FC2ブログ

友、遠方より来る

対馬藩に仕えた儒学者「雨森芳洲」が唱えた「誠心交隣」の精神を学ぶため
95年に長崎県の呼びかけで対馬6町が「芳洲外交塾」を発足させ、日韓の若者を中心に呼びかけ、
第一回の芳洲外交塾が厳原町で開催され、その後順次他の5町でも開催されていった

当時、すでに若者ではなかったが、モノ好きな私は聴講生も含め6回とも顔を出した
6町を一回りした2000年に一旦、外交塾は終わったが02年、「新芳洲外交塾」として復活した
この第一回の「新芳洲外交塾」を開催するにあたって当時の厳原町の国際交流員をしていた方から
相談を受けた
「過去6回の外交塾を開催したが、単年度の交流は僅かだが行われているが、1回から6回までの塾生同志の交流がないため国際交流の広がりがない 
第一回新芳洲外交塾の塾生を募集するにあたり「旧知の韓国人に声をかけ同窓会の組織を作り交流を深めてほしい」とのことであった
過去6回の外交塾で知り合った日韓両国の知人に連絡し外交塾に参加していただいた
一般募集の塾生を加え第一回の新芳洲外交塾が02年2月に厳原町で開催され、その年の11月に
釜山で第一回目の同窓会を開いた
日本からの参加者18人、韓国国内から42名が参加した

新芳洲外交塾は諸般の事情等により3回で終了したが同窓会は両国の持ち回りで翌03年対馬
04年はソウル、後は福岡、釜山、対馬、ソウル、釜山そして昨年は念願の東京開催となったが
東京のOBたちの都合で中止となった
毎年開催してきて今回で10回目を数える同窓会だが、一応今回をもって毎年開催を止めることが
総会で決まった
今回は韓国側24人、日本側21人が厳原町に集合しホテルで懇親会を開いた




芳洲外交交流会はどんな会なのか。2009年7月19日付け、西日本新聞に次の記事が載っている

 「95年に長崎県の呼び掛けで対馬6町が芳洲外交塾を発足させ、その卒業生(約500人)が2002年に設立した。塾では日韓の市民が芳洲について共に学んだが、交流会でも一般参加者も含めて年1回、福岡、ソウル、対馬などで持ち回りの勉強会を開き、人と文化の交流をしている

2002年2月に開催された新芳洲外交塾の懇親会の様子
1懇親会

昨日開かれた第10回目の交流会
2懇親会M (640x471)

フィナーレ 日本の「ふるさと」を韓国人OBが歌った後、韓国の童謡「故郷の春」を歌って会を閉じた
3フィナーレ1(640x478)

記念撮影
4記念撮影 (640x476)


今日、夕方までに韓国や福岡方面の会員は帰っていったが、秋田県田沢湖町から
参加してしてある方が今夜まで厳原に宿泊されるので、今から二人で食事(酒飲み?)です

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

遠来の友はいいね~

以前芳洲のHPを見たことがあったけど 今はどうなってますか?
あれは ハルベが運営していたのではなかった?

何にしても 遠来の友は いいもんだね~ 賑やかそうで・・・・

またね~ 明日から平年並みになるそうです 寒くなるよ~ 風邪ひかんようにね~

嬉しかった

pegaさん
こんちは~

小中高の友人とはまた違った懐かしさがあるねえ

芳洲のHPは無料の期間が終わったので自然消滅です ^^;

お互い健康には留意しませう

どうしても…!

pegaちゃんとこでも迷惑かけとるばってん、後先は考えず、どうしてん”ひとこと”ば
書き込みたい記事があるっちゃねぇ…!(感)遡ってごめんね~(謝・汗)

日韓の交流でこんなに素晴らしい会があったとは…!知らんかった、感激したとよ!!
なして、メディアは【反日・反韓】ばかりに偏るとかねぇ??
そりゃあ、ナンデン扇動するほうが面白い、刺激的なこつは分るちゃばってん、これだけ
継続した会合の存在を知らんかった自分が情けないなぁ…と思うとります。

雨森芳洲の存在も、韓国の大統領の話で世の中に拡がったような有様ですから
内地ん人に多くは望んでん、さえんことかしれんばってん、オンドは感激しとります。
"一粒の麦"が、この写真に写っている皆さんの心には必ずある…と信じます。

遠来のご友人との交流もさることながら、全員での記念写真にハルベのアン様の
喜びと、秘められた静かな決意を感じています(チングと言う言葉はいいねぇ…感!)

今夜はタカオキ!

河童ちゃん
こんばんは~
今夜はまだ起きとります(もうすぐネンネの時間やばってん・・)

>日韓の交流でこんなに素晴らしい会があったとは…!知らんかった、感激したとよ!!

行政が開催した「塾」やったけんど、「同窓会」方式で交流を深めて(酒飲み!)、自費で外国に行ったり来たり
それが良かったチ思うよ

>なして、メディアは【反日・反韓】ばかりに偏るとかねぇ??

記事が売れな商売にならんし、内政の不満のハケグチにされる時もあるのかね~

>雨森芳洲の存在も、韓国の大統領の話で世の中に拡がったような有様ですから

宮中晩さん会で当時のノ・テウ大統領がスピーチした原稿を書いた方は「我が会の顧問」になってもらっている
「ソ・ヒョンソプ先生」です

>遠来のご友人との交流もさることながら、全員での記念写真にハルベのアン様の
>喜びと、秘められた静かな決意を感じています(チングと言う言葉はいいねぇ…感!)

エ~~ッ、豆粒みたいな顔写真やばってどこに居るかワカルとね~?

この記念写真の時、秋田の友は自分のカメラで皆を写していました~
ほかん人はみ~~んな、ホテルん人に撮影ば頼んだとに・・・

チング・・・対馬では「親友」という意味で使われよるけんど・・・
漢字で書くと「親旧」、かの国では「友人」の意味で使われよる

気が早い?釜山のチングたちは「来年はプサンやど~!!」と言って帰っていったよ

初冬の夕方です…!

朝は冷え込みました(と言うても、風が吹かんけん楽なもんです…笑)

すぐにコメントば返してくれとったちゃねぇ~!(感・謝謝)

ハルベのアン様、最前列の左から4番目じゃないちゃろか?…ち思うて
皆さんの笑顔と一緒に微笑んでおりました。

ようけ新しい記事がUpされとるけん、早よ追いつかなでけんばい~!(汗・笑)

ピンポーン!

河童ちゃん
おはよ~

最前列4番目、椅子に座っている2番目!!!

では・・・
プロフィール

テマドハルベ

Author:テマドハルベ
団塊世代、もうすぐ後期高齢者。
花鳥風月、なんでもありのブログです。

ようこそおいでなさいました
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR