FC2ブログ

春の祭典が終了か?

昨日の強風で新顔を期待し今朝も鳥弁を持って豆酘埼へ行った。
が、その意気込みに反して今日も新顔と出会うことはなかった。


岬の真下で営巣しているミサゴを観ていたら
片方のミサゴが巣に帰ってきた。
慌ててカメラを向け連射した。

ミサゴ
1P1711116 (640x471)
2P1711117 (640x473)
3P1711119 (640x479)
4P1711121 (640x476)
5P1711123 (640x477)
6P1711125 (640x479)

1時間半あまり豆酘埼にいて撤収、美女塚山荘前を走行中にホトトギスの声を聴いた。
声の主を探す気にもなれず、
遠ざかる声を車内で聴いていた。

瀬の田圃ではトラクターの後に続くアマサギの群れがいた
7P1711170 (640x479)
餌を自分で探すより効率が良いのだろう、ずっとトラクターの後についていた。
牛で田圃を耕していた時代と変わらない風景。

昨日のブログで、イイジマホオジロについて記してある図鑑のことに触れた。
今朝方、いつもの時間帯に目が覚めたのでネットで「ホオジロ」を調べてみた。

ホオジロの識別マニュアルという環境省の報告書があった。

ホオジロ(Emberiza cioides)
識別マニュアル
平成23年10月
環境省自然環境局野生生物課鳥獣保護業務室

その報告書の2ページに

・・・以前は対馬と壱岐および韓国の済州島のホオジロは,
亜種イイジマホオジロE. c. ijimae という別亜種にされていたが,現在では対馬と壱岐の亜種
イイジマホオジロは亜種ホオジロに含められ,・・・・

とある。

他にも先日、対馬で話題になったリュウキュウキビタキの識別マニュアルなどもあった。
環境省の業務範囲も広いな!

鳥弁だが、遅い時間に自宅で食べることになった・・・・


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

テマドハルベ

Author:テマドハルベ
団塊世代、もうすぐ後期高齢者。
花鳥風月、なんでもありのブログです。

ようこそおいでなさいました
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR