FC2ブログ

胸のつかえが

いつも声だけのカッコウ、鳴き声は聴こえるのに
探しても、探しても姿を見ることが叶わなかったカッコウ。
今日はやっと見ることが出来たし、証拠写真?が撮れた。

モヤモヤしていた胸のつかえがとれた様な
汚いハナシだが、便秘が解消したような・・・キブン。

だけど、とおい、遠い、ず~~と遠くの木のテッペンで鳴いていた。
1P1744938 (640x444)

2P1755589 (640x479)

3P1755034 (640x456)

これ以上のトリミングは無理なぐらい・・・

鳴いているからカッコウと判るが、鳴いていないと???
いつかまたリベンジする日が来るだろうと自分を慰めた。

カッコウを見る少し前、山道の道路の端に車を停め
水分を補給しながら暫く休憩していた。

コサメビタキは対馬でも繁殖しているとは聞いていた。
そのコサメビタキが2羽、車の周りを飛び始めた。
最初はキビタキの♀?と思った。
4P1744602 (640x479)

5P1744633 (640x471)

6P1744666 (640x479)

巣材も餌も運ぶわけではない、ただ見定めるかのように車の周りを飛び交った。
暫くしてから目の前から消えた。

今夜の晩酌は、いつもにまして美味しく飲めるだろう(^.^)
スポンサーサイト



特別定額給付金

18日に申請書をポストに投函した。
そして10日余り、市役所からハガキが届き「28日に通帳に振り込みます」と。
確認はしていないが、きっと振り込まれていることだろう(^.^)

今日も、アテモなく近場をウロンコロン・・・
あれほどいたキビタキやオオルリの姿が見えないし
サンコウチョウの声も聴こえない。

諦めて帰路に。
その途中に道路から飛び上がる鳥影をみた。
狭い道幅だが一応、幅寄せして双眼鏡で確認すると
オオルリの♂がそこだけ陽が射す枝に止まっていた。
遠いが近づくと飛ばれるので運転席の窓から撮影した。
1P1744432 (640x479)
2P1744457 (640x479)
3P1744470 (640x479)

鳥の出が濃い頃は「なんだ、オオルリか!」とスルーしていたが
今はありがたい存在だ。

カワラヒワが路上で餌取りをしていた
4P1744508 (640x478)


もしかしたら

と思って今日も行ってみた。
ネットで調べたら、舳倉島に現れたチャバラアカゲラは
案外と長逗留をしていたみたいだった。

それとキツツキ類はあまり渡りをしない?
というボクなりの思い込みがあり、もしかしたら・・・と。

昨日の朝、そのポイントでツシマテンが木に登ったり、下りては
次の木へと移動していた。
今朝は見なかったが、野鳥の天敵が縄張りにしているので
今度の「もしかしたら」は、早々と移動したのかも・・・

今日の豆酘埼で撮った順番は
まずツシマジカの群れ
1P1744281 (640x524)

定置網の網上げ作業
2P1744289 (640x496)

遊歩道わきに生えているビワ
3P1744355 (640x527)

人が植えたものではなく、多分カラスかテンが種を落として
自然に芽が出たのだろう
そろそろ食べごろなのに
ボクの手に届かない所にある、残念^^;




ビッグネーム

昨日、凄い鳥がやってきた。
その名はチャバラアカゲラというそうだ。

写真に撮れなくても一目でも見たいと、鳥弁を持って早出した。
現着して暫くすると第一発見者の正ちゃんご夫妻が来られた。

午後から所用があるので、なんとか午前中に出ていただきますようにと、
心に念じ、またヨロズの神にお願いしたが・・・
日頃の行いが悪いせいか、お目にかかることがないまま時間切れとなった。

待つ間に目の前に飛んできたムシクイ
1P1744114 (640x476)

トリミングしてみても???
2P1744118 (640x479)

時々、ホオジロのペアが飛び交う
3P1744032 (640x475)
4P1744179 (640x472)

大物をゲットしたものの、飲み込むのに苦労していた
5P1744203 (640x453)

いつもウミネコが止まる航路標識にはミサゴの姿があった
6P1744236 (495x640)




オシドリの求愛行動

今日もダム奥の道を走行中にカッコウの声を聴く。
若しかしたらと、例の止まり木を見ると、
その横の茂った木に鳥影があったが
またしてもブッポウソウだった。
1P1722845 (640x479)
昨日はホオジロが陣取っていた。
声はすれどもカッコウの姿は見ることはなかった。

その後、林道に入りオシドリの求愛行動を初めてみた。
それは椎の実を♂が拾い、♀に口移しで渡す行為だった。

薄暗い林道だったのでゆっくり走った。
すると前方に何やら動く鳥影がある。
最初はコジュケイと思ったが双眼鏡で見るとオシドリだ。
距離は30mくらいだろうか、ボクに気付いていないはずはない。
が、椎の実を嘴の先に咥え♀に近づいていく。
sanpo2
sanpo3
sanpo4
sanpo5
6.jpg
7.jpg
8.jpg
9.jpg
10.jpg

ボクの事より♀の機嫌を取ることを優先したようだ。

椎の実を受け取った♀は「アタシについておいでよ!」
と、狭い林道を山の斜面側に歩いていく。
♂は♀の後を浮き浮きしながら?ついて行き、
藪の中に消えて行った。

その様はオシドリ夫婦というよりカカァ天下という感じだ^^;

オシドリのカップルは3組いた。


微笑ましいオシドリの求愛行動を観た後、舗装道路に出た。
自宅へ戻る道中に路肩へ車を停め双眼鏡で、ある木を確認すると・・・
ブッポウソウが止まっている。
11.jpg

ダム奥の止まり木とは直線で1kmくらいの距離。
ダム奥で撮影した時間は9時18分、2か所目は10時53分。
同一個体かどうかは分らない。


閑古鳥

早朝鳥見はダム~洲藻~ダムへ
いったん帰宅して朝食後、鳥弁持って洲藻~加志~洲藻~ダムと
周ってみた。
加志の集落の奥まで行ってみたが目新しい鳥影は無し・・・

ツバメ
1P1722710 (640x473)
大きな口を開けて・・ボクには何を言ってるのか分らない

2P1722735 (640x479)
3P1722736 (640x474)
県道横のトイレでは毎年ツバメが子育てをする。
その準備の巣材を咥えていた。
ピントが甘いが、ボクとしては珍しい飛びものなので。

カワラヒワ
4P1722529 (640x479)

トビ
5P1722255 (640x472)
裏山の大きな椋の木の枝がお気に入りだ

菜園で遊ぶ蝶を2種
6P1722272 (640x464)
7P1722477 (640x467)

野鳥関連の投稿は暫く休みになりそう・・・



カッコウが鳴く

北まじりの風が吹いて肌寒い一日だった。

午前中は所用を済ませ午後から近場を周ってみたが
相変わらず鳥影がない。
カメラを手にしたのは2回だった。

その最初の1回だが、ダムの奥で今季初のカッコウの声を聴いた。
ちょうど止まり木の近くだったので下車して声の主を探す。

止まり木はヒノキとモミの木の混生林の枝と葉の
ほんの僅かな隙間からしか見えない場所にある。
右往左往し隙間をやっと探し出した。

双眼鏡を覗くとシルエットがカッコウではない。
どうもブッポウソウのようだ。
遠いので三脚を使うことにしたが、これがまた難儀であった。
手持ちだと上下左右の微妙な調整が出来るが三脚だと難しい。

やはりブッポウソウだった。
1P1722138 (640x454)
2P1722188 (640x451)
3P1722115 (640x462)

「なんだ、ブッポウソウか!」と呟いたが
今季はブッポウソウに縁がなく、空抜けだがボクの初ブッポウソウだ。
遠いので禁断の内蔵テレコンを使い、1580mm相当を少しトリミングした。


ブッポウソウを撮っている間も近くでカッコウは鳴き続けた。
お気に入りの止まり木はブッポウソウに占拠されているので
ついに止まることはなかった。
また、この木でブッポウソウを観たのは初めてだった。

セグロカッコウ、ホトトギスに続き3日連続でトケン類の声を聴いた。
30分ほど粘ったが撤収した。

ハクウンキスゲ
4P1722206 (640x470)
5P1722207 (640x479)
2回目のカメラはここで。毎年、咲いてくれる。

出番がなかった昨日のアオサギとダイサギ

アオサギ
6IMG_0641 (640x439)
洲藻川の河口で

ダイサギ
7P1711568 (640x464)
加志川


春の祭典が終了か?

昨日の強風で新顔を期待し今朝も鳥弁を持って豆酘埼へ行った。
が、その意気込みに反して今日も新顔と出会うことはなかった。


岬の真下で営巣しているミサゴを観ていたら
片方のミサゴが巣に帰ってきた。
慌ててカメラを向け連射した。

ミサゴ
1P1711116 (640x471)
2P1711117 (640x473)
3P1711119 (640x479)
4P1711121 (640x476)
5P1711123 (640x477)
6P1711125 (640x479)

1時間半あまり豆酘埼にいて撤収、美女塚山荘前を走行中にホトトギスの声を聴いた。
声の主を探す気にもなれず、
遠ざかる声を車内で聴いていた。

瀬の田圃ではトラクターの後に続くアマサギの群れがいた
7P1711170 (640x479)
餌を自分で探すより効率が良いのだろう、ずっとトラクターの後についていた。
牛で田圃を耕していた時代と変わらない風景。

昨日のブログで、イイジマホオジロについて記してある図鑑のことに触れた。
今朝方、いつもの時間帯に目が覚めたのでネットで「ホオジロ」を調べてみた。

ホオジロの識別マニュアルという環境省の報告書があった。

ホオジロ(Emberiza cioides)
識別マニュアル
平成23年10月
環境省自然環境局野生生物課鳥獣保護業務室

その報告書の2ページに

・・・以前は対馬と壱岐および韓国の済州島のホオジロは,
亜種イイジマホオジロE. c. ijimae という別亜種にされていたが,現在では対馬と壱岐の亜種
イイジマホオジロは亜種ホオジロに含められ,・・・・

とある。

他にも先日、対馬で話題になったリュウキュウキビタキの識別マニュアルなどもあった。
環境省の業務範囲も広いな!

鳥弁だが、遅い時間に自宅で食べることになった・・・・


セグロカッコウが鳴いた

南南西の風8mという天気予報だったが
この風向きは東側の遊歩道は風裏になるので豆酘埼を目指した。
先着の正ちゃんご夫妻に状況を尋ねると、芳しくないと。

海上を風上に向かって飛ぶ海鳥がいた
1P1700237 (640x471)
2P1700243 (640x479)
航路標識が休憩所なのだろうか、取り合い?

陸上で最初に迎えてくれたシジュウカラ
3P1700144 (458x640)

地主のホオジロ
4-1P1700632 (640x449)
ある図鑑には「※対馬で留鳥として繁殖する個体はイイジマホオジロと呼ばれ、
亜種ホオジロとチョウセンホオジロの中間的な形態という」とある。

ヤマガラも地主さん
5P1700787 (640x442)

センダイムシクイか?
6P1700354 (640x479)

サメビタキもいた
9P1700431 (640x482)

豆酘埼のオオトリは、ここの大地主のトビ
10P1700806 (640x473)


瀬の田圃にオグロシギが、と正ちゃんからの情報で
豆酘埼を離れ美女塚側に向かう途中でセグロカッコウの声を聴いた。
道路脇に車を停めて暫く探してみたが、相変わらずの声だけの鳥だ。

キセキレイ
11P1700841 (640x478)

オグロシギ
12P1700857 (640x475)
夏羽の綺麗な2羽のオグロシギ
先日は生憎のモロ逆光だったが
今日は順光側で観ることが出来たが・・・遠かった^^;


画像整理の日

雨脚はそれほど強くはないが午前中雨が降った。
午後から雨が上がったかなと思っても出かける気にもならないので
撮りためた画像の整理をする。

5月5日の「大物づくし」にUPしたリュウキュウキビタキは
キビタキの若♂ということで決着がついた。

豆酘埼で撮影、記録されたリュウキュウキビタキは
5月8日と10日に撮影されたものがホンモノということになった。

ボクはその両日とも豆酘埼に足を踏み入れてないので
ボクがリュウキュウキビタキと思っていた子は
全て「キビタキ♂若」になる。残念

キビタキ♀
1P1655016 (640x478)
2P1666385 (640x479)
今まで???だったこの子は
ボクなりにいろいろと調べた結果キビタキ♀とした。

メボソムシクイ
3P1699860 (640x474)
4P1699900 (640x472)
昨日のムシクイ類はメボソムシクイとしてボクのアルバムに登録した
間違っていたらゴメンナサイマセ


午前中、玄関の軒下で新しいカメラに慣れるため
あれこれと試してみた。

近所の屋根のカラスがモデルになってくれた
5IMG_0600 (640x467)

撮っているといきなり飛び出したが生憎、単写にセットしていた
6IMG_0601 (485x640)

そして近所の猫

レンズを向けると睨まれた
7IMG_0607 (640x481)

やはりまだ慣れないしレンズとの相性も分からないし、
3年前購入したカメラをメインに使いながら操作に慣れるしかない。



風見鶏

5月17日撮影の野鳥たち

昨日は豆酘埼~中山までと普通は走行しない距離を運転した。
駐車場に車を停めると図鑑をめくる「ゆるるばってん」さんとT君の姿が目に付く。
超大物のオオジュウイチとカンムリカッコウの確認中だった。

ヨッシャ!ここはお相伴にあずかろうとポイントへ急いだ。

ナンチョウ気味のボクには野鳥の声が聴こえない。
ベテランの方々のレンズ方向を確認しての撮影となる。
一人で探鳥している時は、視野に入る世界で動く「物体」だけが頼りだ。
だから・・・相手が動いてくれないと困る。

見つけた!風見鶏!
1P1699474 (565x640)
皆さんが、シロガシラが鳴きながら飛んでいると言っていた
彼(彼女)が燈台のテッペンに止まるのが見えた。

サメビタキ
2P1699648 (640x473)
3P1699782 (640x438)
多分、図鑑に書いてあるように
「チョヂィーチヂョチョルルリ・・・」と鳴いているのだろう。

ムシクイ類
4P1699883 (640x485)
5P1699887 (640x453)
6P1699897 (640x475)
7P1699900 (640x472)

困ったことにまたしても撮ってしまったムシクイ類
よく見てねと、頭を下げたり後姿などポーズをとってくれた。
目の前だからトリミングは4隅を整理しただけ。
頭央線がないのでセンダイムシクイではないとだけ判る^^;

鳥弁を食べた後、今日何回目になるか分らないポイントへ向かう。
正ちゃんご夫妻と3人、腰を据えて待つ。
あ、ゆっくり構えてということではなく
(コンクリートのタタキに腰をおろして)

午後1時半を過ぎ動きも鳴き声もしなくなった(という)
「ではまた明日!」とお二方と別れ自宅へ戻る途中で
今季二度目のヤマショウビン情報をいただく
現在地から約2時間の行程だが躊躇することなく北へ車を進めた。

ボクも仲間に入れてもらい現地で待つこと1時間半。
集まっていた方々も撤収とのことになった。
今日も見ることが出来ず、2球(2日)続けて空振りのツーナッシング!

帰宅したのは6時を過ぎていた。
ブログの更新よりも晩酌を優先し更新が今朝になった。

やはりボクはブロガーではなくバンシャクカー(晩酌家)


出た!ヤマショウビン

朝、ヤマショウビンの情報をいただいた。

昨夜もいつものように早くに(-_-)zzz (-_-)zzz 状態で、
チェックするブログを見ていなかった。

で、西方面に早朝鳥見に行く道中にメールが入り、
一旦自宅に寄り鳥弁をピックアップした後、北に向かった。
現地まで1時間10分、先着の方々に尋ねると「チラッ!」観だとか。

いつかきっと出るだろうと期待しながら
皆さんと鳥談義に話が弾んだ。

このような環境
1P5160001 (640x480)

矢印の枝に止まったと聞いた。
2P1699399 (640x479)
晩酌が終わった後のペイント作業は???マウスがアチコチ走る^^;

待ち時間にカワラヒワが慰めてくれた
3P1699410 (640x479)

河原にはコジュケイがやってきた
4P1699430 (640x456)

待てど暮らせど来ぬ人(やまちゃん)を待ったが、夕方の5時に撤収した。


帰り着くと相方が「やっと出来たよ~~!」と、笑顔で言う。

ボクは市販の「速射ストラップ」ではなく、古いバッグの肩掛けベルト?
を、100円ショップのカラビナなどで工夫し使っている。
6P5160001 (2) (640x494)

状況によりカメラとレンズは2台を使い分ける。
ミラーレスは1.9kgだが、一眼の方は3.1kgとかなり重い。
一眼を使うときは首が痛くてどうしようない。

そこで相方に「肩パッド」を作ってくれるように頼んでいた。

ミラーレス用と一眼用の2つも作ってくれた。
5P5160004 (640x472)

一つはマジックテープ、もう一つはボタン?で変化があってよい。
早速、装着して肩にかけてみた。
7P5160001 (3) (640x474)

2つとも具合が良い(^.^)
明日からの鳥見が楽になりそうだ。






我が家にも届きました!

特別定額給付金の交付申請書が昨日に届いた。

雨が降った今日、封を切って中身を取り出してみる。
丁寧にカラー仕様の「記入例」も同封されていた。

さて、何に使うか?と思案するまでもない。

実は・・・・、給付金を見越して既に「あるもの」を購入済みで
品物は10日に届いている。
その「あるもの」はボクの給付金だけでは足りなく
相方の給付金まで出してもらうことに・・・ (^.^)

窓口に行くことなく、申請書に必要事項を書き込み
用意されている封筒に入れて投函するだけ。
もちろん、切手を貼る必要もない。

ただ申請書別紙に添付する
「申請者本人確認書類(運転免許証等)」と
「振込先の口座の」のコピーが必要。

コピー出来ない家庭はコンビニでコピーできるが
コンビニもない所に住んでる方は不便だろうな・・・


1P5150002 (640x479)

2P5150001 (640x479)

3 (640x478)

今日の豆酘埼は

鳥たちも風もなく、山も海も静かだった。

イソヒヨの縄張りにトビがいた
1P1688774 (640x479)

海上には獲物をしっかり捕らえたミサゴが得意げに飛んで行った。
2P1688826 (640x451)

いつものホオジロ
3P1688837 (640x479)

サメビタキ
4P1688856 (640x448)
ボクは今季初

センダイムシクイ
5P1688948 (640x480)
この白い頭央線が目印、らしい。ボクにも識別できる。

この子は?
6P1688975 (640x504)
7P1688980 (640x455)
頭央線がハッキリしているが、この子もセンダイムシクイ?

この子は????
8P1699087 (640x479)
9P1699092 (640x479)
頭央線がないような?
ムシクイ類はいよいよワカリマセン

キビタキ
10P1699068 (640x456)

眼の上の色が白か黄色かで、なぁ~~んだ!となる。
よく見ると綺麗な鳥さんなのにねぇ・・・

ムギマキ♀
11P1699079 (640x476)
この子はまだいてくれた。姿が見えると嬉しい!

アカモズとムナグロ、オグロシギは正ちゃんの情報で
毎度ありがとうございます。

アカモズ
12P1699146 (640x436)
内院の集落にいたが、生憎のフェンス被りとなった

ムナグロ
13P1699310 (640x477)

オグロシギ
14P1699271 (640x424)

ムナグロとオグロシギのツーショットは2017年以来となる。
小茂田の田圃は生憎の逆光だった。



今日も

朝から豆酘埼詣で、駐車場に車を停め一息ついてから探鳥を開始した。

いつものように東側の遊歩道をゆっくりと歩を進めていくも
鳥影が無い。

とうとう岬の先端まで来た。
正面にイソヒヨ
「やぁ、今日も来たの!」と敬礼で迎えてくれ
折角だからと、場所を変えながらモデルになってくれた。

イソヒヨ
1P1688323 (640x473)
2P1688469 (640x436)
3P1688765 (640x449)

シマアオジ♂若?
4P1688218 (640x493)
5P1688250 (640x486)
遊歩道を引き返していると、藪の中から顔だけ見えたので
立ち止まって観ていたらシマアオジの♂若みたい?
ただ、いつものように自信はない

引き返す道中で「沈まんばい」さんに出会う。
マミジロキビタキを撮っていた。
そして次はオジロビタキを発見された。

オジロビタキ?と思ったがムギマキみたい
6P1688631 (640x480)
遠くの枝に止まっていた

こちらもムギマキ♀?
7P1688680 (640x463)
一瞬だったが、先日も見たムギマキ♀?

またまた???
8P1688177 (640x480)
この子も後姿の一瞬だけだった、もう少しサービスしてよ!

水分補給のため車に戻り時間を確認すると
「今ぴったり2222歩です!ラッキー♪」と、ガラホにメッセージが出た。
9P5130008 (640x506)

今年1月、今まで使っていたケータイをいわゆるガラホに変えた。
スマホでもよかったが、一日中パソコンの前に前に座ることが多いし
出かけるときはタブレットで情報を得ている。
ネットが繋がる契約だが画面が小さいので見ろうとも思わない。
このところ毎日6000歩~7000歩を記録する。

マツクイムシの被害で名物の松が立ち枯れ状態の豆酘埼の景色
10P5130011 (640x474)



大当たりの一日!

今日は南南西の風が5~6mとの予報、目指すポイントは風裏にあたる。
鳥弁が出来るのを待って南を目指す。
毎日、早朝から鳥弁を作ってくれる相方に感謝!

風向きを期待して行ったが鳥影はない。
しばらく遊歩道を行ったり来たりしながらの探鳥が始まった。

今日の豆酘埼の景色
1-1P1666283 (640x454)
晴れてはいるが、どんより?靄がかかったような天気だった

今日であった野鳥たちの順序は撮影順とは真逆で、最後に写した
シマノジコを、なんといっても一番先にもってきた。

豆酘~浅藻と周り、内院に向かった。
集落に入ると正ちゃんの車が反対側の道路を走っていたので
停車し電話で情報を尋ねた。
「シマノジコが出てるよ~。今、引っ込んだので一回りして・・・」とのこと。

教えていただいたポイントで待つこと「3分」
まるでインスタントラーメンのCMみたいにお目当ての彼が出てきた。
しかも、しかも♂・♀合わせて4羽! (@_@;)

まず4羽揃い組から(1羽は害獣除けフェンスの中)
1-2IMG_0142 (640x466)
1P1688019 (640x479)
2P1677796 (640x479)
4P1677747 (640x460)
5P1688059 (640x479)
水を飲むシマノジコを見たは初!!

正ちゃんに感謝・感謝! ありがとうございました。

で、写真は朝の豆酘埼に戻って

今日もいた???の子
7P1666385 (640x479)
いったい君は誰なんだ?
やはりキビタキの♀なんだろうね

ミソサザイ
8P1666495 (640x438)
レタッチしまくった^^;

ムシクイ類
9P1666549 (640x470)
10P1666553 (640x479)
白い頭央線が見えないので、センダイムシクイではないと思うが・・・

オウチュウ
11P1666774 (640x446)
浅藻で2羽を確認した

ツメナガセキレイ
P1666806 (640x471)
シマノジコの田圃で

マミジロツメナガセキレイ
P1666829 (640x479)
同じくシマノジコと同じ田圃にいた


ホオジロ
15P1677019 (640x465)
16P1677012 (640x431)
シマノジコが藪に引っ込み、その幕間に
       大舞台の上で
  「オレもいるんだヨ~~~」と自己主張を始めた。
 シマノジコが出てくると「アッ!お呼びじゃない?失礼しました」と、言ったかどうだか?

クサイチゴ
17P1666282 (640x479)

そういえば、今日の朝一で撮ったのはこのこだった(^.^)




鳥見は楽しい

気温が上がり気持ち良い朝、今日も鳥弁を持って出かけた。

今日、出かけた場所は、昨日とは違い、
いろんな野鳥たちが次から次に出てくれたので
午前中いっぱい、退屈しないで過ごすことができた。

ところが・・・ボクの知識では同定することができない鳥さんが出てきた。
困った、困った・・・
と、思いながらも右手の人差し指は勝手にシャッターを押す。

まず喉から胸元、お腹にかけてオレンジ色の子
ムギマキの♀?、♂若?、と思いながらシャッターを押した
1P1655865 (640x479)
2P1655905 (640x466)
3P1655994 (640x478)

次の子は、????ママ、写した
4P1655724 (640x479)
5P1655913 (640x479)
6P1655936 (640x471)

参考までに、この子は先日、同じ場所にいた子
似ているようで、似ていないような?
7-1P1655016 (640x478)

サンコウチョウは♂と♀が一羽ずついた。
この子たちはすぐに判る(^.^)
頭隠して尻隠さずのサンコウチョウ♂
7P1666075 (640x480)

こちらはオオルリ♀かな?
8P1655981 (640x480)

情報をいただいて今季初のオウチュウを撮影
ハッキリと同定できる子と出会えたら嬉しい^^;
9P1666209 (640x480)
10P1666240 (640x467)
数えると8羽もいた(@_@;)
今まで一度に見たオウチュウは4羽が最高だったので
これまたビックリ!

さて、明日も好天気みたい
どんな鳥弁ができるか?それも楽しみの一つである。


ヤマボウシとキエビネ

今年もヤマボウシが咲く季節がやってきた。

対馬の自然 ―対馬の自然と生きものたち― によると
長崎県の他の自生地では高山でしか見ることができないが、
対馬では海岸付近から山頂までは生え、浅海湾など波静かな入り江では、
ヤマボウシの白が海に映え美しい。
とある。
花のように見えるのは総苞片(そうほうへん)というそうだ。

ヤマボウシ
1P1655500 (640x470)
写真のヤマボウシは、友人が種から育てた苗を、
我が家の庭に植えてくれたもの。
随分と背も高くなり二階の窓から写した。

キエビネ
2P1655495 (640x479)
探鳥のため薄暗い林道を通過中に咲いていた。
毎年、盗掘にあわないで懸命に咲いている。

ボクと相方が「お花畑」と呼んでいる場所は
キエビネ畑は害獣柵で囲って管理してあり、それはそれでよいと思う。

アオサギ
3P1655474 (640x480)
田植えが終わった洲藻の田圃にいた。

今日の加志、洲藻、ダムも静かだった。







雨のいちにち

夜半から降り始めた雨が今も降っている。
南南東から南風が強く吹いていて、
この風向きは、繁殖のため北方へ渡っていく野鳥たちに好都合なのだろうか?

天気予報では日付が変わる頃に曇りマークになっていて
明日からの鳥見に期待が持てそうだ。

5日~6日に豆酘埼で見た正体不明の野鳥たちを識別してみようと
図鑑を引っ張り出してみたが、相変わらずチンプンカンプン^^;

この子はオオルリ♀?
5-5-1P1622995 (640x463)

こちらはキビタキ♀?
5-5-2P1633334 (640x479)

オオルリ♀だろうか?
5-6-1P1644843 (640x458)
5-6-2P1644983 (640x492)

この子は???やっぱりキビタキ♀?
5-6-3P1655010 (640x479)
5-6-4P1655016 (640x478)

どなたか教えてください。

ボクにはムシクイ類やオオルリ♀、キビタキのメス、ヨシキリ科の野鳥たちは
識別が難しい。
撮らなきゃいいのに!と、あとでいつも思うが反射的にシャッターを押してしまう。





近場も

たまには足元も、と・・・
洲藻~加志~洲藻~ダムのコースを周ってみたが
やっぱし、何もいないことには変わりがなかった(見つけることが出来ない)
午後から所用があり鳥見は中止、久しぶりに自宅で相方と向き合っての昼食だった。

トビ
1P1655267 (640x441)
♪♪対州名物にトンビにカラス~~~♪♪
と、対馬の民謡「陽気節」の一番に歌われるだけあり空を見上げると
トンビにカラスがワガモノ顔で加志の上空を飛び交っていた。

マミジロツメナガセキレイ
2P1655280 (640x472)
3P1655351 (640x480)
加志川の管理用護岸道路の上に2羽いたが
撮れたのはその内の1羽だけだった

洲藻では田圃にいたコホオアカに飛ばれてしまった。

洲藻からダムに抜ける道筋も鳥影はなく寂しい。
サンコウチョウが来ていないか探したが見つけることが出来なかった。

カケス
4P1655397 (640x478)
5P1655399 (640x479)
6P1655419 (640x474)
ダムの周回道路の常連さんだが、なかなか写真に撮らせてくれない。
画像で確認すると、何やらムシをゲットしたようで
食事に夢中になりボクを無視してくれた。

モンキチョウ?
7P1655369 (640x479)
コノドジロムシクイがいた付近で。
チョウつながりで(^.^)


誕生日

いつもの時間に目覚めると北風が強い。
早起きした昨日は流石に疲れたが、早く寝たので体調はよい。
早朝出発ではなく、いつもの時間の朝食に祝いの赤飯が出た。
今日は近場を周ると言っていたので鳥弁は用意していないと言う。
大好物の赤飯でオニギリを作ってもらう。

誕生日を迎え、また後期高齢者に近づいたが老け込むわけにはいかない。

一昨日、昨日と豆酘埼は二日続きの大当たりの日だったので
赤飯オニギリを持って、サンレンチャン!を狙って出かけた。

先着の正ちゃんご夫婦が一回りされた後、ボクは駐車場に車を停めた。
情報を尋ねると「な~~~んもオランよ~~!」とのこと。

それでも諦めの悪いボクは、サービスを期待し遊歩道を何度も往復した。
が、流石にサンレンチャンの大出血サービスとはならなかった。

コサメビタキ
1P1655136 (640x436)

ムシクイ類
2P1655158 (640x479)
後ほど図鑑で調べるつもりだが・・・

キビタキ
3P1655172 (640x471)
恥ずかしがり屋のキビタキは明るい表舞台に出てはこない
以上の3種が今日の豆酘埼で出会った(ボクが)鳥さんたち

ムクドリ
4P1655192 (640x479)

タイワンハクセキレイ
5P1655203 (640x476)
この子たちは同じ田圃にいた

ホオジロ
6P1655212 (640x477)
県道を走行中に道路から飛び上がり後姿のまま藪の中へ
まったく愛想なしの子だった

アマサギ
7P1655250 (640x480)
ノートリのドアップ
農道横にいたが強風のため飛び立つことが出来ず
風に飛ばされないよう足を踏ん張って?いた

無人販売所で
8P5070008 (640x458)
鯛~タケノコと入った籠に、今日はホウレンソウとチンゲンサイが入った。

内山の集落を通ると無人販売所が数か所ある。
いつも徐行しながら中身を見る。
今朝は、出かけるとき相方から「葉物があつたらオネガイ」と言われていた。

そのチンゲンサイと昨日のタケノコが豚肉と、中華風の料理でビールを
飲みながらのブログ更新となった。

ボタモチ
9P5070002 (640x459)
義母がお祝いにと届けてくれた。
酒飲みのボクはボタモチも好きだ

若いころはほとんど食べなかった甘いものだが、
年々、甘いものも好物になり今や誰にも負けない両刀使いだ。
・・・・(単にイヤシイだけだが)・・・・



今日も

朝一で豆酘埼を目指した。
穏やかな海と朝陽がボクを迎えてくれた。
1-1P5060003 (640x465)

昨日のここでのカウントは最終的に45種だったとか。
http://bird-blog.kacchell-tsushima.net/

昨日、見ることが出来なかった2種、オジロビタキとシマゴマを見たい。
そして、ムギマキをもっと綺麗に撮りたいという個人欲が働いたための早起きだった

シマゴマは機嫌が良く、サービス精神旺盛だった。
1P1633774 (640x479)
2P1644434 (640x479)
3P1644610 (640x478)
4P1644651 (640x479)

シマゴマの撮影は2017年5月12日以来

ヨーロッパビンズイ
5P1644148 (640x464)
目の前にいたが気付かず飛ばれてしまい、遠い崖の上に止まった。

ヤツガシラ
7P1644372 (640x473)
この子はフレンドリーだった

マミジロキビタキ
8P1655096 (640x437)

昼食を摂るため美女塚の駐車場に行き、オニギリをホオバッタ時に
目の前に飛び出して瞬時に植え込みに隠れた。

食い意地が張っているボクだが、もうオニギリどころではない。
カメラ片手に前方を注視した。
しかし二度目に出てくれたのは駐車場端の車止めの向こう側だった。

ツーショット
9P1655041 (640x479)

キガシラセキレイ情報で行った所にいた仲良し二人組
キガシラのポイントには2度行ったが、今回は縁がなかった。

タケノコ
10P5060007 (470x640)

ブッポウソウのポイント近くにある無人販売所にあったタケノコ。
一袋に大小3本が入り200円、相方の土産にと3袋を求めて帰宅した。

この籠は昨日、大きな鯛をいれた便利な籠だ(*^_^*)




大物づくし

今日の豆酘埼は昨日までとは違い、朝から大賑わいで
150m位の遊歩道を挟んで43種の野鳥が出た。(ボクが撤収するまでのカウント)
勿論、ボクが全種類を観た訳ではなく、そこに居合わせた人達で観察された野鳥の数だ。

主なものはシマノジコ・コルリ・ムギマキ・シマゴマ・リュウキュウキビタキ
マミジロ・ウチヤマセンニュウetc.・・・

詳細は下記のブログでどうぞ
http://bird-blog.kacchell-tsushima.net/


リュウキュウキビタキ
1P1633399 (640x479)
初見・初撮影

ムギマキ
2P1633177 (640x479)

マミジロ
3P1633243 (640x475)
撮影できたのは初めて!

コホオアカ
4P1633599 (640x479)

ジョウビタキ
5P1622973 (640x453)
一瞬、大物! 今時に見たので・・・そう思った

今日は端午の節句、ということで定番の和菓子。
ボクの鳥弁のオヤツには兜の和菓子が入っていた。
6IMG_3145 (640x480)

夕方、帰宅すると知人が鯛を持って来てくれた。
7P5050003 (640x479)
こちらも大物で6.5kgと8.4kgで小さい方を近所に住む弟へとのことだった。

8P5050005 (640x457)
大きさが分るように新聞紙を広げてみた。

今日の歩数は8500歩、ほとんど豆酘埼で
今日もよく歩いた。

ブログもアップしたことだし、今から晩酌の仕切り直し(*^_^*)




新顔が入ってこない

昨夜の雷雨で乾いた大地も潤い、新たな野鳥がやってきたかもと
今日も期待の一日が始まった。

朝起きると庭の方でヒヨドリの鳴き声がする。
それも半端ではない。

数日前から色づき始めたサクランボの木に十数羽のヒヨドリが群がっていた。

ボクが追い払おうとすると
太っ腹の相方が言う
「いいやないね! いつも鳥の写真で世話になっとろうが・・・」と。
ごもっとも(*^_^*)

雨に濡れたサクランボをマクロで撮ってみた。
1-1P5040016 (640x462)

夕方には、もっと美味しくなっていることだろうと、一粒だけ口に入れてみる。
しかし、その夕方には色づいたサクランボの大方が消えていた。


朝食をとった後、昨日の濃霧が嘘のように晴れた道を南へ走った。

ボクの大きな期待に反して豆酘埼は寂しい

やっと見つけたキビタキ
1P1622702 (640x470)
2P1622742 (640x458)

そのキビタキを数ショット撮っていると、少し大きめの鳥影が
凄い速さで目の前を横切って木の枝に止まった。

写している時はハイタカと思っていたが、パソコンに落としてみると
どうやらツミの♀みたい?それともアカハラダカ♀?
自信が持てない^^; 別の野鳥だったら教えてください

ツミ♀??? それとも アカハラダカ???
3ハイタカ♀
4P1622773 (640x479)

それにしても尾羽が短いし傷んでいるようにも見える。
渡りの厳しさだろうか?

ミサゴ
5P1622848 (640x479)
遠かった~~~

ノジコ
6P1622872 (640x455)
こちらも遠い、遠い、でも綺麗な個体だった

豆酘埼を後にして南地区のポイントを周回したが
今日も鳥たちは少なかった。
また明日に期待したい。



バードソン

先日、対馬野鳥の会事務局よりメールが届いた。


[第2回対馬野鳥の会バードソン大会のご案内です。
バードソンとはバードウォッチングとマラソンを合わせた造語で
個人またはチームで決められた時間内に何種類の野鳥を確認できるかという競技です。
昨年、初めて開催しましたがとても面白かったです。
という事で今年も開催します。]



昨年は所用があり参加できなかったが、
今年はハリキッていつもより早く出発した。

生憎の小雨の中、南へ走る県道は標高が上がるにつれガスが濃くなっていく。
ライトを点灯し慎重に運転して久和に到着、まず昨日のクロウタドリの
ポイントへ行くとトラクターで田圃を耕す作業中だった。

南方面のポイントを周回するが、目新しい子たちに出会うことはなかった。
途中、メンバーの方々と情報交換するも、「何処も何もいませんね~~」と
あらかじめ準備していたような答えが返ってきた。

で、ボクがカウントした野鳥の数は普通種ばかりの31種。
特筆するような子との出会いに恵まれなかったが、
ボク的にコヨシキリに会えたのは大収穫だった。
セッカ

今日、撮影した野鳥を順不同で

コヨシキリ????
セッカ
1P1622270 (640x457)
コヨシキリだったら、2006年5月20日、加志で撮影して以来だ
「沈まんばいさん」よりメールで教えていただきました。

セッカは初見・初撮影\(~o~)/
2P1622356 (640x480)
3P1622417 (640x479)

豆酘埼の先端から西側、海上の方から鳥影がやってきて
カヤの茂みに、それこそ墜落するような格好で飛び込んだ。

気になって、暫く動かないでカヤの株もとを見つめていたら
少しずつ姿が見えてきた。
風裏とはいえ強風でカヤの穂先が揺れるのでピントが合わない。

イソヒヨ♂
4P1622135 (640x479)

イソヒヨ♀
5P1622424 (640x479)

ミサゴ
6P1622133 (640x471)

タイワンハクセキレイ
7P1622013 (640x468)

コサメビタキ
8P1622103 (640x479)

ツバメチドリ
9P1622572 (640x479)
昨日もいたが、今日は疲れているのか警戒心がなかった

蝶?
10P1622124 (640x479)
豆酘埼で撮影、名前は分らない・・・

今日の雨が野鳥たちのワタリにどのように影響するのだろうか?
明日以降が楽しみではある。


{追記}

豆酘埼で撮った画像を一通り見ていた相方が
「これ、コヨシキリ? セッカじゃない?」と言う。

尾羽下面の縞模様や背中の黒褐色と淡いバフ白色の縦斑etc.・・・・

画像をアップしますので、どなたかご教示くださいm(__)m
1P1622356 (640x460)
なんとなく口の中が黒ぽい?ような・・・

2P1622384 (640x494)
尾羽下面の縞模様

1P1622375 (640x479)

2P1622268 (640x457)

よろしくお願いします。

追記の追記
昨夜、沈まんばいさんよりメールをいただきセッカと分りました。
ありがとうございました。

ビッグネーム

今日も鳥弁持って南方面へ一直線。
久和の集落に入る前の県道でFさんに出会い、鳥情報を尋ねると「芳しくない」とのこと。

暫く車を走らせ薄暗い県道に何やら鳥影が見える。
双眼鏡で確認するとクロツグミのオスとメスが盛んに餌を食べていた。

クロツグミ
1P1611517 (640x480)

久和の集落はカメラを構えることもなく内院へ向かった。
ここでもキマユホオジロとコホオアカがメイン。

次のポイントの浅藻に向かうため車を県道側へ方向を変えた。
集落の外れでHさん遭遇。
またしても「人頼み!」の情報集め^^;

浅藻の海岸に「ツバメチドリがいた」という貴重な情報をいただいた。
心はハヤルが、そこはモットーの「安全運転」を心がけポイントに到着した。

ツバメチドリ
2P1611663 (640x478)
久し振りだ!
飼い猫?だか、野良猫だか知らいないが、虎毛の猫がツバメチドリに狙いを定めて
すり足、忍び足で近寄っていく。そのたびに・・・
よい塩梅にボクの車に近い所に着地してくれた。
3P1611716 (640x479)

その後、豆酘埼を周るが鳥影が無い。
豆酘埼に至る道路では欧米系の外国人男性二人が探鳥していた。
シマゴマを探しているらしい。

豆酘埼で鳥弁をホオバリ、マッタリしていると
メンガタセキレイが出たポイントにヒメコウテンシの情報をいただく。

ここでボクの悪い癖がでた。

「ヒメコウテンシはいつでも見られる・・・」とタカをくくり
久和に向かう前に途中のポイントに立ち寄り道草^^;

やはり何もいないのでヒメコウテンシのポイントに行く途中に
着信を知らせるヴァイブがポケットの中で振動した。
道路脇に停車して発信者を確認すると、今朝がたお会いしたFさんから
「ヒメコウテンシのポイントにクロウタドリが出てるよ!」

そのポイントまで5分はかからない場所まで来ていた。
広場に駐車し三脚を担いで小走りで走るも、思ったように走ることが出来ない。

そのクロウタドリはすぐに引っ込んだとのこと。
その内にメンバーが三々五々、集合した。

ヒメコウテンシ
4P1611737 (640x475)

クロウタドリを待つ間に・・・

そして、待つこと約2時間でクロウタドリは出てくれた。
最初に地面に降りた後、すぐに木の枝に飛び移った後は暫くサービスタイム。
だが、いかんせん距離が遠い^^;
クロウタドリ
5P1611752 (640x479)

6P1611811 (640x482)

7P1611877 (640x492)

初見・初撮影\(^o^)/\(^o^)/
最初に見つけたHさんと連絡いただいたFさんに感謝、感謝!

今夜半から傘マーク、明日も終日傘マーク。
野鳥たちの渡りに、今夜からの雨がどのように影響を与えてくれるか、楽しみにして
晩酌を楽しみたい(*^_^*)


夏も近づく

♪♪八十八夜♪♪
早いものでもう八十八夜(@_@;)

久し振りに加志の早朝鳥見を思い立った。
というのも、ここのところ毎日、南や北に遠征?で
早朝鳥見をパスしていた。

現地では先着の「ゆるるばってんご夫妻」が観察中だ。
尋ねると「コウライウグイス」が鳴いているとか!
ボクの耳にも口笛を吹くようなオトが聴こえる。
初めて聞くコウライウグイスの鳴き声に興奮した。
暫くすると声がしなくなった・・・

一旦帰宅後、正ちゃんからケリ情報で再び加志へ。

ケリ
1P1611261 (640x480)
久し振りのケリは生憎の逆光だった


加志から南方面へ
久和~内院~浅藻~豆酘埼と探鳥した。
稲干し場に群がるスズメ以上にいたマヒワ・キマユホオジロたちの姿が少ない。
栄養補給が終わり抜けてしまったようだ。


今日、撮影した鳥たち

キマユホオジロ
2P1611268 (640x478)

コホオアカ
3P1611283 (640x434)

コサメビタキ
4P1611339 (640x479)

ハクセキレイ
5P1611447 (640x463)

ルリビタキ
6P1611453 (640x479)
最後に行った豆酘埼で撮影

アツバタツナミソウも綺麗だった
7P1611466 (640x479)

天気は明日から下り坂とか・・・・

一雨もふた雨も欲しい



プロフィール

テマドハルベ

Author:テマドハルベ
団塊世代、もうすぐ後期高齢者。
花鳥風月、なんでもありのブログです。

ようこそおいでなさいました
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR