FC2ブログ

鰐浦の小屋群

「対州名物 トンビにカラス またの名物 石の屋根」と唄われた石屋根が年々消えていっている

かって対馬の村々の川縁や海沿いの一画に軒を連ねた石屋根小屋群の多くが時代の流れと共に瓦葺に姿を変え、
また、小屋全体が解き壊され姿を消している

屋根の材料には強い季節風に備える対馬独特の石屋根葺きとしたものが多かったが、
時代の流れと共に瓦葺に姿を変えている

屋根の材料以外の特徴として、火災に備え火気を使う住居から離し、川縁や海沿いに立っている

小屋の中は小さな小屋では、穀類等の食料品と衣類寝具類、什器類の二室としたもの、
大きい小屋では、穀類、衣類寝具類そして什器類とそれぞれ別室に三室としたものに分かれる

建築材料には良材を選び、柱には椎、中には欅等の良材を使ったものもある
また、屋内の湿気を防ぐため高床作り(1m弱)で、床板や壁板にも良材を用い、目板張り
になっている


山裾にへばりつく様に建っている
1鰐浦倉庫 (640x480)


改修した時、壁板の代わりにブリキが使われているものもある
2鰐浦倉庫 (640x480)


こちらも改修した時に、建築用のブロックを基礎に使用している
3鰐浦倉庫 (640x480)


小屋を挟んで細い道路がある
4鰐浦倉庫 (640x480)


犬や猫が床下に入らないよう基礎周りに網が廻してあった
5鰐浦倉庫 (480x640)

    鰐浦の小屋群の中に石屋根を見つけることが出来なかった

スポンサーサイト



プロフィール

テマドハルベ

Author:テマドハルベ
団塊世代のおじさん。
花鳥風月、なんでもありのブログです。

ようこそおいでなさいました
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR