1羽いた。
1IMG_1323 (640x444)

護岸道路からの撮影だが、警戒する様子もなく
静かな川面を上流に向かって泳いでいく。

加志川河口のガードレールにウミネコが止まっている。
道路横の広場に車を停めても動じないので、しばらく遊んでもらった。
2IMG_1366 (640x385)

3IMG_1403 (640x427)

尾崎の集落に入る前に「止まり木」があることを、つい先日に正ちゃんから
教えていただいた。
タイミングよく上空を旋回するオオワシがいた。
徐々に高度を下げ着陸(木が正解!)体制に入ったので
遠かったがカメラにおさめてみた。
4IMG_1496 (640x440)

5IMG_1501 (640x436)

止まり木に止まったまま動く気配がないので集落へと向かう。
観測場所からスコープで観たが止まってはいない。
長期戦になりそうだと覚悟を決めた。

高速で飛ぶ自衛隊の戦闘機の音ではないジェット機の音が聞こえた。
上空を観ると大型の飛行機が飛んでいる。
ANAでもJALでもない?
とにかく写してみた。
6IMG_1557 (640x453)

生憎、カメラの設定が悪かった。
パソコンで拡大すると「HL7641」という機体番号が確認出来たので
検索してみると韓国のアシアナ航空のエアバスA380-800
なんでこんな上空を飛行しているの?
更に検索すると、A380-800の画像の他に「飛行記録」の詳細があった。

韓国の仁川空港を10:50に離陸した後、半島上空の東側を南下し
対馬の上空を(正に尾崎の上空)対馬海峡に抜け
壱岐島の西の海上から済州島へ、そして半島の西側上空を飛行し
13:03に仁川空港へ着陸したという
詳細な飛行ルートなどなどの情報が分った。
便利な世の中だなァと、あらためて思った・・・・
(この時の撮影時間は11:37だった)

それにして何故?
定期便でもないのに?  飛行訓練? 

肝心のオオワシは、いつの間にか「止まり木」にいたが飛ぶ気配はない。

ウミアイサのペアが近くを泳いでいた
やはり♂にだけ反応したボク^^;
7IMG_1711 (640x426)

オオワシは、午後2時過ぎに撤収するまで数回にわたり
上空を舞ったが、今日のオオワシは遠い上に逆光線側ばかりであった。

帰路の洲藻湾には、アオサギが逆光の干潟で餌取りをしていた。
8IMG_1764 (640x427)

9IMG_1768 (640x427)

アオサ?の緑が美しいがボクのカメラワークでは
その美しさを表現することが出来ない。残念

で、今日のトリは「鳥弁」
10P2130003 (640x477)

久し振りのサンドイッチだった。
しかも「炊き込み飯」のオニギリが1個!
オニギリとサンドイッチを2個でお腹いっぱいになった(*^_^*)



獲物をゲット!

2月に入って2日から今日12日まで、雨の4日と所用があった9日を除き
お伊勢参りならぬ「尾崎参り」が続いている。

その9日間の内、止まり木にはいるのに飛ばなかった日は昨日だけ。
昨日のギャラリーは一番多いときで9人(累計)を数えたのに、
気まぐれな主役に振り回された祝日だった。

ところが今日はサービスが良く同時に2羽が舞ったり
距離は遠いが養殖筏ではなく、海にダイビングする狩りを
2度も見せてくれた。

その1回目のダイビングショーは
上空を悠々と舞っていたオオワシが突然、猛スピードで急降下を始めた。
遠いが逆光側から順光側へと光の具合は良い!

上空から海面までのスピードについていけなくて
ある程度スピードがおちてからやっと補足できた。

1IMG_0980-2 (640x423)

2IMG_0982-2 (640x427)

3IMG_0983-2 (640x426)

4IMG_0984-2 (640x427)

5IMG_0985-2 (640x426)

6IMG_0986-2 (640x427)

7IMG_0987-2 (640x427)

8IMG_0988-2 (640x427)

9IMG_0999-2 (640x427)

トリミングする前の元画像がこちら。1枚目と同じ画像(35mm換算960mm相当)
10IMG_0980 (640x423)

距離があるのでピントが甘いのは
「腕のセイではなく?機材のセイ」と結論付けた ^^; m(__)m

オオワシとオジロワシが北へ渡去するまで
暫くは「尾崎参り」が続きそうだ・・・・



オジロワシ

今日は「祝日!」
といっても、テレワークで、毎日がサンデーみたいなボクには
あまり関係ないが、休日は仕事が現役の鳥友が加わるので賑やかで楽しい。

洲藻のポイントで「ゆるるばってんさん」からアカマシコ情報!
すぐに飛ばれたということなので近場を探したが見つけることが出来なかった。

尾崎に到着した時にはオオワシは「止まり木」いなかったが
いつのまにか忍者みたいに止まっていた。

餌やりのローテーション・・・
分らないが、養殖筏の餌やりが少ないミタイ?
肝心のミサゴがいない。

主役が動かないので「エキストラ」のボクたちには出番がないまま
時間だけが過ぎてゆくばかり。

だが、今日のオサキは活気があった!
現役のバリバリ、しかも鳥のプロが二人もいた。
待ち時間にカメラ談義etc.。。。。。などなど
それなりに楽しい時間を過ごせた。

観測場所は盛り上がったが結局、主役が舞台裏から登場しそうにないので
午後2時前に撤収・解散となった。

撤収するまでの間に楽しませてくれた海鳥たち

ウミアイサ  今日は近くで見ることが出来た。
1IMG_0396 (640x427)
このところTVや新聞を騒がせている「男女・・・・」だが
ボクは雌雄いる時は、どうしても♂の方から撮るクセがある^^;  ごめんなさい
2IMG_0419 (640x427)

カンムリカイツブリ
3IMG_0383 (640x427)
近いうちに理容院へ行く予定。このツーブロック?をリクエストしてみよう(*^_^*)

4IMG_0360 (640x427)
すっきりした襟足、これもお願いしてみよう!
カンムリカイツブリ、ボクは今季、初。この子も近くで採餌していた。

駐車場で鳥友と「お疲れ様でした!」の挨拶をすませ帰路へ。

ところが、ところが

郵便局前の道路端でカメラを構えている正ちゃんご夫妻を発見。
「止まり木」のオオワシを撮っているんだろうな?・・と。

 ところが、ところが、まただ!

よく見るとお二方のカメラの向きが違う。
なんと、ナント、カメラの方向にはオジロワシが飛んでいた(@_@;)

5IMG_0565 (640x427)

6IMG_0573 (640x427)

7IMG_0576 (640x429)

8IMG_0577 (640x445)

9IMG_0621 (640x414)

車から飛び出し、お相伴にあずかったのは言うまでもない。


マナヅルの北帰行

昨日は所用で尾崎詣で無し、
で、今日は少し早めに現地に向かい「止まり木」を確認すると
待っていてくれている。

まだ養殖筏の餌撒きは始まっていないので、暫くは飛ばないだろう。
ミサゴたちも飛び交ってはいない。

風もなく気温が上がり始め「陽炎」が立ち始めた。
冷たい吹きさらしの護岸で待つよりありがたいが
陽炎はいらない!

突然、上空からツルの鳴き声が聞こえてきた。
1IMG_9421 (640x427)

2IMG_9422 (640x433)

どの方向から来たのか判らないが、旋回しながら徐々に高度を上げていった。
ここでマナヅルの北帰行を観るのは2度目になる。
暫く旋回していたが目標高度に達した
26羽の群れは朝鮮海峡の方角へと消えて行った。
3IMG_9460 (640x400)

1枚目の撮影時間が10時23分、今朝、出水を飛び立ったにしては早すぎる。
隣の島の「壱岐」だろうか?・・・

今日のオオワシは遠い上に陽炎があるうえ飛ぶ方向も悪かった。
一応、証拠写真を撮る。
4IMG_9589 (640x423)

5IMG_9689 (640x427)

久し振りにオジロワシも姿を見せたが、こちらも遠かった。
ミサゴとバトル!を始めた!
6-1IMG_0018 (640x433)

その後も執拗にミサゴを追いかけていた
6-2IMG_0022 (640x438)

少しだけ近くを飛んだが、生憎の画像しか撮れていなかった。
7IMG_0134 (640x427)

・・・で。この画像は今月3日の撮影だが、飛んだ方向と光線に恵まれれば
ボクにだって撮れるんだよ~~~と♪(*^_^*)♪と言いたかっただけ^^;
8IMG_4919-3 (640x427)

明日の予報では今日よりも気温が上がるという。
暖かいのは良いが「陽炎」はいらない。



オオワシが4羽も! (@_@;)

今日も尾崎を目指し県道に出てハンドルを右へきった。
途中の加志で正ちゃんから「オオワシ若」と「オオノスリ」の情報をいただき
周辺を探したが発見できず尾崎へと向かった。

尾崎のオオワシは12時前から飛び始めた。
写真データで確認すると、
最初の撮影が11時45分。

いつもだったらこの時間は「早いけど鳥弁タイムにしましょうか!」の時間。

第一回目のショータイムが終わったが12時15分を回っていた。

普段より少し遅めの鳥弁タイム (*^_^*)

そして2回目のショータイムは突然始まった。

「鳥弁タイム中」の鳥友3人が車からカメラを持って飛び出し、
海側へ駈け出して行く!

「エっ!?」と、遅れて負けずに「ドンクサ!」のボクも後を追ったが
遅かりし「ユラノスケ!」・・・・

だが、今日のオオワシたちはサービスが良かった。

その後も2羽が同時に大空を舞ってくれた。
あまりにも遠いので双眼鏡で美しい飛翔姿を眺めていると
鳥友のIさんが「あと1羽いる! 少し右側を飛んでいる!」
と実況中継をしてくれた。

遠いけど成長のオオワシが3羽、「国境の島、対馬」の上空を舞台に
美しい飛翔の舞をみせてくれた。

唯一、残念なのはオオワシが急降下をして養殖の筏から
「獲物をゲット」する場面があった。

獲物を持っていく姿を連射したものの
カメラの設定を間違えて「ボツ!」の画像ばかりだった。


ボクがオオワシを目当てに尾崎通いを始めたのが今月の2日のこと。
4日は雨だったのでお休み。
今日をいれて「7日間の尾崎詣で」で
オオワシが直接筏から獲物を捕る姿を初めて観た。
その一連の画像が撮れなかった。

明日は所用で行くことが出来ないが
明後日から根性を入れて第2クルー?の「尾崎詣で」週間としよう。

長々と文句をタレタが、ほとんど見ていただくブログではないので
たまたま今日、訪問されたお方には、ご容赦いただきたい。

で、今日写した野鳥たち
オオワシ~ミサゴ~ウミアイサ、そして帰路に寄った洲藻川のオシドリ

1IMG_8528 (640x413)

2IMG_8531 (640x427)

3IMG_9222 (640x413)

4IMG_9236 (640x427)

5IMG_9204 (640x441)

6IMG_9259 (640x427)

7IMG_9265 (640x427)

南から西へ

金曜日の夕方、テレビの天気予報で「日曜日は黄砂が飛来・・・」
夜が明けて空を見上げたら向かいの山がボヤー(モヤー?)としている。
・・・が、南方面へ向けて出発した。
豆酘埼に着くと駐車場には正ちゃんの車が1台止まっていた。

遊歩道は迷わず右側を選ぶ。
歩き始めてほどなく「ご夫妻」に出会い、情報を尋ねるも
「なぁ~んにも、オランヨ!」とのこと。

岬を周り駐車場へ戻り神社を目指したが、期待どおり「ナ~~ンモ、おらん!」
神社を後にして浅藻~内院で探鳥するも
鳥影なし。

「今日はここでオヒラキにしようか!」と、
「フーテンの寅さん」フウに言う正ちゃんに
「お疲れ様でした!」・・・で解散。

帰路の厳中前の信号で停車した「先導車」の運転席側の窓から
「直進合図」が出たので後に続き尾崎まで行った。

駐車場に着くや否やカメラを上空に向けている正ちゃんがいた!

やはり「持っているヒトは違う!」

駐車場の真上をオオワシが旋回しながら高度を上げていた!
1-1IMG_7497 (640x362)

1IMG_7508 (640x427)

オオワシの飛翔姿を堪能し帰路へ

昨日確認できた加志のオオノスリ、箕形の「ワカ」の姿もトーゼン無し。

洲藻川の河口で久し振りのオナガガモを連射する
エンゼルポーズもしてくれた
3IMG_7752 (640x426)

2IMG_7749 (640x427)

河口から自宅まで5分の道のり、我が家に到着。。。
と、トコロガ、目の前に「先導車」が停車し窓からカメラが出ている。
ナニ?何?、ボクの位置から死角でな~~んも見えん!

電話が鳴る、正ちゃんの声「ヤツガシラがいるよ!」
下車して「連射!」
つい撮りすぎてしまった。
4IMG_8119 (640x432)

5IMG_8089 (640x431)

6IMG_8137 (640x429)

県道のすぐ横、歩道があるとはいえ、かなりの交通量がある。
随分と長い時間、楽しませてくれたヤツガシラだった。


オオワシ若!

昨日のオオノスリがまだいるかも?
と、鳥弁持って早めに出発した。
はやる気持ちを抑えつつ、いつものように洲藻川の河口から上流まで
巡回したが、ナ~~ンモオランことを確認しただけ。

箕形の集落に入る手前の県道の電柱の景色が、
いつもと違うことに気が付いた。

ナント、オオワシが電柱に止まっていた。
しかもワカ!みたい。
路肩に車を停め、運転席の窓を下してまずは証拠写真を撮った。

1IMG_6656 (640x427)

2IMG_6731 (640x414)

3IMG_6685 (640x423)

4IMG_6725 (640x408)

5IMG_6840 (640x477)

飛びそうにないので車を安全な所に停めて車外に出た。
久し振りの「ダルマさんが転んだ!」を繰り返しながらの連射した。

ド・アップ!
6IMG_6731-3 (640x429)

暫くして真下を車が通過すると、シーカヤックの艇庫の方向へ飛んで行った。
飛んだ方角の堤防沿いに車を進めるとログハウス前の電柱にいた!

7IMG_6915 (640x400)

8IMG_6918 (640x435)

先月の24日にanyanさんが加志川の護岸にいたオオワシ若を撮っている。
同一個体かどうか分らないが、オオワシ若!

anyanさんの写真を見た相方が言う
「こんなんが撮れたらいいねぇ!」
ボク・・「100万べん行ったッちゃ、撮れんるもんネ!」

まさか、その100万の1の奇跡が今朝、ボクの目の前で起きた! (@_@;) 
そしてオオワシ若はトンビに追われ、吹崎方向の山影に消えた。

さて、オオノスリだが
加志に到着すると間もなく昨日と同じ川沿いの木の枝に飛んできたが、
カメラを向ける前に飛ばれた。
飛んだ方向の門扉が今朝は開いていたので農道へ車を入れると
またまた、トンビに追われて海上に飛んでいくところだった。

余談だが・・・
ボクは、トンビが一番弱い猛禽類?との先入観があった。
いつもカラスにイジメラレテいる姿しか目にしないし。
格付けの見直しが必要になってきた。

オオノスリ
9MG_7110 (640x427)

10IMG_7133 (640x427)

尾崎のオオワシの観察ポイントでは
今日も午後1時過ぎからサービスタイムが始まった。
2羽が同時に飛翔したとのことだが、ボクは1羽しか確認できなかった。

明日は久し振りに南方面へ


「オオがつく2種!?」

朝一で所用を済ませ今日も尾崎へ向かう。

先着の正ちゃんご夫妻の「止まっているよ~♪♪」で元気が出る。

カメラで「止まり木」を確認、AM11:23の撮影(600mm→960mmリサイズのみ)
白くポツンと見えているのが止まり木のオオワシ
1IMG_5927 (640x424)

・・・で、いつものように飛ぶ気配が無いので今日も「早めの鳥弁タイム」

鳥弁タイムが終わり、撮影ポイントでマッタリしていると
止まり木を観ていたミセスの「飛んだ!」の一声で
ヤル気マンマン!

今日の画像は全て、思い切り「トリミング!」してみた
2IMG_6156 (640x399)

3IMG_6303 (640x382)

4IMG_6309 (640x456)

5IMG_6310 (640x410)

6IMG_6312 (640x421)

7IMG_6327 (640x423)

8IMG_6353 (640x443)

帰路の加志川沿いに「多分、オオノスリ!」かも・・・

道路脇に車を停めるとすぐに飛んで田圃に降りたみたい。
獣害防止用の門扉の網目から遠い標的を禁断の1600mm!
9P1866385 (640x404)

10P1866508 (640x434)

流石に荒れた画像でピントも合いませんネ^^;
オオノスリに期待したいが、画像が悪く判別できないのが残念!

オカヨシガモ

「ヤナギノシタノドジョウ」
を狙って今日も尾崎詣で・・・・
到着してスコープをセット、「止まり木」を見ても「主」は不在だった。

ほどなく正ちゃんご夫妻が到着されたので
「今はまだ止まっていません・・・」と朝のご挨拶を。

暫くして、海上の方を眺めていた正ちゃんの「いた!」の声がした。

その方向にはオオワシが飛び、カモメが後を追っていた。

今日一日(AM10:40~PM13:50)で飛んだのはこの時だけで
あとは「止まり木」に止まり首だけを動かしていた。
オオワシのボクの画像は・・残念! すべてボツ!だった。

朝、尾崎に向かう途中の洲藻川を覗いてみた。
昨日の朝はいたオカヨシガモだが、帰りに寄った時は確認できなかった。
今朝もいてくれたが相変わらず逆光線のうえ、陽の当たらない日陰にいた。

ミラーレスの画像 9:45撮影
1P1866264 (640x425)

一眼レフの画像 9:50撮影
2IMG_5706 (640x425)

帰路のオカヨシガモ、この時は一眼レフのみの撮影 14:58撮影
3IMG_5860 (640x426)

4IMG_5919 (640x415)

この時間帯は順光というより斜光、元々オカヨシガモが「地味系」の野鳥なので
「絵」にはなりにくい・・・と、自分を納得させたり。

ウミアイサ♂は昨日の画像
5IMG_5297 (640x425)

ハジロカイツブリも昨日に撮った画像
6IMG_5629 (640x451)

7IMG_5607 (640x426)

明日は午後から下り坂の予報だが・・・



オオワシ三昧!

消化不良だった昨日のオオワシを目指して今日も尾崎へ。
道中の洲藻川にはオカヨシガモがいた。

先着の正ちゃんご夫妻に朝のご挨拶・・・
オオワシは「止まり木にいるよ!」とのことで「ヤルキ満々!」
・・・が、飛ぶ気配は無し、ミサゴや他の海鳥たちの数が少ない。
「飛ぶ前に鳥弁にしましょうか!」
と、ミセスの発声で少し早めの「鳥弁タイム」

・・・・結果的にこれが大正解!!!!
食べ終わり車外に出て「止まり木」を見上げたら飛び出した!!!
旋回しながら駐車場の真上を通過し海上へ飛んで行った

1IMG_4912 (640x427)

2IMG_4913 (640x427)

3IMG_4913-2 (640x427)

4IMG_4915-2 (640x427)

5IMG_4916 (640x427)

6IMG_4917 (640x427) (2)

7IMG_4918 (640x427)

8IMG_4919-2 (640x427)

9IMG_4920 (640x427)

10IMG_4939 (640x427)
この画像までが「鳥弁タイム」の時に駐車場上空を飛んでくれた。

その後、午後2時前に撤収するまで数回、上空を飛んでくれたが
「鳥弁タイム」の時みたいに真上を飛んではくれなかった。

オオワシが休憩中はウミアイサ、ハシジロカイツブリが相手をしてくれた。
そして今日はミサゴが餌を運ぶシーンを何回も観察できた。

明日も・・行こう!


節分

今日は節分、節分と言えば「豆まき」
1P2020002 (640x535) - コピー

子どもの頃、我が家の「豆まき」は夕食後に行われた。
祖父母、両親そして兄妹が4人の大家族?が揃うと
父がまず窓の外に向かって「鬼は外!福は内!」と大声を出しながら
大豆を撒いた。
もちろん大豆は我が家でとれたものだ。

そして部屋の電気が消され、待ち焦がれた?瞬間がやってくる。
室内にまくのは「煎り大豆」だけではない。
キャラメルを含む「お菓子類」がメイン!
撒く量が少ないから一大イベントはすぐに終わる。
そして電気がつくと、老いも若きも各々が「成果品」を自慢しあった。

節分の「豆」つながりで「豆粒」ほどのオオワシ、リサイズのみの画像
2IMG_4405 (640x427)

少しだけトリミングしてみた
3IMG_4372 (640x427)
4IMG_4650 (640x427)

オオワシの出番がないときにハジロカイツブリが
5IMG_4059 (640x426)

そして北帰行のマナヅルは芋崎の上空を17羽の群れが
6IMG_4596 (640x427)

明日は「立春」、鳥たちの季節の春が近くなってくる・・・
プロフィール

テマドハルベ

Author:テマドハルベ
団塊世代、後期高齢者3年目です。
花鳥風月、なんでもありのブログです。

ようこそおいでなさいました
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR