FC2ブログ

メロン栽培に初挑戦!

昨年の夏、北海道から送られてきたメロン。
美味しかったので、食べた後の種を冷蔵庫に保管していた。
F1だけど、この種を蒔いてどのように育つか?
果たして食べられるメロンが出来るのか?

同じ例がないか、
ネットで調べていると「気軽にチャレンジ!ベランダdeメロン」を発見!
6粒入り、送料込みで540円!が届いた。

種一粒90円のメロンか、昨年食べた只の種と
2種類のメロン栽培に初挑戦!

今日は一日中雨だったので明日、種を蒔いてみよう。
さてさて、どうなることやら・・・・
「ベランダdeメロン」
1P4170004 (446x640)
袋の中には6粒の種と栽培レシピが入っていた
2P4170008 (640x506)
昨年食べた北海道メロンの種 発芽率が心配
3P4170007 (640x484)

種まきから収穫まで頑張ってみよう(*^_^*)
スポンサーサイト



ブロッコリーの収穫

夏野菜の収穫が始まった(*^_^*)
と、言っても今朝ブロッコリーを収穫しただけだが。
毎朝起きると裏の菜園を覗き、ピンセットでアオムシの駆除がボクの一日の始まり。
その甲斐あって今朝の収穫、正直に嬉しい・・・

トマト・ナス・キュウリ・ピーマン・オクラ・レタス・サンチュ・・・人参に大根はまだまだ^^;
大根はこの時期初めての栽培だが、間引き菜は途中で美味しくいただいた。

4月21日時点のブロッコリー
1IMG_6303 (640x438)

こぶし大のブロッコリーが3個、1個は収穫時期が遅かったようだ
2IMG_7992 (640x492)

相方がマクロレンズで撮影、背景はナデシコの花、朝露に写りこんでいる
3IMG_3947 (640x459)

違う角度で撮影、これも相方の写真
4IMG_3944 (640x458)

4枚目と同じような写真だが、微妙に朝露が変化している(相方撮影)
5IMG_3948 (640x448)

今朝、ボクは菜園の収穫、相方はマクロレンズの撮影とそれぞれの楽しみを味わった(✿◡‿◡)

五本百姓

五本百姓

毎年恒例の夏野菜「五本百姓」の植え付けを済ませた。
「五人百姓」という居酒屋のチェーン店がある。
ボクの家庭菜園の基本が野菜苗を5本ずつ購入しての植え付けなので
名付けて「五本百姓」、我ながら良いネーミングだと自負している。

購入した苗は左からナス、ピーマン、トマト(手前2本がミニ、後は桃太郎)、
キュウリの4種類でオクラ苗は次回の入荷待ち
2IMG_6308 (640x464)
苦土石灰を撒き、ミニ耕耘機で耕した夜から昨日にかけて良い雨が降った(この作業は弟・・・いつもありがとう)
この狭い畑に効率よく植え付けていくので頭の中で配置を考える
1IMG_6302 (640x470)
配置の設計が出来たら早速、畝立て・・・立ちくらみで小休止をとりながら一応完成
3IMG_6309 (640x477)
キュウリ苗5本とネット
4IMG_6310 (640x367)
ナスビとピーマンをそれぞれ5本ずつ
5IMG_6311 (640x487)
右側2本がミニトマト、手前の3本は桃太郎 左奥には相方が種を蒔いていた時無し大根が発芽している
6IMG_6312 (640x427)
以前植えていたブロッコリー5本に、天敵のアオムシがつき始めたので毎朝、退治するのが日課!
7IMG_6303 (640x438)
空いている場所には、弟が芽やしているサニーレタスやレタス類を移植する予定だ。
ネット張りとトマトの支柱建ては弟(こちらも、ありがとう!)
これで、今年も無農薬で美味しい夏野菜が食べられる!

タケハチキジュウ

なんだかんだと忙しさにかまけて、(単なるサボリグセ!)

家庭菜園は相方マカセでほったらかしにしていた

相方は野菜作りに欲が(?)出たのか、太陽の遊び場に敷いていた砂利を少しずつ片付けて

果樹を植え、土を耕して野菜の苗を植えている



その増設した場所に、相方が植えたブロッコリーの苗が大きくなり支柱が必要になってきた

また、すぐ横に種を蒔いていたエンドウ豆のツルも伸びてきている

しかし支柱にする竹がない

やはりここは男手の出番と、近くの竹林で支柱になりそうな竹を切ってきた

                タケハチキジュウ

                  という造園用語?がある


                漢字は「竹八木十」と書く

人の名前にもありそうだが人名ではない、今回は「造園用語」なのだ

用材として使う竹や木を伐採する時期をいうそうだ

竹八は旧暦の8月になったら竹を伐ってもよい(虫が入らない・腐れにくい)

目安は「厳原まつり」が旧の8月15日だから、その日を過ぎればよいという

木十は、やはり旧暦の10月になれば、杉や檜など伐って乾燥させればよいそうだ

その竹八木十を承知しているのに、トマトやナスの苗を購入した後に、支柱になる竹を伐る

・・・だから、次の年には殆どの竹が使えないという悪循環を繰り返していた

今回でその悪循環を断ち切り、環境に優しい配慮をしながら家庭菜園に励もう!


お世話になった竹林
1竹山 (640x480)


長い竹は来春のトマト用の支柱  枯れた竹はエンドウの支柱用
2竹杭 (640x457)


五本百姓なのに何故か6本の苗が植えてあった (^_-)-☆
3ブロ1 (479x640)


支柱を立て補強した  後はヒヨドリ対策! 太陽の「運動場」の名残りの砂利がまだある
4ブロ2 (640x466)


本菜園の野菜たち  雑草も野菜に負けず元気だ
5畑の野菜 (640x479)


大根も食べられる太さになった 左は「青森ニンニク」 こちらの収穫は来年の梅雨前ぐらいか・・・
6ニンニク (640x480)



秋野菜のその後

9月4日に苦土石灰を撒いた後、ミニ耕耘機で耕していたわが菜園
13日に今度は総合肥料No5(勝手に私がそう呼んでいる)を撒いて再び耕耘機で耕す
土木工事で使う「カキイタ」で畝をたてるのだが(何故か「タテル」という)この作業が
私にとって一番つらい
腰に持病を抱えているため腰をかがめて土を寄せる、この単純な動作が腰にこたえるのだ
この秋に植え付けや種まきをする野菜類、ニンニク、ダイコン、シュンギク、コマツナ、
そしてワケギ、5種類の野菜の畝幅を考えながら畝をたてた
この日のうちにニンニク以外の野菜類は種まきまで終了

耕運機で耕した後の菜園
菜園1 (640x480)

ホームセンターではなくノーキョーで購入した肥料 3種混合?の優れものです
菜園2 (640x480)

わが愛車、小さな耕運機だが10年以上使っていても故障知らずのコレマタ優れもの
菜園3 (640x480)

畝をたてた後にワケギを植え、ダイコン、コマツナ、シュンギクの種を撒く
菜園4 (640x480)

発芽したダイコンとコマツナ
ワケギの横の畝に見えるのは相方が移植したミニレタス この場所は2回目のダイコン用の場所の予定だった
・・・・相方がいつの間にか移植していた、ま イイカ!!
菜園5 (640x480)

菜園の隅にポツンと見える木は友人からいただいた「ヒトツバタゴ」の盆栽
植木鉢の中で元気がなくなったので地植えしてやったら元気を取り戻した
葉が落ちて冬眠期になったらまた鉢に戻す予定

後はニンニクの植え付けと時期をずらしてのダイコンの種まきをする
これで今季も美味しいカジメの味噌汁にありつける \(^o^)/
プロフィール

テマドハルベ

Author:テマドハルベ
団塊世代、もうすぐ後期高齢者。
花鳥風月、なんでもありのブログです。

ようこそおいでなさいました
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR