FC2ブログ

春の渡り最終章

春の渡りシリーズも最後となった。

渡りの時期には早かったが4月初旬にコウライアイサ情報が入り出かけた。
もちろん初見の鳥である。
現地に到着してみると2羽のコウライアイサが、しかも雄と雌のペア!
情報では雄の1羽だった・・・ハズだが?
2日後には自宅から車で5分の河口に雄だけが移動してきた。
若い雄だったので嫌われたのか!?

今季の渡りの時期は久しぶりに鳥見に集中してみた。
加志地区の県道沿いで朝夕に鳥見をしていると、ゴルフ仲間がクラクションを鳴らしながら通過していく。
夕方にはわざわざ車から降りて来てスコープを覗いていく友人たちもいた。

最終章に登場してくれるのはコウライアイサ、ヤツガシラ、アカハラダカ、コホオアカ、
アオジ、コムクドリ、コサメビタキ、コイカル
たち。

コウライアイサ
1-1コウライアイサ
自宅から車で5分の河口に移動してきた。この時には結構慣れてきて羽繕いなどの仕草も見れた。

ヤツガシラ
1-2-1ヤツガシラ
一週間以上も同じ場所に滞在し、すぐ横を車が通過しても飛ぶことはなかった。

アカハラダカ
1-2アカハラダカ
警戒心が強く、すぐに山に入っていた。

コホオアカ
1コホオアカ
ドアップが好きなボクとしては珍しく引いた画像

アオジ
2アオジ
シマアオジやシマノジコに交じっていたのであまり出番がなかった^^;

コムクドリ
3コムクドリ
これは引いた画像ではなく、被写体が遠かっただけ(^.^)

コサメビタキ
4コサメビタキ
待ち人(鳥)来たらず・・・時間待ちしているときに出てくださいました・・・

コイカル
5コイカル
コサメと同じように「待ち時間」に登場してくれた。
対馬では珍しいので何度もシャッターを・・・が、ほとんど枝被りばかりだった。

この他、カラシラサギ、ムラサキサギ、シロハラホオジロ、マミチャジナイ、カラアカモズ、
ブッポウソウ、オガワコマドリの♀、
多数のシギ類(普通種です)等々が
                   国境の島 対馬を通過していった




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

鳥の名前は知らんでも…

【春の渡り】なるシリーズ、ハルベのアン様、堪能させて戴きましたですばい…!(感・笑)

鳥の写真もさることながら、アン様の書き込みが生き生きとしていて、対馬の空気まで感じることが出来ました。"渡り"なるものに春夏秋冬があれば、それこそさいじ記になるちゃなかろうか…!???

過日、まだ残っている西山さんのブログでの対馬の記事を改めて見ました。
鳥の好きな人のトキメキ感を、アン様の記事でこれまた再確認したとです。

孫どころかその前提となる条件もクリアーできてない四十路を過ぎた豚児を持つ
河童でした。
書き込みでお付き合いできる日がいつ来るちゃろか~ねぇ~?(涙・汗)

今年もどうもめでたい気配無し。己も69歳になる日も近し…(爆)
てな事でまたね。

鳥見は楽しい!

河童ちゃん
「渡り鳥シリーズ」・・・ボクらの小・中学生時代に日活映画で小林旭・浅丘ルリ子主演
悪役に宍戸錠がからんだ無国籍映画?があったよね
ライフルも拳銃も打ち放題、警察は関係なし・・・

野鳥の渡りは主に春と秋みたい
春は越冬地から繁殖地へ向かい秋の渡りは逆に繁殖地から越冬地へと移動する、まさに渡り鳥たい!

対馬は地理的に中継地(休息地)になっとうとやろうねぇ
大陸から朝鮮半島経由で日本に入ってくるいろんな文化がそうやったみたいにね

結婚は縁だもんねぇ・・・こればっかりはどうしょうもないたい

ボチボチいこうね~
プロフィール

テマドハルベ

Author:テマドハルベ
団塊世代、もうすぐ後期高齢者。
花鳥風月、なんでもありのブログです。

ようこそおいでなさいました
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR