FC2ブログ

大船越瀬戸

中興の英主といわるる対馬藩の藩主で、21代の義真公は土木工事をばいろいろとなさった

そん中でも特筆すべきは大船越瀬戸ん堀切工事やろうねぇ
元々、陸続きやったとこば掘り切って船が通らるるごてしたちゃもんねぇ
たいしたもんばい

そん当時(寛文12年=1672)に、延べ人数で35,000人の人夫を使うて半年で完成した工事の
中味は、延長が60間、幅が10間、今風に言うなら117m×19mの運河をつくらっしゃった
そん時ん費用は、銀59貫206匁4分5厘8毛の経費がかかったげな
(当時の1間は6尺5寸=1.96m)

一貫が3.75kg、一匁が3.75gとして
59×3.75=221.25kg=221,250g  206×3.75=772.5g
221,250+772.5=222,022.5g
仮に銀が1g辺り80円としたら
222,022.5×80円=17,761,800 当時ん貨幣価値がどんだけもんか分からんが、大けな金がかかったことには間違いなかろう
(どなたか当時の貨幣価値が分かる方は教えてください)

殿様は佐須ほうに銀山を持っておられたので金持ちやったちゅうことやけど、後で無理が祟ることになった

そして、こん工事は4期まで拡張を続け、長さが2町13間(260m)、幅が12間から27間(23m~53m)の大工事が完成したことになります

因みに総工事費は、169貫9匁6分2厘5毛
銀が1g当り80円として667.5kg×80円/g=53,400,000円

大船越瀬戸の堀切工事ばっかしやのうして、阿須川の開削や桟原館の築造、城下町の建設などの
大型工事ばされとる

(参考 ―― 新対馬島誌)



新対馬島誌から 西側から東側を見る
1大船越瀬戸(640x404)


整備された瀬戸 東側から撮影
2橋東 (640x472)


湾内を西側から東を望む
瀬戸1 (640x465)


記念碑はギ木で囲まれています
堀切記念碑 (640x473)


合併前に設置された説明板
堀切説明板 (640x480)


夕方になると、イカ釣りに出漁する漁船が橋の下を通っていく重要な航路になっています

また、潮の満ち引きで浅茅湾の水質も改善されているようです

   (銀の円換算の計算に間違いがあればご指摘ください)




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

運河??

万関の話はよく伝えられてるけど 大船越は 子供の頃は知らなかったもんね~
殿様も頑張ってくれたちゃね~

一枚目の松のある所に今の トラスト橋は架かっているのだろうか? 干潮の時の写真かね~
3枚目の右側に 光孝の家があったよね~ 高校の頃に何度か行った事がありました
光孝はどうしてるのだろうか? 会いたいなぁ~ 対馬には居ないと聞いたけど・・・

今日は寒いヨ~ 今から 賀状の続きをはじめま~す!!

対馬も寒いよ~

pegaさん
こんちは~
今日は窓ガラスの掃除をオオセツカリマシタが、曇り空につき中止と勝手に決めました

現在の橋は、左側に見える小屋よりも手前のほうに架かっておりまする

瀬戸の水深は-2mに浚渫され、万関瀬戸とともに重要な航路になっとるよ

ミツタカはどうしよるかねぇ?

年賀状は・・・まだ取り掛かってない
そろそろ準備せねばチ思うとります 

※「坂の上の雲」、今夜は「対馬沖海戦」でーーす

今日もビチボチいこうねー (*^。^*)

年賀状づくりからちと逃げ出して…!

皿には火は点かんばってん、"オイド"に火が点き、ついに賀状づくりに着手。
一年に一回しか使わんソフトに、今年もまた振り回されとるばい。PCで賀状を作るように
なって、便利なのかどうか、この時期いつもブツブツ言うとるごつある…!(爆・汗・★+★)

ハルベのアン様、理数系やちゃねぇ…!(鳥見系・飲み助系は承知・笑)
オンドは、工事費の数式見てるだけで、目がショボショボしてくっとよ(冷汗・爆)
アン様、淡々と書き連ねてあるようで、感心・感嘆、溜息ばつきつつ見とりました。

オンドも大船越のこつは殆ど知りません(地名だけは知っとったばってん)。
興味深く見せてもらいました。過去の写真と現在を比較して見せて貰えるのはいいねぇ!!
【対馬国史】の第二巻、254P辺りを拾い読みしながら書き込みました。

さぁ、日も暮れるぞぉ…!年賀状づくりにリターンしま~す!またねぇ~∞☆
※デジブック、コメントいつも有り難う。賀状が落ち着いたら、年内にまた頑張ってみます。

No title

河童ちゃん
今日も寒かったねー
昼からはコタツの番兵をしとりました ^^;

年賀状ねー・・・、もう少し、もう少しチ思いよったら25日はもうすぐやもんね~
明日から準備せねば間に合わんごてなってきた

大船越は府中に人からみたら遠い田舎やけ、まして行動範囲が限られている子ども時代は行かんもんね

中学生の時は、ここから東の浜まで(大船越の海岸)遠足で行ったこともあるよ
イカのワタの腐った匂いがする道路(旧道)を歩いて行ったことを覚えとります

「対馬国史」は枕元に置いて、いつでも見れるようにしとるよ(読み始めると、すぐ眠くなるので・・・)

賀状つくり、ガンバランネ~

アン様、元気にしとると…?

♪ムフッ、ムフフフのフッ~♪ あぁ、ようやく終わったばい。
時間だけはタップリあるとに、仕事ば辞めてからのほうが、賀状づくり、いつもお尻に火が点いて~に
なってしもうたばい。

アン様んとこには出しとらんけ、ごめんね。思うところあり、今年じゃのうて"来年"で賀状はもう止めようち
考えとります。
生きとるうち、会えるうち、そして飲めるうち…!何かしらん、あれこれボチボチ片付けないかん年代になってきた感じがするこの一週間でした。

明日は路地裏探検に行ってきます。北野の終い天神さんに行ってきます(菅原道ちゃんの本家よ・爆)

今年も後一週間になりました。寒波到来中、御身ご自愛のほどを…!!

元気ですよ~

河童ちゃん
おはよー
少し風邪気味を引きづってるけど・・・元気で~~す

>アン様んとこには出しとらんけ、ごめんね

了解です 

路地裏探検のUPを楽しみに待っとうけね
気をつけて行ってこんねー

プロフィール

テマドハルベ

Author:テマドハルベ
団塊世代、もうすぐ後期高齢者。
花鳥風月、なんでもありのブログです。

ようこそおいでなさいました
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR