FC2ブログ

上島へ

上県町瀬田に所用があり、佐賀から飼所へ抜ける林道経由で行くことにした。
今日は相方も助手席に同乗してくれたので期待が持てた。

林道ではサンコウチョウが鳴いていたが、姿を見ることは叶わなかった。
撮影できたのはオオルリの幼鳥、キビタキ、カワラヒワ。

1P1455574 (640x475)

2P1455695 (640x468)

3P1455668 (640x461)


瀬田で用事を済ませた後、宮原舟志線という県道経由で東海岸道路に出る!
つもりで目保呂ダムへ向かう。
宮原舟志線、この道路を通るのは初めて。

馬事公苑付近で大きな虫捕獲用の網を持った青年に出会う。
尋ねると、「神奈川から来てハチを採っています。3ミリくらいの大きさです」という。
「友達とはぐれたので、この先で会うことがあれば馬事公苑で待っているから」
と、伝言を頼まれた。
その友人は周回道路の奥で網を振り回していた。

・・・道路標識がない入り口を見つけ、多分にここが宮原舟志線の起点だろうと
車を進めた。
とても県道とは思えない、軽4輪がやっと通る狭い道路を進むと案内板がある。
いつか新聞で見た「分教場跡」であった。
標識は朽ちて転んでいた。

4P6120004 (640x473)

5P6120003 (640x456)

6P6120006 (640x470)


さらに車を先に進めると道が二つに分かれている。
もちろん、案内標識があるはずがない。

右側の道を選ぶか、それともまっすぐに行くか?
管内図を広げてみる。

一般県道だから「緑」で着色してあるが、その分岐点から先は「破線」で標記がしてある。
見た目も路上は杉の枝が散乱している。
右の道は仁田ダムに通じる路線のようだ。

迷わず?(かなり迷った)、一般県道の道を選択し進んだのが大間違いだった。
車が通る道ではないことに早く気付くべきだった。
何度もハンドルを切り返しながらバックで分岐点まで戻った。

深い沢にはヤマボウシ
7P1455651 (640x454)


国道に出て遅い昼食をいただく
8P6120011 (640x480)


後で知人に聞くと、右の道を行くと「モミヂ街道」に出るということだった。
今日の走行距離130km、まだ知らない道がたくさんある。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

対馬は広いのぉ!

例によって例の如く、対馬物産観光協会の対馬地図を机いっぱいに拡げて
アン様の今日の行程を辿りつつ、唸りつつ…!
バックで来た道を戻るなんて、想像しただけでイヤハヤであります。
対馬の津々浦々、知ってる人って何人ぐらい居るやろねぇ?!

そりゃそうと、アン様がまだ頑張っている会社、何ともいい会社やねぇ…!
人を大切にしとるなぁ~と思うたばい。給料貰わんでんいいけ、オンドも勤めたい(笑・汗)

もういっちょ!宮谷のアネ様からメール貰うて、何や知らんミニ同窓会を開くたらの話になってる由。有り難いことです。でん、対馬に居る間、ずっと酒ばっか飲みそうな雰囲気になってきとる。
まぁそれもそれでいいか、と納得しとるのであります。

通ってない道路があった!

対馬の隅々を知り尽くしたつもりやったが・・・・^^;
まだまだ通ってない道路が沢山あるよ。
人が住んで居る集落という集落は行ってる(これもツモリ)


>そりゃそうと、アン様がまだ頑張っている会社、何ともいい会社やねぇ…!
人を大切にしとるなぁ~と思うたばい。給料貰わんでんいいけ、オンドも勤めたい(笑・汗)

ハイ、まことに良い会社でございます。
今回の二次会は社長持ちやった\(^o^)/

出張(飲み会?)に行く飛行機で女子会のTOPと一緒だったので
河童たちのことを話しておいたので、そのアネ様に話がいったんやろうねぇ。

こっちも久しゅう皆と会ってないので、会いたい・・・というハナシやったよ(^.^)
プロフィール

テマドハルベ

Author:テマドハルベ
団塊世代、もうすぐ後期高齢者。
花鳥風月、なんでもありのブログです。

ようこそおいでなさいました
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR