FC2ブログ

街道をゆく 対馬の道1

「街道をゆく 壱岐・対馬の道」の対馬編は138ページの「厳原」から始まる。

一行は厳原港に夜8時過ぎに降り立つと宿までタクシーを利用するが、
このタクシーの運転手の所作で対馬の印象を悪くしてしまう。

139ページ
乗ってから行き先を告げても、運転手さんは返事をしなかった。
わずか10分ばかりの距離であったが、城下町の名残をのこす小路から小路を、すさまじい
勢いで暴走した。

中略

そして壱岐の運転手と比較し(壱岐は農業国なのだ)と、農村文化と漁村文化との違いを理解して、対馬の初印象をわるいものにすまいとつとめる。

「壱岐・対馬の道」が週刊朝日に連載されたのが1978年(昭和53年)2月3日号~
8月25日号だ。
一行が対馬を訪れたのが11月というから、前年の1977年だろうか。
当時、タクシーの運転手さんたちの評判は確かに悪い。(今はよくなったと聞いている)
空港や港で客待ちをして「短い距離の客」に当たると露骨に嫌な顔をしていた。

私は博多駅で経験した。
普通は歩いて行ける距離だが、雨が降っていてオマケに重い荷物を持っていた。
行き先を告げると、返事もなく急発進、暴走運転だ。
目的地に着いた時、正直ホッとした。
普段は基本料金でも千円札を渡しお釣りはいらないというが、その時はきっちりお釣りを
貰い、「苦情を受付けるお客様センター」に会社名と運転手名を電話したが結果は分からない。

話がそれてしまった。
タクシーは厳原港から宿舎の対馬交通ホテルに到着する。
今、そのホテルは解体され、周辺の建物と再開発事業により対馬市交流センターが建っている。

147ページ
厳原の対馬交通ホテルの邸内に小さな祠があり、「あらおどん」とよばれている。
いつの頃からか、「志賀の荒雄の墓」という。
と、『対馬古跡探訪』の一文を引いている。
「あらおどん」は、再開発の時に移設される予定だったのだろが、未だに行き先が決まっていないようだ。

152ページ
雨森芳洲の墓参り


またまたタクシーの話
157ページ
神野さんが、タクシーの営業所できいてくれた。たまたま一台、タクシーが帰ってきたので、いっそこれに乗ろうとしたが、めしだからだめだ、とことわられた。
    
 中略

158ページ
「ここです」
と、運転手が不機嫌そうにいったが、寺がない。よく見ると、左手にさらに坂が50メートルつづいていて、その上に山門が見えるかのようであったが、運転手は左折することを面倒がり、ともかくも二人の客をおろした。以下、略・・・



厳原港のターミナルビルとフェリー
フェリー (640x480)
一行が乗船したフェリーではない
また、今は午後の2時ころと未明の4時半ごろに入港するようだ



雨森芳洲の墓 日吉の長寿院にある 道程と周辺はよく整備されている
芳洲の墓 (640x480)



大手橋の小路
道路1 (640x480)


ここを左折してさらに上る
左折箇所 (640x480)
私は徒歩で行ったが、軽車両でも躊躇するような左折場所だが、上の方の駐車場にはワゴン車などの普通車があった



国昌寺
国昌寺 (640x480)


タクシーの営業所というのはおそらく「対馬観光タクシー」だろう。
泊まっていたホテルのすぐ傍にタクシーの営業所があった。
この会社は今、倒産している。親会社の対馬交通は補助金で成り立っているようなものだ。
当時、労働組合の力が強く、経営者が二人いるような会社みたいであった。
タクシーの運転手をしながらバスの運転手の空き待ちをする腰掛の会社といったら言い過ぎだろうか。
潰れるべくして潰れた、これも言い過ぎだろうか・・・


     「街道をゆく 対馬の道2」に続く・・・
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

淘汰されるべきタクシ-・・

おはよ~

遂に 対馬の核心に触れる題材を見つけたね~ 「街道をゆく」は長く続きそうだね~

元々タクシ-は 昔で云う所の 籠かき! 雲助け!と 云われる事からしても
スジ者に近い関係のヤツが多かったからね~
面白い部分を掻い摘んで書いたね~ 続きが楽しみです

今日も ボツボツ 行こうね~

おはよー

pegaさん
昨夜来の暴風と雨は止みましたが、やはり風が冷たい対馬地方
新聞を運ぶ船が欠航したのか新聞が配達されません ^^;

>遂に 対馬の核心に触れる題材を見つけたね~ 「街道をゆく」は長く続きそうだね~

当時(1977年?)と時代背景が全く変わっているので逆に面白いかも・・・

タクシー事情も違う、当時は他にもタクシー会社はあったが「その会社」の独占みたいな感じ
今は、各社とも特徴がありサービス精神も変化している

第一に「初乗り料金」が安くなった
以前は、城下で飲んで自宅まで3,000円以上かかっていた
自家用車で行った帰りは「代行運転」を頼むと3,000円ポッキリ

今じゃタクシー代は2,500円プラス、代行代金が高いので車はお泊り
翌日、相方の車に乗せてもらい取りに行っているよ

ハイ、ボツボツいきましょう (*^_^*)

イボには効くとよ…!(爆)

先にpegaちゃんとこ寄ってきたったい…!今から思えば不思議な話やばってん、イボガエルに触ったら"イボ"がでけるち言うとって、そげな蛙に触った記憶は無いとに"イボ"はでけた!
イチジクでん、ナスでん、塗ったら消えた事実はありました、ハイ!

いつも前置きが長うなってごめんね(謝)

アン様、こん切り口もいいばい…!使用前・使用後、ビフォー・アフターじゃないばってん
対馬の近過去を、誰かが今静かに語ったくれないかんち思うとるちゃ…!

城下ではタクシーのこつを"ハイヤー"ち言うとりました。盆・正月、"ハレ"の行事、集まりの時には大手橋から桟原、鶏知に乗っていったことがあります。
その頃は、まだ乗る人、乗せる人、皆それぞれに【氏・素性】がはっきりしとったばい。
そやけ、お互いに"おかげさまで"ち、言う気持ちがあったような気がするとよ。
対馬の人の心から、内地ン人への"おもてなし"の心が無くなったんはいつ頃やろねぇ…?

河童の内地デビューの60年代、pegaちゃんの言う通りの時代でした。乗車拒否したタクシーと知る人ぞ知る【京都ベラミ】の前で、大喧嘩したこつがあります。タクシーのボンネットの上に乗って潰しましたが、結果は「理は我にあり」。(ベラミに行った訳ではありませんので・汗)

【門】シリーズと併せて、ボチボチこれからも楽しませてください…!!

長い道程に・・・

河童ちゃん
おはよー
昨夜は近所の居酒屋でちょこっといっぱい飲んどりました ^^;
ほどほどやったからいつもの時間?に目が覚めました (^.^)

>いつも前置きが長うなってごめんね(謝)

イエイエ、どういたしまして
「前置き」どころか立派な主文でっそアン様よ!

対馬のタクシーは流してないけ、カタチだけは「ハイヤー」みたい・・・(後は、沈黙・・・)

>そやけ、お互いに"おかげさまで"ち、言う気持ちがあったような気がするとよ。
>対馬の人の心から、内地ン人への"おもてなし"の心が無くなったんはいつ頃やろねぇ…?

道路わきに空き缶やゴミを平気で捨てているのは「地元んモン」、サエンヨノナカニナッタモンヤネェー
後続車がおっとに窓から「火のついたタバコ」を投げ捨てるヤカラも結構おるし
そういう連中を見ると「市中引きずり回しのうえ、獄門張りつけ」にせなチ思うよ


>【門】シリーズと併せて、ボチボチこれからも楽しませてください…!!

ボチボチいきます ^^;

今日はまた寒波襲来とか、寒さ対策を充分にネ (*^_^*)

プロフィール

テマドハルベ

Author:テマドハルベ
団塊世代、もうすぐ後期高齢者。
花鳥風月、なんでもありのブログです。

ようこそおいでなさいました
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR