FC2ブログ

古稀祝いⅡ

福岡に住む3人の子どもたちが「古稀祝い」を計画してくれた。
相方と二人、久しぶりの一泊旅行となる。
会場は博多駅東にある八仙閣の2Fの蓮双庭に孫たちと総勢10人が集まった。
1P1290026 (480x640)

まず、着席した後、皆からの記念品を貰う。
開けてみると小物入れのショルダーバッグだった。

ビールとジュース、ウーロン茶で乾杯の後、コース料理が運ばれてきた。
小さな皿に9種類の料理が盛り付けてある
2P1290040 (640x474)
カニの身が入ったフカヒレスープ
3P1290047 (640x480)
エビチリソースとパン
4P1290051 (640x480)
食べ終わった頃を見計らって次の料理が運ばれてくる
5P1290054 (640x491)

6P1290057 (640x479)

7P1290058 (640x480)

8P1290060 (640x480)

9P1290062 (640x480)

10P1290063 (640x473)

生ビールの後は温かい紹興酒
11P1290050 (640x463)

デザート
12P1290066 (640x480)

久しぶりに全員が揃い、お喋りし、笑いそして食べて飲みと・・・
楽しいひと時を過ごすことが出来た。
スポンサーサイト



釜山旅行

高校時代の友人7人で構成する「異業種交流会」、現役時代から年に4回ほど集まり情報交換と
称して酒飲みをしている。
その会に2年前から、同窓生ではないがもう一人加わり相変わらず飲み、喋り、
カラオケで音痴を披露したりと準後期高齢者の懇親を深めている。

昨年の忘年会の折、新年会を韓国のプサンでやろうと衆議一決!
先週の金曜日から2泊3日で旅行してきた。

比田勝港からJR九州のビートル号で70分で釜山港に着く。
1 20日出発 (640x470)
生憎この日は爆弾低気圧の接近で日本中が荒れ模様、
海上は波高4mと大しけ、条件付き運航だったが比田勝港にはビートルが着岸していた。

高速船の座席の目線より上に白波が見え、2度ほど強い衝撃を船体に受けたが
予定時間に釜山港に入港した
入港審査を済ませホテルがある釜山駅まで15分の距離を歩く
2 ホテルまで歩く (640x474)
2泊するホテルは釜山駅の横にある東横イン釜山駅Ⅰ
6 釜山駅 (640x473)

チェックインは午後4時から、まだ1時間以上あるのでロビーに荷物を預け駅周辺を探索した。
中華街、世界中どこでもチャイナパワー
P1200007 (640x472)

釜山初日の夕食は韓定食、南浦洞にある迎賓館を予約していた。
写真は無し
二次会は日本人が経営する居酒屋「くノ一」へ
ただし、飲むのは韓国の焼酎だが
P1200013 (640x480)
ここで二人がホテルへ帰り6人とボクの友人の韓国人とノレバン(カラオケBOX)へ
ここも一時間ほどできりあげホテルへ帰った。

2日目は、10人乗りのレンタカーを運転手付きで貸切
ホテル~朝鮮通信使歴史館~梵魚寺~荒嶺山~お土産買いなど普通の観光をする。
荒嶺山で見たカササギ
P1210079 (640x466)
梵魚寺
観光案内のパンフレットなどで紹介されている場所
19 梵魚寺 (640x480)

夕食は定番の焼き肉、美味しゅうござった

最終日はチャガルチ市場、国際市場、ロッテデパートなどを見るだけ観光!
朝から賑わうチャガルチ市場
37 22日チャガルチ市場 (640x453)

なんだかんだとハプニングもあった2泊3日の珍道中は無事に終わり帰国した。
メデタシ!メデタシ!

昨日の画像から

年が明け日が長くなってきた。
年末から正月にかけて暴飲暴食?の影響がでたのか、ズボンのフックが
掛けにくくなっている。
ベルトの穴が二つもずれている・・・こりゃ、おおごつバイ。
てなことで、昨日はコンデジを首から下げダムまで歩くことにした。

いつも往路に使う路線とは違う道を歩く。
これが正解!(だったかどうかは疑問が残るが)
防鹿ネットに止まっているノスリを発見したが、生憎の逆光線。

相手はボクに気づいているのに飛び立つ気配がない。
コンデジを首から外し「達磨さんが転んだ!」方式で少しずつ近寄った。

コンデジと言っても「光学50倍」、性能は良い。
手持ち連写で撮りながら一歩ずつ近寄る。

順光側から撮りたい衝動に駆られ殺気を立てないように移動したが
流石に飛ばれてしまった。
画像はすべてノートリです。
ノスリまで約10m、撮影距離が近いとコンデジでも解像度はまあまあ^^;
と、納得した。

1IMG_1954 (640x480)

3IMG_1972 (640x480)

4IMG_2001 (640x476)

5IMG_1994 (640x480)







古稀祝い

昨夜は所属するゴルフ会のメンバーが古稀を祝ってくれた。
対象者はボクともう一人。
ボク達を入れて18人が揃う。

一番年長者のMさんが、皆を代表してお祝いの挨拶。
その挨拶の中で「・・・エイジシュートを狙える年齢になったので・・・」

お礼の言葉でボク・・・「70は難しいので100歳で達成したい!」
ま、100歳まで生きれるわけがないし、また仮に生存していたとしても
ゴルフは出来ないであろう。
福岡に住む義兄は今年5月で82歳になるが、今でも週一のゴルフとテニスをしている。
しかも高速道路を運転して隣県のゴルフ場まで行く事もある。

ボクはテニスをしないが、身近に「良い手本」がいるので、義兄を見習い
義兄の年齢まではゴルフが出来るようになりたい。

お祝いの記念品は「ゴルフボール2ダース」
1P1150007 (640x477)
たくさんのゴッツォー
2P1150002 (640x512)
3P1150003 (640x485)
4P1150004 (640x504)
5P1150005 (640x498)
6P1150006 (640x479)
7P1150008 (640x472)
8P1150010 (640x512)
9P1150015 (640x507)
このほかにも「スキヤキ」があった

鳥見始め

正月3日目、午後から思い立って近場を廻ってみた。
まず、車で5分足らずの洲藻川の河口を覗く。
ここはオシドリを撮らしていただいて?いるポイント。
生憎、オシドリは外出中で常連のカルガモ一家とコガモ一家の姿だけ・・・
が、日陰になった山際に毛色の違う鳥がいた。
双眼鏡で見るとナポレオンハットのヨシガモ♂
遠いうえに日陰、ブレブレの画像ばかりでした。

ヨシガモを撮っている時に電話が鳴る。
「すみっこのマスター」から「カワビタキのポイント」を聞かれたが、移動後の場所を知らない。
鳥友の「正ちゃん」に電話して新しい場所を確認したのち、マスターに連絡した。
ポイントが分ればよいが・・・

川沿いを上流に向かい車を進めると畔にホオジロがいた。
イノシシ防止策があるが距離2m、固まって動かないホオジロを撮影。
さらに上流に向かうと、モズを発見したがすぐに飛ばれた。

その後、カワビタキが気になり車で走ること20分、ポイントに到着するとマスター夫婦が撮影中。
すぐに判ったとのこと・・・良かった!良かった!
暫く雑談をしながら一緒に撮影、奥様に美味しいコーヒーをいただく、感謝・感激!!
このカワビタキくん、とうとう年を越してくれた。

「すみっこ」さんたちと別れ、川沿いに河口へと向かう。
カルガモの群れに交じりオナガガモがいた。
普通は「あ~ぁ、カルガモばっかし」と通り過ぎるところだが双眼鏡でじっくり見廻した!
後は年末からいるカワアイサ♀が2羽いた。

鳥見始めの今日撮影した鳥たちは
ヨシガモ~ホオジロ~モズ~カワビタキ~オナガガモ~カワアイサ

ボケ画像の中から選んだヨシガモ
1IMG_1738 (640x479)
車の助手席側から撮ったホオジロ 近かったが鉄柵被りの1枚
2IMG_5756 (640x427)
モズ
2IMG_5758 (640x427)
カワビタキ1
4IMG_5866 (640x428)
カワビタキ2 
5IMG_5871 (488x640)
オナガガモ
6IMG_1863 (640x486)
カワアイサ
7IMG_5799 (640x427)

明日はカツオドリを目指して豆酘埼まで1時間のドライブ
他の鳥たちにも会えるといいな。
 


明けましておめでとうございます

新春来福

思いがけない
素敵な事がある
充実した年で
ありますように

初日の出を見に行ったが、生憎、陽が昇る方角には厚い雲が立ち込めていた。
帰省している息子夫婦と6歳になったばかりの孫(娘)、そして相方と一緒だ。
孫は人生初体験、雲の上から顔を出した「初日の出」に手を合わせていた。

さて、今年も不定期?に「対馬さいじ記」を更新しよう!・・・と思う
皆さま、本年もよろしくお願いします。


雲の隙間から少しだけ顔を出したが・・・
1-1IMG_1620 (640x448)
また雲の中に、飛んでいるのはウミネコ
1IMG_1640 (640x480)
雲の上に出てきた
1IMG_1661 (640x480)
初日の出、やはり神々しいと思う
3IMG_1684 (640x480)


因みに、雲がない時の「日の出」の写真(下見に行った大晦日、昨日の朝)
IMG_1497 (640x472)



プロフィール

テマドハルベ

Author:テマドハルベ
団塊世代、もうすぐ後期高齢者。
花鳥風月、なんでもありのブログです。

ようこそおいでなさいました
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR