FC2ブログ

つしまっ子郷土読本

「つしまっ子 郷土読本」

この本は対馬市の教育委員会の依頼により「対馬芳洲会」が執筆、編集を担当、この3月に
市内の小学5年生から高校生まで全員に配布されたという。

今日、美津島町にある本屋を覗くと「つしまっ子郷土読本」が店頭販売されていたので
買い求めた。
「1400円+税」、111ページ、全頁カラーで第1章から4章まで大きく分かれている。

第1章 対馬の自然には、
「対馬で見る動物」、「大陸系と混在する植物」、「特異な植物相」など、
11項目にカラー写真付きで説明している。

第2章 郷土・対馬の歴史は、
第1節「クニができるまで」、第2節「防人と万葉集の歌」、
第3節「島主となった宗氏」、第4節「藩と呼ばれた時代」、第5節「明治維新後の対馬」、
第6節「戦後の推移・点描」

第3章 未来につなぐ民俗文化は
各集落に伝承される貴重な民俗文化を紹介

第4章 対馬の楽しみ方は
対馬の産業や観光を紹介

最後に「年表でみる対馬」では年代順に対馬の出来事をまとめている。

小学高学年を対象に書かれているが、ボク達が読んでも(見ても)楽しいし、
対馬が理解できる。

対馬をルーツに持つ諸兄たちにもぜひ一読してもらい、子や孫たちにも
読んでもらいたい・・・と思う。
表紙の写真
IMG_6314 (640x515)
分かりづらいが内容を紹介する目次
IMG_6315 (800x544)




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

テマドハルベ

Author:テマドハルベ
団塊世代、もうすぐ後期高齢者。
花鳥風月、なんでもありのブログです。

ようこそおいでなさいました
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR