FC2ブログ

今日も定食Aコース

毎日のように同じ定食を食べているが、味付けに変化があるので飽きることはない。
今日はキビタキの♂が定食Aコースのメインだった。

キビタキの定食Aコースを食べたのが4月8日、その日から毎日のように出て、
いささか食傷気味であった。

しかし食傷気味と言える日は長くは続かず、
「またお願いします!」と心に念じても
今日まで食卓に上がることはなかった。

ところ・・・が、ボクの願いが通じたのだろう。
突然、目の前に現れ、暫く相手をしてくれた。

同じオレンジつながりで、ダムサイトに咲くハクウンキスゲを。
日本では対馬にだけ自生するユリ科の植物だが、
近年はシカ、またはイノシシの食害にあい自生地が限られてきた。
彼らも近づけない急峻な崖地でしか見られないようになってきた。
ハクウンキスゲに限らず、獣害で対馬の植生が危機状態にあると聞く。

定食Aコース、メインのキビタキ
1-1P1444431 (640x481)
2P1444452 (640x469)
3P1444384 (640x466)

ハクウンキスゲ
4P1433215 (640x468)

ハクウンキスゲが咲く環境
6P5300003 (428x640)

ハクウンキスゲが咲くダムサイトの崖にミサゴが羽を休めていた。
5P1433406 (448x640)






スポンサーサイト



男はつらいよ

サンコウチョウの季節になったが、ボクには縁がないのか
まだ声を聴くだけで姿を見ることが出来なかった。
今日こそは!
と、意気込んで定食Aコースを往復した。

意気込みとは裏腹に姿どころか声さえ聴くことがなかった。
気分転換に堰堤からダムを覗きこみ時間を過ごす。

気を取り直して車を進めると、道路下から「ホイホイ」と馴染みの声が聞こえた。
道路わきの、比較的広い場所に車を停めて下をみると
サンコウチョウらしい影が木々の間に見えた。

暫く見ていると、♂が巣作りをしているようだ。
暗い所を忙しなく行ったり来たりしていたが、
突然、木の上の方に姿を見せてくれた。
サービスしてくれたのは、その時だけだった。

「旦那はマイホームづくりに忙しいから」
と言ったかどうか分らないが、マダムが相手をしてくれた。
このマダム、木々の間を飛び交うだけで、巣作りは旦那にまかせっきりみたい。
愛想が良かったマダムも、暫くすると姿を見せなくなった。

ということで、今日の画像は今季初のサンコウチョウばかり!


働き者の旦那から
1P1433571 (479x640)
2P1433572 (471x640)
3P1433582 (527x640)
4P1433576 (640x462)
5P1433590 (640x479)

愛想良しのマダム
6P1433601 (640x479)
7P1433606 (640x473)
8P1433615 (640x479)
9P1433777 (640x490)
10P1433828 (640x491)

枝被り画像ばかりだが、これで一応、ひと安心(*^_^*)

夫婦喧嘩?!

いない、いないと呟きながら集落の狭い道を走行中に
遥か向こうの電線に鳥影を視認した。

双眼鏡で見ると、ホオジロみたいだが少し色が薄いみたい。
幼鳥かな?と思いながら撮り始めた。

その時、後方からクラクションが鳴った^^;
慌てて車を移動したので、鳥の行方も分からない

帰宅して画像をパソコンに落としてみて分った。
親鳥が餌を持ってきた!と思っていたが、ナント・なんと、
オスとメスのバトルだった(@_@;)

1枚目は幼鳥、それとも♀かな?
2枚目、餌を待ちきれない?
ところが3枚目以降、餌やりのシーンではない!
いったい何だったろう・・・・夫婦喧嘩?・・・・

迎え撃つ?♀の眼が怖い

1P1433064 (640x488)
2P1433070 (640x500)
3P1433071 (640x463)
4P1433072 (640x465)
5P1433073 (640x467)
6P1433074 (640x462)

朝一に見たヒヨドリ
8P1422962 (640x465)

今日の帰路のトラツグミは相変わらず餌取りに夢中
9P1433187 (640x479)

巣立ち雛に遭遇

23日~24日と二日連続で「光化学オキシダント」による大気汚染注意報が出た
対馬だったが、今朝はその気配をあまり感じなかった。
で、今日も山道を行ったり来たり・・・

初めて入る山道は路面の状況が分らないので、車を停めて歩く。
人があまり入らない山道は薄暗い。
マムシが怖いので下を確認しながら前に進むも、鳥影はナシ。

そして今日、ボクの相手をしてくれたのは、巣立って間もないヤマガラの幼鳥だった。

なんだ?コイツ! 見下ろしで^^;
1-1P1422924 (640x485)
どれどれ、もう少し近づいてみるか!
1-2P1422839 (640x472)
なんや、爺さんやないけとプイツッ
1-3P1422843 (640x449)
でも、可愛く撮ってもらうならと、ポーズ
2-1P1422897 (640x465)

「いやぁ~、とっても可愛いよ!」と言ったら、ウィンクを返してくれた(*^_^*)
2-2P1422800 (640x460)

ここを通る度に撮りたくなる風景、佐須の士富
2P5250001 (640x340)
山道の行き止まり
3P5250013 (640x480)

明日も天気は良さそう。
夕方は裏の菜園に水やりをした。

今季初のオウチュウ

今日も頼りになるナビゲーターが助手席に鎮座。
しかし、肝心の鳥影が全く無し。
昼食後、仕切り直して出かけたが、いつものコジュケイのペアがいたぐらい。

午後3時をまわった頃に着信音が鳴る。
正ちゃんから!
「内院にオウチュウがいるヨ」

詳しい場所を確認して、現地まで45分の行程を車を進める。
小浦の信号付近で後方からサイレンを鳴らした消防車とパトカーに追い越された。

厳原市街を通過中に久田の林野火災で、すでに鎮火したと放送を聞いた。
久田の港の、木材の集積所に消防車が多数、木材置場でも林野火災?

現地に到着後少し探すと、杉の木のテッペンに情報のオウチュウはいた。
僅か1分足らずのショーだったが今季初のオウチュウを楽しんだ。

オウチュウを見た後は内院の集落内を探鳥したが、カワラヒワとスズメ、ツバメが多かった。

フロントガラス越しに撮影
1P1422528 (640x466)

高い杉の木のテッペンにいた
2P1422571 (640x482)
3P1422561 (640x449)
強風に煽られた後、山影に消えた
4P1422549 (640x473)

鉄柵でパフォーマンスをするカワラヒワ
5P1422604 (640x479)

なぜかスズメが多かった
6P1422729 (640x472)

ひょっこりはんスズメ
7P1422655 (640x484)

今季初のオウチュウ情報をありがとうございました。

ナビゲーターは相方

今日も助手席に相方が乗った。
実は昨日の午前中、久しぶりの鳥見に付き合った相方。
見る目が多くなると鳥も見つけやすい。
昨日の遠めのクロツグミに気づいたのも相方だった。

で、今日は少し遠出をしてみた。
ダム~上見坂~士富~日掛~久田~林道経由内山峠~矢立林道~久根田舎~
上槻~椎根~匠(昼食)~日見林道~ダム
所用時間は約6時間・・・

案の定、一人より二人の方が見つける鳥の数が多い。
鳥の写真は撮れなかったが、たまには二人で周るのもよい。

最初にカメラに収めたのは、まだ若いツシマジカだった
すぐに近くにいた母親のもとに行き山奥に消えた
1P1422288 (640x480)
2P1422306 (640x471)

日掛から久田に通じる市道の横にアカハラダカがいた
3P1422399 (640x468)
4P1422343 (640x447)

上槻の海岸には海藻(多分、ホンダワラか)を干す女性がいた
5IMG_7624 (640x447)

椎根の石屋根の前は田植えが終わっていた
6P5230008 (640x448)

電線にはドバトが仲睦まじく
7P1422524 (640x455)

遅い昼食は久し振りに「匠」で
相方は「ごぼう天ソバ」、ボクは「とろろ地鶏ソバ」を注文
8IMG_7632 (640x482)

生憎、腹を減らしていたボクは撮影前にとろろを混ぜてしまい、
見苦しい写真になってしまった。
9P5230010 (640x478)

さて、明日は・・・・

声だけ~~~

昨日、ダム奥で今季初のホトトギスの声を聴いた。
毎年、この時期になると聴くオナジミノ鳴き声だが、姿を見たことがない。

しからばと

「見せぬなら 見つけてみせよう ホトトギス」

と、声の主を探して木の上を見上げウロンコロン・・・
あっけなく返り討ちにあった。

サンコウチョウも同じパターン・・・・
こちらは毎日、毎日、返り討ちの繰り返し。


他の野鳥の巣を襲う森のギャング、カケスはあちこちに見る。
1P1422194 (640x448)

はるか遠くの路上には子育て中のクロツグミの♀?
禁断の1100mm、内蔵テレコン+激トリ
2P1422249 (640x436)

まだ満開ではないが対馬の初夏には欠かせないヤマボウシ
3P1422283 (640x488)



奮闘中!

昨日の朝、ダムで今季初のサンコウチョウの声を聴いた。
サンコウチョウの鳴き声は不思議と聴くことが出来る。
姿を探したが見えず声も遠のいた。

期待して今朝も行くと一瞬だが、あの長い尻尾を見せたかと思うと
目の前を横断して山中に消えてしまい、二度と出てきてはくれなかった。
明日からの楽しみにとっておこう。

トラツグミは子育て真っ最中なのだろう。
あちこちで餌を探したり咥えたりしている姿をよく見る。

道路から木の上に飛びあがった
1P1422015 (640x479)
待っていると、やがて道路へ
3P1422052 (640x479)
しきりに餌を探し
4P1422065 (640x479)
いいかげんにアッチへ行ってよ!と睨まれた
5P1422083 (640x456)
ミミズをゲット
6P1422097 (640x475)
この後、飛んで行った
7P1422117 (640x467)

足元にチクシタツナミソウが咲いていた
9P1411956 (640x485)

明日はサンコウチョウが撮れるだろうか・・・

青い子は何処に

昨日も今日も同じようなコースを巡回したが、青い子も赤い子も
黒い子も、そして眼瞼輪がコバルトブルーの子も姿なし。
シジュウカラなどの巣立ち雛の姿を見ることもなかった。

ブログを見ると昨年の今日は上島でベニバト、ノスリとノゴマをUPしていた。
今季は3日にタカサゴモズ情報で田の浜に行っただけで
上島方面には御無沙汰している。
その上島も鳥影が薄いみたいなので、今のところ様子見をしている。

ダム線で繁殖していると思われるミヤマホオジロと
留鳥のカケスが少しだけ姿を見せてくれた。

ミヤマホオジロ
1P1411836 (640x452)
マッタリとくつろぐ
2P1411865 (640x454)
邪魔するな!と睨まれた^^;
3P1411844 (640x462)

カケス
4P1411887 (640x479)

5P1411920 (640x479)

名前を知らない白い花が咲いていた
6P1411941 (640x480)

何故かいつも撮りたくなる白嶽
7P1411878 (640x474)


友情に感謝!

ボクをはじめ、ヤマショウビンを待ちこがれているバーダーは多い。

このブログを見てくれている高校時代の友が、
昨日メールで送ってくれた画像がある。

まだヤマショウビンが出ないことを心配して
「どうぞ幸運が訪れますように願いつつ!!」
というメッセージを添えて、ヤマショウビンを送ってくれた。

彼は厳原の出身で大阪に在んでいる。
ハンドルネームは「河童」、ブログにコメントをくれている。

帰省した折に、川端通りのマンホールの蓋にヤマショウビンが描いてあるのを
撮っていたそうだ。
ボクは、川端通りを車で通過するので知らなかった。

お返しに・・・
「お船江橋」の歩道には5種類の「河童」がいる。
その内の一枚が、ボクと彼に非常に共通しているので・・・

残りの4種の河童には、
大阪の「河童」が今夏、帰省するときに会ってもらいたい。

今日の鳥見は、午前中には過去、ヤマショウビンが出た町内の場所をまわるも収穫なし。

昼食後は、ダム~洲藻を2往復した。
その2回目の周回の時だった。

僅かに薄日が差す林道の端に鳥影が、今季初物のミゾゴイ!

固まった彼(彼女)、同じスタイルのショットの枚数が増えた。

ミゾゴイの画像は全てノートリ、レタッチとリサイズのみ。

大阪の河童ちゃんが送ってくれたヤマショウビン
1河童

久田のお船江橋の歩道を占拠するノンベェ河童
2一杯 (640x506)

ミゾゴイ
3P1411620 (640x480)

4P1411694 (640x480)

5P1411730 (640x480)

7P1411777 (640x474)

明日以降、河童の願いが通じてくれればよいが(*^_^*)

雨がほしい

GWに長男が2泊3日で帰省した。
なんでも4日にミニ同窓会があるとかで3日の2便の飛行機に乗ってきた。

その日は田の浜にタカサゴモズの情報をもらっていた。
タカサゴモズは2006年5月6日、上県町で撮って以来の稀な迷鳥!
もちろん、息子には鳥見の趣味はないが、二人分の鳥弁を用意してもらった。

飛行機は30分遅れで到着した。
息子には「鰐浦のヒトツバトゴを見に行こう、行ったことないやろ?」
「上島を観光案内してやる」とダメ押し!
有無を言わせぬ勢いで言う^^;
高校を卒業して専門学校へ行き、福岡で就職しているので対馬を知らない。

道中、稀な迷鳥の話をして田の浜へ。
タカサゴモズは待っていてくれた。

その後、鰐浦~三宇田浜~比田勝~東海岸~帰宅した。

2日目は豆酘にコマミジロタヒバリとヒメコウテンシ情報!
「豆酘崎に行ったことないやろ?、行こう!」
内山~豆酘~浅藻~内院~豆酘~椎根~自宅と下島一周のドライブとなった。

3日目は対馬を離れるので近場のベイパークや島山など周った。

鳥を見ているときは、話しは出来ないが、なにせ道中が長い。
子ども時代でさえ、長い時間を二人で過ごしたことはないのに、
大人になってから、しかも40代後半の息子と3日間も話をした。
息子も積極的にいろんな話をしてくれた。

観光案内を餌に?島内を周った3日間、
息子もそれなりに楽しんでいたようだった。

今日もダム~洲藻~加志方面へ

ダムでは遠くにシロハラ、ネタくらいにはなるかな?と数コマを撮る。
帰宅してパソコンに落としてみると、ナント、多分、マミチャジナイ(@_@;)
激トリだが、初見のマミチャジナイだ\(^o^)/

昼食後は内山峠へ
サシバが2羽、渡っていった。

シロハラと思い、雑な撮影
1P1411336 (640x479)
パソコン上で見て(@_@;)
2P1411338 (640x471)
全て激トリの画像ばかり
3P1411353 (640x473)

トラツグミも遠かった
4P1411417 (640x474)

内山盆地
5P1411450 (640x471)

我が家の庭のサクランボ 結構おいしい
6IMG_0002 (640x468)

それにしても、一雨もふた雨も欲しい

閑古鳥

ビッグネームが続いたGWの前半だったが、ここ数日は普通種の野鳥たちの姿も見えない。

好天気が続いたので島で体力をつけた彼らは、それぞれの繁殖地目指して飛び立ったのだろう。

ヤマショウビン
地元のバーダーもだが、特に島外から多くの方がヤマショウビン目当てに
来島しているといっても過言ではないだろう。

そのヤマショウビン、ボクが見たのは2016年5月14日の佐護が最後・・・

一昨年は、ほんの僅かの時間差で見逃した。
ま、その時はイワミセキレイを見つけたで大満足だったことを覚えている。

ヤマショウビンを
初めて見たのは2005年5月、加志だった。

それから毎年のように見ていたので、ヤマショウビンは5月になれば見ることが出来る!
と思っていたが、ここ数年は見ることが厳しくなった。

今日は令和になって初の誕生日、ということで?
ヤマショウビンが登場してくれることを願い、過去に撮ったものをUPしてみよう^^;

1枚目は2005年5月3日 初めて見たヤマショウビン

2枚目は2006年5月4日

3枚目は2011年4月15日

4枚目は2011年5月6日
このヤマショウビンは、鳥友の正ちゃんが洲藻川沿いを
「オ~~レ、オレ、お~~れ、おれ」とサッカーの応援歌を歌いながら見つけた!
今や伝説のヤマショウビンで、ボクの誕生日の前祝となった\(^o^)/

最後は2016年5月14日、ボクはこの日を最後にヤマショウビンを見ていない

一昨年まで幾度となくヤマショウビンを見てきた。
「対馬では5月3日にはヤマショウビンを見ることが出来る」
とも言われたが、今では幻の伝説となってしまった感がある。

明日以降、会えることを願って今夜は誕生日の祝杯をあげよう!

1-1.jpg
1-2.jpg
1-3.jpg
1-4.jpg
1-5.jpg


今日も凄い!

今朝、コマミジロタヒバリ情報が入った。
2006年内院での出会いから13年、今季は13年ぶりが続く・・・

現地に到着すると多くの方々が連射していた。

尋ねると情報のコマミジロタヒバリの他に、ヒメコウテンシやツメナガセキレイがいるとのことだ。

13年ぶりのコマミジロタヒバリから撮影を開始。

続いてツメナガセキレイを撮る。

ヒメコウテンシを見つけるのに苦労する。

見つけたヒメコウテンシを追い続けていると、素敵なパフォーマンスを披露してくれた。

今日も彼らを発見された方々や、情報を発信してくれた方に感謝・感謝!

コマミジロタヒバリ
1P1400745 (640x476)
2P1400792 (640x495)

ヒメコウテンシのパフォーマンス
3P1411215 (640x471)

羽も広げてくれた
4P1411165 (640x479)

スマシ顔?
5P1411131 (640x479)

マミジロツメナガセキレイ
6P1400855 (640x479)
7P1400924 (640x471)

キタツメナガセキレイ
9P1400904 (640x479)
8P1400919 (640x473)

ヤマショウビンはいつ渡ってくるのだろう・・・

またも13年ぶりの出会い

タカサゴモズが田の浜にやってきた!という情報をいただいた。

生憎、今日はいろいろと所用が入っていた。

その所用は、心を急かせながら済ませ、現地へと車を進ませた。

12時過ぎに到着すると二人の方がカメラを構えていたので、仲間に入れてもらう。

・・・が、三脚をセットしている間に飛ばれてしまった。

ファインダーを覗く前なので飛んだ先が分り、すぐに撮影に取り掛かった。

何ショットか撮っていると、先着の方が「どこ?どこ?」とパニック状態^^;

枝と枝の隙間から見える角度はボクの場所が最高!

撮りたい気持ちは誰でも同じ・・・・
止まっている枝を教えている間にまたしても飛んでしまった^^;

飛んだ先が遠かったので昼食タイム(^.^)・・・

暫く待っても姿なし、諦めて帰路に。

なんと最初に見た場所からは遠いススキの穂先に止まっていた。

今日も情報をいただいた方々に感謝して祝杯!

ボク的には、タカサゴモズは2006年5月6日以来の撮影で、
その時の2ショットが撮影記録に残っている。


枝の隙間に見えたタカサゴモズ
1P1400481 (640x458)

綺麗な個体だった
2P1400492 (640x469)

飛ばれて見失った後、帰路につく車中から
3P1400726 (640x480)

ボクには珍しく飛びもの(偶然だったけど・・・)
4P1400727 (640x480)

今日も素敵な出会い

朝から加志~洲藻~ダムと周回した。

加志では幅を利かせているのは相変わらずのコホオアカ
キマユホオジロ、ノジコは少数派でコホオアカよりも多いのがカワラヒワだった。
ノビタキが1羽とセイタカシギが1羽、先日からいるセイタカシギかどうかは分らない。

待ち焦がれているシマノジコとシマアオジは姿を確認できなかった。

その後周った洲藻もダムも寂しい

いったん帰宅して朝食後、パトロール?を開始した時に香川のFさんから
キガシラセキレイ情報が入り40分かけて現地へ到着。

道路上には既に撮影を終えた方々、ボクと同じように到着したばかりの方々がいた。

そして主役の周辺には多くのカメラマンが撮影の真っ最中だった。

主演男優はモデル慣れしていた。
彼はカメラを恐れることもなく、自由自在に動き回っている。

ボクもカメラをセットして仲間に入れてもらい、綺麗なキガシラセキレイと遊んだ。

今日も発見された方、情報をいただいた方々に感謝・感謝!

ノジコ
1P1399998 (640x469)

朝日のノビタキ
2P1400122 (640x473)

県道横の湿地に居たセイタカシギ
3P1400161 (640x470)

綺麗なキガシラセキレイだった
4P1400204 (640x459)

最短で7mくらいまで寄ってきた
5P1400192 (640x472)

子育て中のシジュウガラ
6P1400463 (640x479)
ボクが離れるまで巣には戻る気配がないので、早々に撤収した

令和は縁起が良い!

ヒメカッコウ

今まで聞いたこともない鳥の名前(@_@;)

昨夜、情報をもらった時は何度も聞き直し、やっとヒメカッコウと聞きとれた^^;

早速、相方が図鑑で調べたが「名前が無い」とノタマウ。

「そんなはずはない、よく探せ!」と、(本当はもっと優しく・・・)

確かに2014年発行「日本の野鳥650」(平凡社)には掲載なし。

ならばと「鳥くんの比べて識別 野鳥図鑑670」を引っ張り出した。

「あった!20ページ!!」

時計を4時30分にセットして(-_-)zzz (-_-)zzz

現地までは約40分強、到着は5時50分頃だった。

聞くところでは「国内3例目とか!」

石川県、トカラ列島そして我が対馬!

その仲間に入れたことが嬉しい。

生憎のどん曇りで彼までの距離が遠かったが、なんとか国内3例目を撮ることが出来た\(^o^)/

この極稀な迷鳥を発見した方、そして情報を発信してくれた方々に感謝・感謝m(__)m

ヒメカッコウを撮った後、豆酘崎に向かう。

ムシクイ類が飛び交っていた。

ボクには難しくて同定できないので「ムシクイ」とだけ・・・ ^^;


1P1399304 (640x479)


2P1399314 (640x479)


3P1399429 (640x479)


4P1399536 (640x479)


5P1399686 (640x473)


6P1399770 (640x471)
プロフィール

テマドハルベ

Author:テマドハルベ
団塊世代のおじさん。
花鳥風月、なんでもありのブログです。

ようこそおいでなさいました
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR