FC2ブログ

街道をゆく 対馬の道3

195ページ
『「阿比留氏はこの鶏知にいるんです」というのである。
いる、と現在形でいわれたことにふしぎな感じがした。阿比留氏はすでにほろんでしまっている。平安初期から鎌倉期までという長い期間、大宰府の在庁官人という資格でこの対馬をおさめ、この鶏知を根拠地にしていた。そういえば鶏知は治所になるだけに、当時から島内でも有数の水田地帯であったかと思われる。』

槇の木 在庁跡か?
1槇の木 (640x476)
旧美津島町教育委員会が設置した説明板には、この付近一帯が「阿比留在庁」であっただろうという説明がある。かっては陸軍病院があり、その後を受け国立病院そして今は特別養護老人施設などがある。

195~196ページ
『阿比留氏の氏神は、海神であっただろう。海神が中世になって多く住吉社になったように、
この鶏知の場合も住吉社になった。・・・中略・・・「この山の上に住吉さんがあります」
阿比留氏が鶏知にいる、といった永留氏のことばの意味がようやくわかった。』

住吉神社参道
2住吉神社 (640x480)

住吉神社本殿
3住吉神社 (640x480)
最近、建て替えられた


196ページ
『「あれは官舎です」
永留さんは、国道に面してならんでいる木造の規格型の家々を指した。
「鶏知になにか国立の機関があるんですか」
「国立病院があります」
永留さんがいった。
「あれはその病院の官舎ですか」
「いいえ、あれはもとの陸軍の要塞司令部の官舎です」
私は車窓に顔をくっつけて、官舎の垣根の蔓バラを見た。』


現国道から見た西高浜の官舎跡
4官舎全景 (640x480)
ガードレールの向かい側に見える所が官舎跡
上の段は10年位前に山の斜面を削って開発された民間の団地

二軒長屋の官舎 右側の家の屋根は当時のまま
5官舎 (640x480)

一戸建ての官舎 たぶん将校さん用か?
6将校官舎 (640x480)


197ページ
『鶏知は水田地帯だけに、阿比留氏以前の遠い世から対馬の治所であったかもしれない。「魏志」倭人伝に出てくる「大官を卑狗(彦?)といい」というその三世紀の首長もまた鶏知にいたのではないか。
鶏知には、古墳も多い。前方後円墳も一基ある。それも古い形式で、山の峰の地形が利用されている。「えびすがくま」という峰の頂上にあるのだが、昭和26年に九学会連合調査団によってはじめて調査がおこなわれた。前方後円墳というのは大和で発生し、発達した。』


えびすがくまと鶏知川 出居塚は頂上にある
7えびすがくま (640x478)


後方部から石室側を見る
8出居塚 (640x476)


石室部
9石室 (640x480)


説明板
10説明板 (640x473)


九学会当時の調査で「前方後円墳」とされた「出居塚」は、その後の調査で「前方後方墳」と改められた。
この時の実測測量は永留久恵氏の指導の下、最新鋭の光波測距儀等を駆使して実施した。
「実施した」と書いたのは、私もこの測量に携わっていたからだ。
(測量図は、「対馬国志 第一巻 161ページ参照」)

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

郷士の子孫?!

司馬遼太郎はおんどの大好きな作家でその小説はほとんど読破しとるとやが、残念ながら
「街道をゆく」のようなエッセイ風のものは読んでいない、というか昔この13巻は手には
取ったがほとんど読まずに終わった記憶がある。書かれていること特に上島のこつがまるで
ちんぷんかんやったきがする。今回、これじゃいかんと図書館から借りて一気に読んだ。
 永留先生の「対馬国誌」を買って読んどったけん理解度はアップしとったが、「木坂」には
いっとらんし「三根」「上県」はこの前素通りなんで実感はあんまりわかん。「城下んもん」は
厳原が世界ち思うて暮らしてきたけんあきまへん?!
 ただひとつ理解できたんは、「村々も、他府県にありふれた水田農村の集落の形をとっている。
ただよく見たうえでのことだが、どの小集落にも集落の二つの口をおさえこむようにして、
門構え・玄関つきの屋敷がある。郷士屋敷である。対馬郷士が他藩のそれと異なり、農村に
おける藩機関として監視の役目をもっていたということであろう」という記述。じつは、おんどの
本家は「小浦」で爺さんが三男坊。親父から本家は武家でと言われていたが、郷士やと理解し
ていたが、龍馬に代表される土佐の郷士みたいとはなんか違うなと感じとった。この文章で
なんかすっきりした気持ちになったのは否めない。ともあれ、いい時期にしっかり読み終えて
ありがとう。在日の件は残念ながら理解不足です。さて、孫から「キャッチボールしよう」とのお誘い
これにて失礼つかまつる、御免!!

司馬遼は面白い!

関東のジージさん
こんばんはー
今日も一日が終わりつつあります

この「街道をゆく」は全43巻を読んだわけじゃなくて、サブタイトルに興味を持った本だけの
いわゆるツマミグイ ^^;

他の本も長編が多いので、もっぱら図書室(田舎やけ図書館ではない!)のお世話になって読んだ

たいがいの者が高校卒業と同時に島を出るけ、島中を廻ることはないよね
オッドは昭和47年(1972)にUターンして島に戻ってから
それでも島中を徘徊?するようになったのは最近たいね

城下侍以外の武士はたいがいが「郷士」、いつもは百姓をしていて「いざ鎌倉!」の時に大将の元へ・・・

佐須奈までの「旅」、取材(?)をしながらのUPになります

キャッチボールが出来る孫が傍にいるとは、なんとまぁ幸せなことか!!

もうそろそろ晩酌の時間になってきた (*^_^*)



遅れてきた青年

 2001年春沖縄から内地に転勤となり、まず、沖縄編を沖縄本の一つとして読み、次いで2冊目が本巻、以来10年、司馬遼をすっかり偏愛し、文庫だけはせっせと揃えている。それもこの頃はブックオフ辺りで買うことも多くなった。その才に感服するものの若いころは大江とか安部公房とか、吉本がアイドルだったし、分からんでも読むのがHNの由縁でもあるし。
 今回のUPで改めて壱岐・対馬への道を読み直そうとしているところ。もっとも上記の2編に共通するのは冒頭の石垣空港のトイレと厳原のタクシー、いささか参ったと思った。
 関東のじーじが久々に登場、あたしゃ鳥栖から移住したもんの3世だからな、郷士などとは縁なき存在、とうことで屁でもかますことにするか。それにしても若い頃は対馬を知らず、知るすべもなかった。ハルベちゃんやミッキーの立ち上げには感謝。

ご先祖が鳥栖

南禅寺の湯豆腐さん
おはよー
今朝は久しぶりに晴れわたっとります

司馬遼の凄さは、裏付けになる資料の収集と研究?とか、聞いた
今回、この「街道をゆく」の文をパソコンに書き込んでいるときに気付いたことがある
「漢字を使わないで、かなを多用していること」

文を変換して原本を見たら「漢字」ではなく「かな」で書いてある。
パソコンが勝手に変換?してくれる便利さが、この本の入力作業にはアダに ^^;

南禅寺んトコは鳥栖やったちゃねぇ!?
近くに対馬藩の「トビチ」があったけ、何かの縁かのう?

先ずはこちらに立ち寄りて…!

郷士でも無し、農民でも無し、親兄弟はおらず、一族郎党など探してみようとも思わぬ
歳になりおれば、ふと心の中に風が吹きぬけぬ…!(てなことでして~・汗)

いつぞや、幼稚園中退の話をしましたが、その話に【鶏知の国立病院】が関係してくっとです。
実母がここに入院しました。河童、幼い頃の経験で唯一脳裏にあるのが、この病院のため池に落ちて沈んで助けられたこと。沈みつつ見つめた水は緑色、太陽の光りが本当に神様が居る如く煌いていたのをカラー映像で今でも覚えています。母は、その後、福岡の平和台の国立病院に転院しました。それ故、幼稚園に通う余裕は無くなりました(感)

アン様の【街道をゆく】は、河童にとって"三丁目の夕陽"の思いがあります(涙・感)
全く、記事には関係の無い書き込みでしたが、お許しあれ~!!

※総合運動公園の話、"泳いだ、泳がん"、楽しいけん、また後で寄りますけ!!

伝習農場が・・

無学な農民の子なので 本の話には 入られんけ パスしようと決め込んでいたけど・・・・挨拶だけに!

この 槇の木 は以前HIROさんが アップでUPしてたものでは??全体を見ると こうなってたんだと解りました
この木も 相当の老木でしょう?
住吉神社は昔は境内の周りは 松か?欅か?杉か?の大木に覆われていたような・・
まぁ~綺麗サッパリになってますね~ また 社殿も新築?

国立病院といえば 我が悪友のシゲちゃんが 死にそうになって入院した事がありました
先生に大丈夫ですか? と 尋ねたら 解らん!!って! 1週間後に無事生還しましたが・・・

鶏知には昔 伝習農場という 施設があったはずだが 農家の長男やおなごが行っとったけど・・

もう 帰るよ~~ 晩酌せにゃ~でけんけね~

三丁目の夕陽とは!

河童ちゃん
こんばんはー
今日は比較的、暖かかった一日でした

ため池に落ちた!
そらまた大変やったちゃねえ

>沈みつつ見つめた水は緑色、太陽の光りが本当に神様が居る如く煌いていたのをカラー映像で今でも覚えています

彼の国の一部を見てきた人はそうはおらんばい ^^;

>アン様の【街道をゆく】は、河童にとって"三丁目の夕陽"の思いがあります(涙・感)

アイヤアイヤ、そねぇ思うてくださって涙の感謝!

今夜は今から晩酌タイムです (*^_^*)

遅うなったばい <(_ _)>

pegaさん
こんばんはー
今夜はスッパリ遅うなってしもうた

槇の木で、樹齢800余年だそうよ
鶏知の上の町にあります(散歩コース)

住吉神社は建て替えの時に寄付がいうてきた
昔の古い社の方が趣きがあってよかった


>鶏知には昔 伝習農場という 施設があったはずだが 農家の長男やおなごが行っとったけど・・

最後は「長崎県立対馬高等農学園」ちいうて二年生の農業学校やったが、時代の流れで閉校とあいなった

>もう 帰るよ~~ 晩酌せにゃ~でけんけね~

オッドも今から遅めの晩酌タイムで~~す (*^_^*)

古きよき日に思いをよせ

鶏知には阿比留氏や陸軍の重砲連隊跡
槇の木が 在庁跡だったとはありえますね。
歴史の表舞台に名を残すほどの場所だったのでしょう。
建物は朽ち、人は死しても、庭にあった槙の樹は現代に生き大きな巨木となる。
目を閉じると当時の風景画思い起こせます。

西高浜の官舎跡
この建物以外にも古い建物がこの通り沿いにありますね。
古いタバコ屋さんや商店の跡をみるにつけ。
当時厳原に続く旧道だったのだろうと想像します。

街道をゆくシリーズ次回も期待してます。
読んでみようかな。

HIROさん

HIROさん
こんにちは~
長いこと、リコメができなくてごめんなさい
長~いトンネルから這い出てきました ^^;

今後ともよろしくお願いします


>街道をゆくシリーズ次回も期待してます。
>読んでみようかな。

ぜひ読んでみてください
プロフィール

テマドハルベ

Author:テマドハルベ
団塊世代、もうすぐ後期高齢者。
花鳥風月、なんでもありのブログです。

ようこそおいでなさいました
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR