FC2ブログ

アカハラダカの観察

9月1日から所属している「対馬野鳥の会」の会員有志によるアカハラダカの渡りの観察
が行われている。

鳥友のブログによると昨日は6羽、確認されたとのこと。
今朝は思い立って内山峠まで行ってみることにした。

観察地点には10時前に到着した。すでに会のメンバー6人が観察を始めていたので
様子を尋ねたら朝から8羽をカウントしたそうだ。

朝鮮半島から渡って来る時間帯は、その日の風向きや風速によって左右されるが
概ね10時から11時30分の時間帯に峠の上空を飛ぶことが多い。

2000年から渡りの記録を取っている「野鳥通信使」さんのホームページに詳しい。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~nojiko/watari11.html
上記によると2005年9月16日に92,213羽の渡りが観測されているが、原因は分からな
いけれども年々減少の経過をたどっている。

今日の内山峠上空には雲が出て晴れ間は少ししかない。
多分、半島からはかなりの群れのアカハラダカが渡って来ていると思われるが、なにせ
雲の上を見ることは出来ない。

私は正午まで観察をした結果、39羽を確認した。その中で14羽の群れが一番多かった。
4時頃、鳥友から別件で電話があったので今日の結果を尋ねたら午後1時までいたが確認
出来ず、その後解散したとのこと。

14羽をカウントした時、会長の言葉が「あ~良かった。今日もダメかと思ったけんど
いい目の保養をしたばい!」という言葉が印象に残った。

観察の様子
観察

峠から見た内山の集落
内山盆地

壱岐の島が見えていました
条件が良い日には呼子や唐津が見えます
壱岐

アカハラダカの♀
2008年に相方が写したものを拝借しました
アカハラダカ ♀
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ハルベさん こんにちは~ 晴天ですが 木陰に入ると涼しい いい季節になりました

アカハラダカの名前はよく聞きますが 姿は解りませんでしたが ハッキリと解りました
出来れば 飛んでいる所も 見たいね~

皆で空を見て 首が辛そうですね 寝っ転がって見ると楽なのにね~ とくだらない事を思って・・・

3枚目の風景は 西側だと思ってましたが 東側だったんですね 勘違いしてました!

ま。。。た、、、ね !

首がコリマスです

pegaさん

こんちは~
今、8か月ぶりのゴルフの練習から帰ってきました

ハイ、写真右手の塔は海上自衛隊下対馬警備所、山と山の間に見える構造物は安神漁港の防波堤です

アカハラダカの飛びものは渡りの時(今がシーズン)にはるか上空を飛ぶので撮る気がしません ^^;
今度挑戦してみますが・・・(アタシャ、止まりものも、まともに撮ったアカハラダカはありません)

またもチンタラ…の書き込みです!

どうしてん、きちんきちんとUpされた記事に書き込みがしたい性分ですまんことです(汗)
"3年もんのカジメ"もよう捨てません(爆・大汗)。でん、ハルベちゃん、新カジメの話は、ホンキ
嬉しかったばい、おおきに…!!気持ちだけでん、どんだけ嬉しかったこつか!!
不漁だった話、大阪でも話題になりました(感)

さて、本題でございます。鳥見はようしませんが、対馬の【アカハラダカ】の記事やら話題やらが出てくると、どうしても"西山遊野さん"に思いを馳せます。
今月末で丸二年になります。いろんな廻りまわったご縁でも、こうやってアン様とアカハラダカの話ができる不思議さ。存命だったら、もっともっと対馬を愛してもらえたでしょうし、応援もいただけただろうなぁ…とつくづく思います。という事で、路地裏探検隊はグワンバルのです!!

閑話休題 アン様、鳥の数ちどうやって数えると…?昔、NHKの紅白歌合戦で観客席の紅白の数を"野鳥の会"の人達がカウントしとったような記憶があるっちゃが…??
92,213羽、どうしてそんだけの数が数えられるとか、ビックリしとります。

内院には今度こそ行ってみな行かんばい!(壱岐も死ぬまでにゃあ、一回ぐらい行ってみたいもんじゃ・笑・汗)。pegaちゃん、そん時は一緒に行こうね!

ようこそ!

河童ちゃん

いつもご来店いただき誠にありがとうございます  <(_ _)>

アハ、紅白歌合戦で野鳥の会の皆さんがカウントしてた時がありましたね~
アカハラダカのカウント方法は、時間毎に渡っていく数をカウントして合計をします
例えば、10時03分に27羽の群れが通過、10分に15羽とか・・・デス

アタシャ、よう数えきらんケ、たいがい見てるだけ~ (*^_^*)
内院は春の渡りの時期(GW前後に珍し系の鳥を見ることが出来るよ)

カジメの話はホンキにしとってイイヨ!
対馬んモンはやっぱし冬はカジメの味噌汁ですたいね
プロフィール

テマドハルベ

Author:テマドハルベ
団塊世代、もうすぐ後期高齢者。
花鳥風月、なんでもありのブログです。

ようこそおいでなさいました
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR