FC2ブログ

近所に秋を探す

カメラをぶら提げて、隣近所をブラ~ッと歩きながら秋を探した

80代のご夫婦の家の柿の木が食べ頃だが、どうやら収穫する気はなさそう
初夏には、この家の梅の実を収穫させてもらい作った梅干しが我が家の食卓に上がっている

(クリックで等倍画像になります)

収穫されないままの柿の実  背景はピラカンサの赤い実
柿 (800x533)

このピラカンサの実は、やがて小鳥たちの貴重な餌となる
ピラカンサ (800x533)

赤瓦の小屋の横には季節外れのオシロイバナが咲いている
オシロイバナ (800x533)

ヨメナも咲いていた
ヨメナ1 (800x528)

我が家の裏の隣の畑にはネコジャラシ
ネコジャラシ2 (800x533)

隣家の庭にはバラ一輪
バラ (800x533)

小さなクモもツタの紅葉を楽しんでいた
ツタ (800x533)
スポンサーサイト



ツメレンゲ

対馬の西海岸の岩場に見られるツメレンゲ
東沿岸にもあるのだろうが、今まで東側で見たことがない

このツメレンゲを撮影した場所は足場が悪く近づくことが出来なかったので
望遠レンズでの撮影となった
いつか足場の良い場所でじっくり撮りたい植物の一つだ

(写真はいずれもクリックで等倍画像が見れます)
IMG_1(800x592).jpg

IMG_2 (800x554)

IMG_3(800x565).jpg

サツマイモ

コウコイモ

対馬では、サツマイモ(薩摩芋)のことを「コウコイモ」又は「コウコモ」という。
漢字を当てると「孝行芋」と書く。
なんとまあジズラの素晴らしいことか!

穀物類が不作の年、このサツマイモが食糧難を救ってくれたから「孝行芋」、
それが訛って「コウコウイモ」又は「コウコモ」となったという。
享保17年の大飢饉の時、対馬は「孝行芋」のお蔭で救われたそうです。

種イモを対馬に持ってきた原田三郎右衛門先生に感謝・感謝である。
ちなみに韓国ではこのイモを「コグマ」と言うそうです。
対馬から当時の「朝鮮国」に種イモが渡り、「コウコイモ」転じて「コグマ」 (@_@;)

コウコイモを収穫している老夫婦(クリックで等倍写真)
コウコモ (800x584)

タヒバリ

先日のタヒバリ
いきなり車の横に飛び出してきた
距離は5mくらいだった
突然の出会い?に固まって動かなくなった
助手席に置いていたカメラを撮り、バッシャ・・・

固まっていても常に上空を警戒する
暫くして飛び去って行った

画像をクリックすると等倍画像になります
IMG_1 (800x534)

画像をクリックすると等倍画像になります
IMG_2 (800x534)

画像をクリックすると等倍画像になります
IMG_3 (800x534)

種の増殖

シロバナセンダングサ

冬から春にかけて山野を歩くと種子が(実は果実だそうだ)衣服にくっつく
嫌われものの植物の一つだが、よく見ると花は小さくて可愛い。

動物は移動しながら種の増殖や保存ができるが、植物は移動できない。
だから種子たちは、風に乗って移動したり動物の体にくっついて移動し、テリトリーを
広げたり、種の保存を図る?そうだ。

IMG_1 (800x504)



IMG_4(800x533).jpg

チョウ久しぶりのブログ

3年4ケ月ぶりにブログの管理画面を開いてみた。
えっ!画像はどうやって入れればいいちゃろうか?
完全に忘れてしまっている^^;

先日のオシドリを・・・
oshidori♂001 (640x458)

タヒバリ
IMG_1678 (800x534)
プロフィール

テマドハルベ

Author:テマドハルベ
団塊世代、もうすぐ後期高齢者。
花鳥風月、なんでもありのブログです。

ようこそおいでなさいました
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR